すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年09月22日

コロナへの視点…3つのコラムから考えさせられること。

dna.png

ん〜〜〜
コロナ感染に関してはi医学的見地だけでなく政治のあり方も考えさせられる部分も多く…
「どの様なことを取り上げれば良いのか?」と悩みます。。。

この様なことから、今回の記事は少し長くなりますが…
「非常に適切な考え方をしているな!」と思われるコラムを3つ取り上げてみます。
そのコラムの内容から、コロナ感染の新しい姿が浮かび上がれば!と願いながら。

「養老孟司先生は、緊急事態下でも勤務せざるを得ない医療とは違って、自ら選んだ解剖学という学問にどういう意味があるのか、悩む日々が続いたことを思いだします。やがて、不要不急という状況こそが本来の、普通の状態なのだとの認識に至り、それをヒトとウィルスの関係で説明します。ヒトゲノムの4割はウィルス由来であり、それは、数十億年にわたる生物とウィルスの接触の歴史から生み出されてきたものですが、ゲノムの98%の機能はまだ不明です。つまり、遺伝子の大半は不要不急であって、それこそが普通の状態なのだ、そもそも人生とは本来不要不急ではないか、と養老さんは問いかけるのです。」と。

別の言葉で言うと…「不要不急=必然」…だよなぁ。
これはウイルス感染も遺伝子交換という必然性に乗っかっているということだよね。

と言うことは…
「ウイルスを敵視する考え」からは何も生まれてこないのでは?

ウイルス感染が必要ならば、ワクチン接種後であろうとも感染するんだけどなぁ。
実際に…多くのワクチン接種者が容易に感染している現実を見つめ直すことだね。

人間が生まれた来た自然を相手に闘っている今の人間の姿は、どうなのかな。
「なぜ、共存していく方法を模索しないのか?」だよな。
そんなことを思うんだよね。うん(^_^)

コラム2:ミューやラムダ凌ぐデルタの威力、人々には朗報?」より

 ● ベッドフォード氏によると、デルタ株はこのまま行けば発生から1年程度で普遍的なウイルス株として「定着」するとみられる。これは異例の速さで、季節性インフルエンザの場合、定着には通常2年から5年を要するという。(中略)
 ● デルタ株は感染力が最大になるように進化したもので、 世界で一段とワクチンが普及すれば、急速な感染拡大能力は いずれ限界に達するとの見方もある。(中略)
● ジェレミー・カミル氏は「このウイルスは感染力という点で 既にランボルギーニに乗っているようなもので、これ以上速くなるとは思えない」と語った。

 コロナは土着化するんだろうね。。。デルタ株って凄いよね。
その波をくぐるには…「如何に症状を出さずに感染するか?」にかかっている様な。
肥満の人に重症化する例が多いとも言われているんだけど…脂肪肝的な身体と関連がありそうな。
人間は動いてなんぼの生き物だから…自宅に籠もっていても良いことはないんだけど、ねぇ。
不要不急の外出自粛で…多くの人が新しい病気になり苦しんでいる姿をみます…。
病気はコロナ感染だけでは無いんだけどね。。。(-_-;)ホント


● 一方で3回目以降の「ブースター接種」についてですが、とくに慎重に進めていくべきであると考える研究者は、私を含め、少なくありません。これを、5回とか6回とか7回、人体に接種することにはリスクが伴う可能性があることを、ワクチン開発者は認識すべきでしょう。またこのことが、われわれが今回、「口内噴霧型」、非mRNA予防薬開発に着手したそもそもの端緒でもあります。(中略)
● 新型コロナウイルスの致死率が高いのであれば、さまざまなステップを「省略」することも許されるのかもしれませんが、COVID-19の致死率は、SARSやMERSと比べると格段に低く、治療プロトコールが進歩したことにより致死率はさらに低下してきています。我が国では高齢者の接種や基礎疾患を持つ人への接種はほぼ完了しています。

 ワクチン接種はウイルス感染に対して有効な手段のひとつなのは間違いないよね。
でも…上のコラムの様に頻回ワクチン接種では死亡率があがるとか…
実際にはワクチン接種をしていても感染はするし…
重症化率低下はワクチンだけでなくウイルスの弱毒化も加わっている様だし。
もし…ウイルス感染に必然性があるのならば…ワクチン接種への考え方も変えなくては、ね。
ブースター接種の後にコロナが変異したら…どうするんだろうなぁ。(^_-)ネッ

まとめ
1)基本的にウイルスは遺伝子交換の必然性を担っている存在と考える視点。
2)コロナは土着化するだろう…今のデルタ株を残す視点を許容する考え方。
3)ワクチン接種にも限界があることへの認識。

その場、その場のパフォーマンス的な対策では…コロナに対応することは無理だろう、ね。
「ロードマップ」を作り、コロナ対策をすることが重要に他ならないよね。
これに気付いて動く人が出てくれば、日本も救われるように感じるんだよなぁ。

PS1: 外国でもコロナ後遺症に困っているんだよね。
    朝にクリニックサイトのアクセスを見ると外国からが多いね。

access20210923.png

  コロナ後遺症の治療をしていて思うことは個人差で千差万別だよね。 
  治療の経緯も全て違うんだよね。それに対して適切に治療すれば治って行くよな。
  後遺症に対して怖がる必要は無いんだけど…患者さんも焦らないことだね。

PS2: この様な話題の最後は…「BonJovi Livin' on a Prayer」だよなぁ。
    素敵だよなぁ。なぁ。うん!(^-^)  

posted by 杉幹雄 at 17:28 | Comment(0) | ウイルス

2021年09月13日

コロナ…なんか弱毒化している様な?

are.png

なんかなぁ…?
帰宅時に車を運転している時に「あれ?」と。

「もしかして、コロナのデルタ株って弱毒化してるんじゃ?」
そんなことを感じたりして。。。(^_^)

一般的には「ワクチンの効果!」とか言われているんだけど…
なんかなぁ…おかしいんだよなぁ。。。

ん〜〜〜
感染者数と死者数を改めて見てみると下の表になるんだよなぁ。

 新規感染者数死者数致死率
2021年5月153,737人2,817人1.83%
2021年6月53,109人1,724人3.25%
2021年7月126,610人409人0.32%







6月の感染者数が53,109人で、致死率が3.25%
7月の感染者数が126,610人で、致死率が0.32%

不自然だよなぁ。
ワクチンに感染予防効果があるんなら不自然だよなぁ。

ワクチンが効果があるのならば…
感染者数と致死率が落ちていても良い様な感じを受けるんだけど。
感染者数が増えているのに致死率が減っているんだよなぁ。

仮に…ワクチンが重症化予防のみの効果としても
たった1ヶ月で「致死率1/10の変化」というのはなぁ。
ワクチンを1か月で10倍の人に接種した訳でもないしなぁ。

と…すれば、ワクチン効果とは言い難いのでは?

つまり…
「デルタ株は感染力は強い反面…毒性が低くなっている」のでは?

そう考えるのが自然だよなぁ。

と…言うことは。
「コロナの土着化も近い」のかもね。。。
(^_-)ネッ

PS: It's a small world. AKBかぁ〜(?_?)
   なんとなく記事と…あっている様な、あってない様な(笑)。

posted by 杉幹雄 at 22:16 | Comment(0) | ウイルス

2021年08月25日

季節の変わり目…だよなぁ。

blueimpluse.jpg

ブルーインパルスは格好良かったよね。
今回の飛行コースはクリニックの上を通ることから
14時にクリニック屋上から、写メを撮ってみました。

さて…コロナの状況ですが
東京のコロナ感染症、第X波はピークアウトを迎えた様です。
これから先、時間をおいて地方も次々にピークアウトだね。

あら?
今から緊急事態宣言地を加えるんですかぁ…(@@;)。
確かに…ピークアウトの頃が患者数が多いんだよなぁ。
一方、コロナ感染するリスクが減ってきているとも言えるなぁ。

nakano030825.png
(阪大、中野先生が昨日作成されたグラフ)

今が季節の変わり目なのでしょう。

コロナ感染症は3つの時期に波を作ります。
一つ目は…3月から4月
二つ目は…7月から8月
三つ目は…年末年始  になります。

これは季節変動に左右されている姿なのであって…
緊急事態宣言の効果は少ないと考えています。。。

人流抑制やワクチン以外の根本的な対策を練らないと、
今度のウイルスに関しては難しいかな。
例えば、イギリス方式は…凄いよなぁ。

取りあえず、コロナ感染X波はピークアウトらしい状況。
今度のY波は12月中旬からなのでしょう。。。

今はコロナでの精神的抑うつ感を感じている方も多く
制限や制裁を加えても…人のコントロールは難しいかな。
そんなことを感じます。

加えて、「子供の感染者が増えている」との報道もありますが
全体が増えているので、増えている様に見えるだけとのことです。
「年齢比の感染率は殆ど変わらない」との中野先生のご指摘があります。
もちろん自分も同様に思います。

ブルーインパルス…格好良かったなぁ〜。
(^^)// ハクシュ

posted by 杉幹雄 at 16:57 | Comment(0) | 医療

2021年08月18日

アルゼンチンかぁ〜w(゚o゚)w オオ-

argentina.jpg
アルゼンチンからもアクセスが…。。。アラ(・・?

と、驚く一方で…今日は休診ですので、
午前中は医師会にコロナ対応物資の配給を頂きに行ってきました。
手袋・マスク・フェイスシールド・防護服・アルコールなどです。
大切に使わせて頂きたいと思います。ありがとうございます。

esksoramachi.jpg
と、午後は夕方になってから…
散歩がてらソラマチのマックに家族と行ってきました。
夕食の調達ですよね。そんな訳で夕食も早く終わりました。

アルゼンチンと言えば…ねぇ。
エビータ」を思い出しちゃうなぁ〜(笑)
「エビータ」はミュージカルでアルゼンチン大統領夫人役が主役です。
四季の「エビータ」を3回程度観ました。。。
舞台・コンサート・映画などが好きな友達が多かったんだよねぇ。

世界に新しい考えが広がってくれることを願って…
ホームページも少しずつ強化しています。。。

PS: マドンナのDon't Cry Argentinaです。
  エビータの最後の曲だった様に覚えています。
  綺麗に歌っていますよね。うん(^_^)

posted by 杉幹雄 at 20:55 | Comment(0) | 日記

2021年08月13日

元気が大切だよね。

tokyolove.jpg
東京ラブストーリーより

コロナで人流を遮断することが適当なのか?分からないよね。
人間の本来あるべき姿は…人と人との交流だと思うんだよな。

そんな時に「東京ラブストーリー」をみたくなって…
リカとカンチはとても素敵に思えて、これが本来の人間じゃないかな?
そんなことを思ったなぁ〜。

ーーーー
リカ
そこがカンチの良いところだよ。
さとみちゃんの気持ちを考えてあげて。

カンチ
そんな立派なもんじゃないよ。
ただ、振られたってだけ。

リカ
恋愛はさ、参加することに意義があるんだから。
例え、駄目だったとしても、さ。

人が人を好きになった瞬間って。
ずーと、ずーと、残っていくものだよ。
それだけが勇気になる。
暗い夜道を照らす懐中電灯になるよ。

カンチ
そんな慰めるなよ。

リカ
頑張れ!
私も頑張る。

カンチ
あぁ。
ーーーーーー

結婚前にオルガンとピアノを15年位、習っていて
子供達に交じって発表会で「東京ラブストーリー」を弾いたことがありました。
緊張しちゃって、さぁ。ヘダルを踏む足は震えるし、もぅ〜(T.T)

コロナは行くとこまで行くでしょう。
一番大切なのは人を思う気持ちなのかも、ね。

もうワクチンだけでは、無理かも知れないね。
感染しても重症に至らない方法しかないかも?
なんか…考えてみようかな。

posted by 杉幹雄 at 21:04 | Comment(0) | 医療

2021年08月04日

対数曲線からみた感染者数の印象

koronakansen-kata-c.jpg

東京の6月からの感染者数を片対数グラフにしてみました。

7月中旬から下旬までは強い感染拡大があったのでしょう。
X波の波は…数種類の感染拡大の波が重なっている様なんですよね。
今は少し落ち着いて来ている様な。
自分個人の印象としては緊急事態宣言と相関性はないかな?

皆さん、数字だけに驚いているので…
その真実をお話することにします。。。

誰もが、感染者数に対して凄い神経質になっていますが…。
もし、今のコロナの感染者が複数人に感染させるとすると
これは毎日の棒グラフではなくて対数グラフで観察することが必要です。

分かるかな?
感染症も含めて自然の運動の殆どは指数対数的に変化しているんだよね。
だから数字だけみて驚いても仕方がないんだけど、(^_-)ネッ。

上の片対数グラフを見ると…
4000人の感染者が5000人になっても大して変化は無いかな。
だから…驚く必要は無い様な気もします。

fractal.jpg

何故、感染数が片対数曲線に乗るか?って?
1人が1人の人限定に感染するのならば対数グラフは要らない。
だけど…1人が複数の人に感染する力があるのならば…
対数グラフが必要になってくるんだよね。

阪大の中野先生のメーリングリストに入れて頂いているのですが
これは「感染者数は対数グラフで追った方がが良い」との
中野先生のご指摘の通りだと思います。

実際に自分で作った片対数曲線で感染者数を見ると驚くに値しないなぁ。

数字だけ見ていても分かり難いんだけど…
せめて報道機関には、この様な解析を行って欲しいと思います。

感染者数だけ取り上げた記事を作れば…読者は増えるんでしょうけど…
その意味合いを報道しないと。駄目なんじゃ無いかなぁ。
しっかりとした解析記事を載せる報道機関こそが、コロナ後も残るのではないかなぁ?

そんなことを個人的に感じています。

PS1:オリンピック
  オリンピックの選手を歓迎したいと思っていた人は多いよね。
  それが出来ず…コロナに翻弄されている姿が今の日本なんだろうか?
  スカイツリーもオリンピックモードなんだけどなぁ。

olympicskytree.jpg
綺麗なんだけどねぇ。。。

前回の東京オリンピックは高度成長期を起こす切っ掛けになり、
全ての人が少しでも前に進むことを夢見て仕事してた時代。
今度のオリンピックもそうなって欲しかった、(^_-)ネッ。

でも今は、このままで良いんだよね。それを受け入れることなのかも。
「Let it be」:そのままで生きて行く姿が重要と教えられる。
ビートルズではなく…他の歌手のリバイバル
John Lennonが原作だけど、良い歌は引き継がれていくんだよね。


PS2: クリニックサイトへのアクセス状況

access0804.jpg

この様な感じでアメリカ・ワシントンからも鋭いアクセスが。
世界中の医療関係者が…コロナに対しての治療を開発する気配があります。
次第にコロナの全貌がつかめるので…一般の方は高見の見物をしていて下さい。

kanjasan.jpg

自分は、正しいと考えた医療をこの世の中に残したいので…
アクセスとは関係なく自分の視点からの病気の姿を書いていきます。
研究者だったらなぁ…でも臨床を知らない研究者じゃ、なぁ。
そんな姿を見つめて下さっている患者さんに感謝です。

次回のブログ更新は、保険請求後ですので
PSを付け加えました。コロナに怯えないようにされて下さい。
posted by 杉幹雄 at 10:50 | Comment(0) | 医療

2021年07月19日

靴の選び方について

kutu.jpg

靴を選ぶのって…意外に面倒だよね。
健康に良い靴って「足の指が先端に当たらないことが大切」と教えられました。
加えて「足の指が靴の中で伸ばせることも大切」とのことでした。

自分の場合ですが…
それまでは25.5〜26p程度だったのが27.5が最適と指摘されました。
足の指を曲げての25.5pじゃ駄目なんだって、さぁ。
足の指が曲がっていることは…苛立つ原因になるそうな。

ん〜〜〜
そうかぁ…てな訳で…今回は靴の購入に付いての記事です。
自分は靴に無頓着で…別に人が靴で人を見るんだったら、それでも構わないなぁ。
でも…壊れたら買うとの繰り返しで、この前の靴は3年履きました。
そんな訳で、買えるときに買ってしまおう!と。(^_-)ネッ

冠婚葬祭用の革靴は誰でも持っているので…日常に履くスニーカー的な靴ですよね。
ちなみに、自分はNewBalanceの靴が軽くて履きやすくて好きですね。

966.jpg
この996は28pですが非常に履きやすい靴です。
履いていることを意識しない靴ですね。15,000円程度します。

クリニック内で履いている白い靴は27pですが少し大きめです。
26.5pでも良かった様な感じもします。
NewBalanceは一般的なサイズより少し大きめの靴が合うようです。

685.jpg
この685も28pです。茶色の合成皮革では良い感じかもね。
外出用ですよね。それでもスニーカー的なので良いかなぁ…。
この685でも歩きやすいです。996の半額程度です。

363.jpg
この363は27.5pです。少し昔のタイプの靴だからかソールが堅いです。
ちなみにこの色はBlackではなくネイビーブルーです…黒は堅すぎの様な?
最初は28pを頼んだのですが…大きいため返却。
27.5pを購入しました。5o小さい靴ですが良い感じになりました。
この363は固めのソールなので…慣れれば大丈夫かな?とか?
思っています。値段は今は在庫一掃になっており5500円程度です。

以上の靴は全て履いていても自分の足指が伸びる靴です。
昔は25.5〜26を購入していましたが…足の指が折れていました。
そんな折、足の指が伸びる靴が良いとのことですので…
27.5から28pのNewBalanceが日常の靴になっています。

女性には…
出来れば、出勤用と仕事用の二つ靴を持つと良いかも知れませんね。
足の指が折れているとストレスが貯まりやすい様なんですよね。
足の指が伸ばせるか?に注意していると良いのかも知れませんね。

靴は健康を増進してくれるようなものを選ぶべきですが
NewBalanceは高価なブランド品でもないので…
この程度ならば仕方がないのかも知れないかな?とか思っています。

スニーカーにしては高い!と思われるかも知れませんが
最初に紹介した99xシリーズを履くと納得出来るような気がします。

靴屋さんでは…ソールを個人個人に合わせた物を作るお店もあります。
これは手数料が加わり…原価の靴の相場の倍はしますよね。

足の指が伸びる靴だけでも良い様な感じがするので…
個人に合わせたソールまでは要らないようにも思いますね。
拘るのならば良いのでしょうけど…そこまで必要なのかな?(^_-)ネッ

でも…小さい靴は身体に良くないことは…
この記事をお読みになった方に覚えていて頂きたいと願っています。

PS: 歩く姿と言えば…StainAliveかな?

posted by 杉幹雄 at 23:03 | Comment(0) | 医療