すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年10月22日

「小柴胡湯」…使わないなぁ。

syousaiko.png

ん〜〜〜自分は滅多に使わない「小柴胡湯」です。
一般的には多用されている様ですが…自分が使っても合方するだけです。

例えば…小柴胡湯の腸を温める力が弱いとか
胃を冷やしたくないとかで合方にすることが多い様な感じです。

何故、小柴胡湯を使わないか?
この小柴胡湯を構成する薬草をみると、非常に強固な中和剤だからです。

小柴胡湯の構成は…
柴胡6.0;半夏5.0;生姜4.0;黄芩・人参・大棗各3.0;甘草2.0

小柴胡湯の場合も、この薬草構成から意味を探る以外ないんだよね。
三陰三陽でがっちり骨格が出来ている処方で長く使う処方ではない。
この小柴胡湯は肝臓と小腸のバランスを取っている処方以外の何物でもない。

長く使えば…間質性肺炎もありうる処方です。
漢方薬でも薬なので当然に副作用もあります。

小柴胡湯=肝臓病に良い→これは間違いです。
この処方は肝臓と腸のバランスを崩した時に、一時的にバランスを戻す処方です。

こんなことから…自分は滅多に単剤では使いません。
実際の図式した「小柴胡湯」の構造は以下の図になります。

syousaiko.png

非常に強い安定性を持っている漢方処方が小柴胡湯です。
これだけの安定性を保持している処方を使うのは…時間が限られています。
良い線で3ヶ月まで…。それ以後は出口がある処方を使うべきだよね。

一時期、小柴胡湯の保険治療の金額が億単位になりました。
漢方薬の使い方が違うんだよなぁ。

如何に熱を体外に逃がすか?を考えれば
小柴胡湯の長期投与はあり得ない。これ中和剤だもの。

副作用も強くなる。間質性肺炎も起こりうる状況を作り出す。
そんな処方が「小柴胡湯」という処方です。

ただ…この「小柴胡湯」を考え出した張仲景と言う医師の凄さを感じます。
使い方は…注意しないと、張仲景の傷寒論を読むことも大切かな。
風邪にかかってから…死ぬまでの病気の変化の激しさ。
身体がダイナミックに動いているという姿を実感して欲しいと感じます。

PS:今回は大学の友人が教えてくれた曲です。
  彼は亡くなってしまったけど…ギターの弾き方も教えてくれた。
  自分に取っては…大切な曲です。

posted by 杉幹雄 at 00:39 | Comment(0) | 漢方

2018年10月21日

「半夏厚朴湯」単体では…他の症状が悪化することが多い。

hangekouboku.png


この漢方処方:半夏厚朴湯
これってストレスから来る喉の痞えが主症なんだけど…
身体の診察なく病名や主訴投与で行っている医師が多い。

この漢方薬…危ない一面があるんだけど
分かるかな???

半夏厚朴湯の組成を見てみましょ…
半夏6.0;茯苓5.0;生姜4.0;厚朴3.0;蘇葉2.0

この薬草組成が分からなかったら使うべきではないとは思う。
気剤としての薬草は半夏(胃)と厚朴(喉)を使っていて…
基本的に胃が悪い人の漢方薬ですよね。

後の薬草を見てみましょう。
茯苓:水を体外に出すことを主眼としている薬草
生姜:胃や小腸当たりを温める薬草としての生姜の乾燥した薬草で水を外に出します。
蘇葉:紫蘇の葉で…気の流通を良くする薬草、主に胃と喉元の気の流れを良くする意味合い。

と、すれば…
この半夏厚朴湯の人の胃は胃弱です。
心窩部にポチャポチャとした胃内停水が認められるはずです。

この胃弱という観念がなければ…
喉元の痞えは取れる反面、胃熱が強くなり胃が悪くなります。

一人の患者さんには心療内科で出されている半夏厚朴湯を
飲まないように指示しました。

単に神経不安や喉のつかえだけで使うことで
半夏厚朴湯を使うのは危険です。
漢方医学では現代医学の病名投与は成り立ちません。

漢方専門と称して予約診療をしている医師の場合にも同じことが多いんですよね。
下痢の患者さん、胃熱があるのに「なぜ五苓散?」 胃熱が判定できないんだよね。

ワインを飲んでいて胃熱があり黄連剤が必要なのに…(´ヘ`;)ハァ

専門性で医師を選んで、「この先生なら治る!」というプラセボ効果が有効ならOK。
プラセボ効果でも症状が緩和すれば、その医師は立派だと思う。

でも…漢方薬が効かないで他県から受診する患者さんの気持ちもなぁ。
患者さん本人の全身を把握できない状況で投薬することの危険性。
内臓の充血と虚血の位置を把握できない危険性でも、ありなのかな???
それって正解?とか思うこともありますよね。/(-_-)ヽ コマッター

この様な医師が東洋医学会の専門医と認定されても同じことしている現状。
専門医試験は…漢方薬を使うことに対しては当たり前の常識。

学会に対しては…漢方を残そうとしている努力は理解出来きるかな。
ただ…これじゃ〜漢方医学の真意までは分からないだろうね。

そんな情けなさを感じる時も多くあります。
漢方の今の現状では「どうかな?」と感じることもあり

著名と言われている医師に受診していて治らないと
ほぼ無名(笑)の自分の診察を受けに来ると…感じるよなぁ。

著名な東洋医学会認定の漢方医も…このレベル???と
感じることも多いのが実情なのです。。。

困ったことです、よね。
漢方専門医でも…柴胡剤と黄連剤の違いを判別出来ない医師が多い。
柴胡剤と黄連剤を間違えば症状は悪化の一途です。

これじゃ〜なぁ。
漢方治療の実力の違いの判定は…筆記試験では無理だよね。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

posted by 杉幹雄 at 08:01 | Comment(0) | 漢方

2018年10月15日

漢方治療雑感

kanpozakkan.png
(LupinV世 PartVより)

「堅い話題をするのに堅い絵からでは、なぁ〜」
 そんな訳で? ルパン三世だったりして…(笑)

病気の診断の仕方って…
学校(医学部)で習うことがベースになっていて
後は経験値が上がっていくに従って…
自分なりの診断方法が出来ていく様な感じ、なのかな。

一方の漢方の診断の方法は…
基本的に学校で習わないから、その医師なりのやり方。
そんな感じになっていくのかなぁ〜。
そんな感じだよね。

現代医学の診断の仕方は検査があるから楽ですけど
漢方医学の診断には検査がない訳ですから…ここが漢方の難関です。

こんなことから…漢方治療に関しては
身体の診察から処方を選ぶことしかなくて…
身体と処方を結びつける部分が非常な難しい所です。
うん!(^-^)

漢方が出来上がったのは2000年前…
そんな頃に現代医学の病名はなかったのは当たり前です。
ですから…病名治療をしようとしても効かないのが漢方薬です。

こんな時に漢方処方を選ぶポイントは構成薬草に他なりません。
一つの処方の構成薬草を見ると「こんな感じの身体に効くんだろうなぁ」
そんな考えが出てきたら…漢方処方出来るのかな?とか感じます。


yakucyo.jpg

日本でも「薬徴」と言う薬草を説明した漢方薬の本があります。
吉益東洞という江戸時代の医師が(1785年初版)書き記しています。
徹底的に傷寒論・金匱要略の構成薬草を調べて作り上げた本です。
この本には古方派の吉益東洞の鋭い視点があります。

さて…実際の漢方治療を希望される方は、
漢方治療の経験がある患者さんが多い様です。
面白いことに漢方専門医の医師も患者さんとして来て下さいます。

まずは…患者さんが今まで飲んでいた漢方薬を聞きます。
そこで不思議なのは「柴胡剤を処方する医師がやけに多い」と感じることです。
これって「黄連剤なんじゃない?」なんてことが多い様に思います。

だって…
気が停滞している場所が右季肋部ではなく左季肋部にあるからなぁ。
気が停滞している場所に触ってみれば…殆どの患者さんは、その場所に熱を持っています。
ちなみに心窩部直上の場合は「地黄剤」が行くんでしょうねぇ。

前の記事に書いた左右差の場所の薬草。
右から、柴胡ー地黄ー黄連 と分かれていることも漢方医学の優れている姿の一つかもね。

今日は「半夏白朮天麻湯」を処方されている患者さんがみえました。
ん〜〜〜胃腸を温める「半夏白朮天麻湯」を使えば胃熱がでてくるよなぁ。
今の飽食の時代、「半夏白朮天麻湯」単体で有効なのは老人のみかな。
仕方ないので「半夏白朮天麻湯」に黄連剤を併用する処方をしたりしました。

そんなこんなで1日が終わっていきます。

10月は検診の最後の月で検診も多くなっています。
一方で漢方を希望される患者さんもいますので…
上に書いた様な漢方雑感を持ったりしながら診察をしています。

じゃ〜現代医学と漢方医学のどちらを優先するの?とか聞かれそうですが…
別にどんな医学でも病気を治せれば良いので自分には区別はありません。
漢方医学の考えを使いながらも…今日は喘息の患者さんに点滴などもしました。

自分に取って…現代医学と漢方医学のこだわりはありません。
ただ、患者さんが治って笑顔になってくれれば良いだけです。

研究者としては、現代医学と漢方医学の併合を目指します。
ぴーす V(^0^)

PS:今日は今年2人目の妊娠スタッフさんの勤務最終日でした。
  「元気なお子さんを産んで遊びにおいで!」と。
  いつまでも勤めて欲しい一方で…クリニックではそんなことの連続です。
  子育ては大変だけど…良いお母さんになって欲しい、な。
  そんなことを感じました。(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン


posted by 杉幹雄 at 21:05 | Comment(0) | 漢方

2018年09月11日

病気に現れる左右差の根源とは?

noukousoku.png

脳梗塞にて右の手が自由に動かないイラストです。

右が動かなければ…
左の脳に障害が出ている可能性があり

逆に左が動かなければ…
右の脳に障害が起きている可能性があるのが医学の常識です。

さて…ここで考えたいことは
「病気の左右差を決める要素は、どこにあるのか?」
ということです。。。

右脳梗塞ならば…
たまたま…左の脳血管に問題があり脳梗塞が起きると考えるのが
今の医学の特徴ですよねぇ。でしょ?(笑)

ここでアインシュタインは「God does not play dice」と
偶然性を否定しています。全ての物事には必然性がある、と。

左の脳血管に異常を起こす何かがある、ということです。
ここに病気の必然性を問う新しい医学の入り口があるように考えます。

人間の身体で左右差が著しい場所…
ということを考えたことがありますか?

人間は基本的に左右対称に出来上がっていますが…
その中で左右差が強い場所があります。

kirokubu.jpg

左右差が強い場所は季肋部直上の臓器配列にあります。
右から肝臓→膵臓→脾臓と異なる実質臓器が並んでいます。

多くの病気の左右差は、この場所で決められる様です。
加えて頭と胴体とは相対性を維持しています。

と、いうことは…
右脳梗塞ならば…季肋部左の脾臓当たりに問題が隠されています。

東洋医学では左の脾臓当たりの熱を「胃熱」として治療の標的としています。
その胃熱が強くなれば…身体を循環している「気」の途絶がおきます。

kirokubu02.jpg

つまり…胴体左の気の途絶がおきたならば…
その次に胴体と相対性を維持している頭の病気として症状が出る場合には
右の脳に異常が起きる筈です。

身体は全身で生命を全うしています。
今の医学の最大の欠点は…身体を分割してしまうことです。
遺伝子全盛時代ですが、遺伝子を解析しても身体が一つとして考えられない。

ここに視点を当てることが次世代の医学の入り口になる筈です。

急性症状では部分を大切にする現代医学は良いのかも知れません。
ただし、大きな病気を作り上げる身体の診察では全身を考える必要があります。

PS:薬剤師の友達がいますが…
  彼曰く…「お前〜ブログ作るの楽しんでるよなぁ〜」とか?(笑)
  
    何で自分が柔らかい記事を書くかと言えば…
  医者のブログって堅いじゃん。
  医者だって普通の人間だって思って貰いたいから、さぁ。

 

素敵な歌詞だよねぇ…
さわりだけ訳しますね。

There comes a time
When we heed a certain call
When the world must come together as one
There are people dying
Oh, and it's time to lend a hand to life
The greatest gift of all

時が来たんだ
ある叫びを受け入れる時が…
私たち全てが一つになる時が…
多くの人達が亡くなっている
その命に手を差し伸べる時が来たんだ。
それは…素晴らしい贈り物に違いない。。。
posted by 杉幹雄 at 20:52 | Comment(0) | 脳梗塞

2018年09月09日

病気治療と病気の必然性について…

ainshutain.png

「I comfirm that God does not play dice」
 神はサイコロを振らない

 どんなことにも必然性があるということ
 そんなことを話したアインシュタインの言葉には医療にも重みがあります。


 病気は人間を苦しめます…だから病気は悪いものだ!と。
 殆どの人達は考えているようです。

 本当に…そうなんでしょうか?

「病気を悪いもの」と考えるからこそ真実の医学が作り出せない。
 そんな考えによって新しい医学の発展が遂げられないのでは?と。
 そんなことを思いながら私自身は医療に携わっています。

「悪いものなら取れば良い!」
「発癌遺伝子がいけないのならば正常遺伝子に変えてやれば良い!」

 それが正しいのかな?
 そんなことを思います。。。

 悪いものと思われるものにも必要性があるかも知れない。
 その様な視点にしなくては…先がない世の中になってしまう様に思います。

 医学も勿論ですが…他のことでも同じ様に感じます。

 今の世の中は混沌としています。
 この混沌の中から次の時代への光が出てくるのだとも感じます。

 今がチャンスなのかも…(^_-)ネッ

  PS:やっとレセプト点検が終わったぁ〜
   医療関係者に取っては月初めの一大仕事ですねぇ。(´ヘ`;)ハァ

   今、一緒に働いている医療事務スタッフさんのお陰で
   大分…レセプト点検も楽になりました。m(._.)mアリガト 


 
posted by 杉幹雄 at 18:02 | Comment(0) | アインシュタイン

2018年08月16日

組織の外力吸収機序

windtree.png

あるとき、風に吹かれる木を見て…思った。
弱い風だと枝や木の葉のみ揺れて…風の力を吸収する。
台風などの強い風だと木の幹までも使って…風の力を吸収する。

これって…もしや???
身体の組織の外力吸収の方法と同じなのでは?


vesseltravelling.jpg

血管も同じ様な構造を取っている、なら?
身体の組織も風になびく木が風の力を吸収するのと同じなんじゃないか?

だ・よ・ねぃ。

katataisuu.png

と、言うことは上の対数表に沿って外力吸収するということ…
そんなことになるという推測ができる訳だよな。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

病院に勤めているときに急性肝炎の患者さんがいて…
治療によってGOTやGPTが下がって来ていた。

「数値を対数表を利用して調べてごらん!」とか
上司に言われ…今までの改善数値を方対数グラフに入れてみた。

katataisuu2.png

と、グラフに入れてみると…
あらぁ〜驚き!w(゚o゚)w オオー!

指数状に検査結果が改善されている…という事実。

これは、さ。風の力を吸収している木の姿と同じ。
フラクタル性を利用して組織が機能している証拠だよね。

この帰結として…
医学の方向性が分かる。

臓器のフラクタル性(入れ子構造)の重要性を
取り上げることの重要性を認識できるか?というポイントを
理解出来るかどうか?だよなぁ。

遺伝子全盛時代の昨今…遺伝子じゃないんだよなぁ〜。
うん!(^-^)うん!(^-^)うん!(^-^)

マクロ的な構造に目を向けることの大切さ。
それに尽きるかな…とか、思いますよねぇ。。。

-----

ん〜〜〜
荒井由実の「ひこうき雲」は…自分が大学生の時代の歌。

この歌を聴いて…
一つでも治らない病気を治す方法を作り出したいよなぁ〜とか
思ったものだった、なぁ。。。

「あの子の命が『ひこうき雲』にならないように…」

posted by 杉幹雄 at 21:32 | Comment(0) | 医学

2018年07月29日

病気の実態を見つめる…とき。

450syoukanron.jpg

病気の根底を覆した本:傷寒論
自分には大塚敬節先生の本が読みやすいです。
高校時代に漢文には余り興味がなかったからです。

自分は医者でもない高校の時から漢方薬を飲み始めました。
漢方薬を飲むこと…5年以上になっていました。

なぜか? 分かりませんが…
漢方薬を飲むと太ってくる。顔色も良くなってくる。
それは、亡き大塚敬節先生の力でもあるのですが…

一方では
現代医学でも権威と認識されている教授に診て貰っていました。

亡き大学教授は自分を医師として歩ませようとしました。
その理由は…「身体を厭(いと)うようになるから医者になるのがいい」と。

どさくさに紛れて医学部に進みました。
医学部では病気のことを知るために覚えることは半端ではありません。

さて医師免許を取得し医師になり感じることは別でした。

患者側から医者側の視点を持ち動き始めると…
「あれ?」と感じることが多くなりました。

とどのつまり…今の現代医学には対症療法は優れていますが
「病気がどんな物であるか?」の理解が足りないように思います。

物質文明が栄え…
身体のミクロ情報は容易に解析出来るようになっています。

一方の身体は…
マクロ的な安定性の維持から生命を守るシステムを構築しています。

ミクロ的な変化は、マクロ的な身体の安定性を維持するべく変化している。
遺伝子まで解析出来るようになった今、こんな考えは必要なことです。

それは新しい医学がミクロとマクロを統合する方向に進むこと。

取りあえずは…
人間をマクロとして見つめることではないか?と思えてなりません。

傷寒論はマクロの病気機序の完成形です。
こんな凄い本を先哲の日本の医師が保存してきたことが
今の病気を診る立場の自分には何となく良く分かります。

と、言うことは…
病気の理論解析の後に、漢方の理論解析の説明が必要になって来るんでしょうね。

やることは…少なくないなぁ…
(´ヘ`;)ハァ

出来るかなぁ…
(´ヘ`;)ハァ


lupin3-5-final.png

LupiV世の5が終わりました。
最後の場面は素敵でした。(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

ーーー

アミ:
ねぇ…ルパン。
恋って、さ。。。
ルパン…私は貴方に恋している。

ルパン:
おぃ〜アミ。
それは、さぁ。

アミ:
だって…
怖いときや不安の時、いつも貴方の顔が浮かぶんだもの。

状況から推測するに…
私はルパンに恋していると思うわ。

ルパン:
恋って、そういう風に分析するものでは
ないと思うんだよね。

アミ:
わたしが峰不二子よりいい女になったら
返事を貰いに来る。良いでしょ。

ルパン:
分かった。待ってるぜ!

ーーー

素敵だと思う一方で…こんな姿が人間的なんだよね。

人間の命と関わりが深いマクロ的な医学の説明もしなくては。
ねぇ。。。

posted by 杉幹雄 at 16:58 | Comment(0) | 病気