すぎ内科クリニックの院長のブログです。

2018年04月16日

花粉症と風邪の鑑別って…どうすんの? 追記

inouekaishin.jpg

日本刀…井上真改 作:江戸初期の刀工
ん〜〜〜日本刀って綺麗だよね。
日本人だから出来た刀なんだろうなぁ、(^_-)ネッ


kafunn-kaze.jpg


この違い…分からないかなぁ。
そんなもんで補足講義を、ば。

まず風邪って…どんな病態を言うのか?

それは、さ。
「皮膚と腸がバランスを崩した状態」なんだよね。

皆さんのよく知っている「葛根湯」を解析すれば
風邪の病態が浮かび上がるように思うんだよね。

葛根湯の構成薬草は…
葛根・麻黄・大棗・桂枝・芍薬・生姜・甘草
表に属する薬草:葛根(血)・麻黄(水)・桂枝(気)
裏に属する薬草:芍薬(血)・生姜(水)・大棗(気)
表と裏を結ぶ薬草:甘草(太極)
桂枝は表の気を司る、大棗は腸の気を司る。

葛根湯の腸と皮膚のバランスを是正することにある。
葛根湯=風邪の初期なんだから…腸に熱が貯まることが風邪の初期。


一方の花粉症の身体に使う漢方薬で多用するのは…
小青竜湯ではなくて一貫堂方の荊芥連翹湯だよね。

さて…荊芥連翹湯の構成薬草は…
荊芥・連翹・当帰・芍薬・川芎・地黄・黄連・黄芩・黄柏・山梔子・防風・枳実・
甘草・薄荷・柴胡・桔梗・白芷
荊芥・連翹・防風・白芷・桔梗・薄荷などは身体の上部に貯まった熱を逃がす薬草群
大切なのは…柴胡・地黄・黄連・地黄だろうね…両脇の右・中央・左の熱を取る薬草群
身体中央の熱を逃がすために…当帰・川芎で下腹部の力を上げようとしている。

これからすれば…両脇に熱を逃がすことを主眼としているのが荊芥連翹湯なんだよね。
傷寒論の病気で言うと「少陽病」の領域に入る、かな。

漢方薬を現代医学の病名で投与することは大きな間違いの元。
江戸時代の吉益東洞が「薬徴」を書いた様に…
薬草の性格が分からない漢方治療は危ないかも、ね。

漢方薬を使っていると…
日本刀に通じるような気がしてならない。

本質を見極める医療が必要に他ならない。
なんちゃって漢方は…どうかな?
漢方は刀の扱いと同じ、と感じるのは今は自分だけかも、ね。
(^_-)ネッ

ーーー
単なる愚痴…
なんで漢方薬を使う人って…柴胡剤ばかりなの?
今は黄連剤の人が多いように感じるよな。

現代医学の病名投与は止めて欲しい。
漢方薬を構成している薬草から…その意味合いを見つけることが出来なくては、さ。
漢方治療も危うい様な気がしてならないんだよなぁ。

刀の扱いを知らない人が刀を持てば…
結論は見えてるよなぁ。。。(・・.)グスン

なんで…医者のブログで、さ。
ルパン三世やらあずみのサウンドトラックを入れるか?
別に医療が特別に他の職業と比べて人識意識が高いものではなく…
一つ一つの曲にも漫画の画像にも…
医者が感じていない命をかけている姿を感じるから、だよな。

posted by 杉幹雄 at 23:00 | Comment(0) | 花粉症

2018年04月15日

花粉症と風邪の鑑別って…どうすんの?

kafunn-kaze.jpg

風邪と花粉症って…
どちらかを判断するのって難しいよね。
うんうん(^-^)

これって…
身体の充血している場所の違いで判断できる。

花粉症は肝臓や脾臓当たりの両脇に熱が貯まっている。
風邪は腸の中央である臍部に熱が貯まっている。


こんなことは教科書には書いてないよね。
だから…今の医学では仕方ない…かな。。。

じゃ〜
何で自分が分かるか?って、か???(笑)

結論として良いのか悪いのか?
自分の弱い身体を維持しようと色々な人の教えを乞いました。

その色々な人たちは医師でない人の方が多かった、な。
うんうん(^-^)


身体の表面には体表面地場が流れているんだと感じる。
また病気と共に、この体表面地場が変化するんだと思う。

その体表面地場を分かる人は手で分かる。
「手当」っていうじゃない〜ねぇ。
多分…縄文人当たりでは誰でも分かったんだろなぁ。

今はさ。
物が増えた分だけ…人間の本来の感性が退化している時代なんだろうねぇ。

ルパン三世の方が遙かに人間的で…
彼が医者ならば…花粉症と風邪の鑑別なんで訳ないだろうなぁ〜。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

漫画だから…そう感じるとか?
人間は創造性の動物…無理だと思えば無理。
可能だと思えば可能でしかないんじゃ〜なぃ?(笑)


posted by 杉幹雄 at 19:13 | Comment(0) | 花粉症

2018年04月01日

癌細胞のどこが異常なの?

癌細胞も含めた色々な病気の殆どは
身体の命を守るために出現する…と考えられる。

ちなみに漢方治療は…
そんな考え(自然順応主義)で治療方法が生まれている。

これはLupinV世 カリオストロの城で…
仲間に命を助けられることと同じ様に見えるんだよね。

そんなことから…LupinV世の画像から始めますね。
(ちなみに今はLupinV世の動画を良く見ています。
 漫画の主人公だけどルパンの心って素敵だと思うな。)

ルパン三世と世の真実
LupinV世 カリオストロの城: 
命をかけてルパン三世を助けようとする王女様

ルパン三世と世の真実2
LupinV世 カリオストロの城: 
ルパン三世を救う峰不二子 FANTASTIC!
す・ば・ら・しぃ〜〜〜。

ルパン三世:石川五右衛門とルパン三世
LupinV世 カリオストロの城: 
石川五右衛門にも火の付いた洋服を
日本刀で切り裂いてもらい助けられます。

ルパン三世は…王女様、峰不二子、五右衛門とも…
もちろん、次元大介や銭形警部とも
お互いに心を共有しているんだろうなぁ。
うんうん(^-^)

「LupinV世から見える人生の意味!」
 とかの題名にしようか?と思ったのですが…。

 「漫画が現実を超える真実を持っていること」を感じる人は
 少ないんじゃないかなぁ〜?  とか思って題名変更〜〜〜。
 
 ホントは漫画家が絵を描くとき命をかけている…よな。
 それじゃなきゃ…こんな漫画は生まれない。

 そんなことから「癌細胞のどこが異常なの?」という題名を変更して…
 ブログの更新をしたいと思いまぁ〜す。
 うんうん(^-^)

癌細胞の姿
顕微鏡で見る癌細胞

ねぇ? 癌細胞のどこがいけないの?

人の死という現実に目をとらわれて、
命を守ろうとして癌細胞を生み出そうとする身体の気持ちは…どこに???
癌を悪と見ている限り…癌との闘いは永遠に終わらないよね。
(・_・)......ン?

身体は…さ。。。
命を守ろうとして癌細胞だけでなく色々な病気を生み出している。

つまり、さ。。。
欠点は指摘しやすい、一方で、長所を見抜くことは難しい。

欠点を攻撃する医療関係者の医学観念や
一般の人の長所を捉えない考え方に違和感は強いよなぁ。

ーーーーー

今日は医療的にみて面白い患者さんがいました。
胃の熱が強い患者さん…胃熱という脾臓から胃にかけての充血です。
主訴は…じんま疹や左背部の痛みだよなぁ。

「先生…自分の周りに心筋梗塞で重傷になった人がいるんだけど大丈夫かな?
 心筋梗塞が起きる前に色々な所が痛いと言っていた」とな。
 うんうん(^-^)

「確かに胃熱が強いと心筋梗塞へ移る可能性は高いと思うけど、さ。
 あなたが救われているのは…じんま疹がでているということだよ!」
 とか話しましたぁ〜とさ。

「じんま疹を出すことによって…
 胃の熱を逃がしている人間の身体の気持ち分からないかな?」
 とも…話したような。。。

 じんま疹が出ている以上、心筋梗塞へは移行しにくいと言うこと。

 身体は色々な症状を出すけど…
 身体の命を守ろうとしているだけのことが殆どだということは事実。
 分かるかなぁ?(・_・)......ン?

ーーーーーー

漫画かも知れないけど、さ。
色々な人に愛されるルパン三世の姿。

これが本当の人間の生き様なんじゃないかなぁ?
とか…思うんだよね。

善良な人でも…泥棒のルパン三世の様に
人の気持ちを見抜くことは出来てないよね。

如何にその現象の正しさを見つめるか?
そんな視点があっても良いと思うな。

マスコミや医療記事だけを信じて自分の目で見ようとしない。
そんな人の姿が本当の医療が完成される時代を遅らせているだけ…でしょ?
d(^-^)ネ!


炎のたからもの:
LupinV世 カリオストロの城テーマ曲
作詞:橋本淳 作曲・編曲:大野雄二

幸せをたずねて 私は行きたい
いばらの道も 凍てつく夜も
二人で渡って 行きたい

旅人のさむいこころを 誰が抱いてあげるの
誰が夢をかなえてくれる

炎と燃えさかる私のこの愛
あなたにだけはわかって欲しい
絆で私をつつんで……

荒野をさすらうあなたを眠らせてあげたいの
流れ星はあなたのことね

炎と燃えさかる 私のこの愛
あなたにだけはわかって欲しい
なぞめく霧も晴れて行く

posted by 杉幹雄 at 02:07 | Comment(0) | 病気

2018年03月24日

投錨性:正常細胞と癌細胞の違い

lupinbase.jpg

ルパン三世…好きなんだよなぁ。
クリニックのブログに漫画って?(^。^/)ウフッ

自分は…医学とか医療とかだけに拘りはないんです。
医療も漫画も極めようとしたら大変ですよねぇ。
これって職業による違いない、同じと言うことだよね。
うんうん(^-^)

ーーーーー

さて…細胞の投錨性についてお話をしようと思います。
投錨性というのは正常細胞にあり、癌細胞にはないものです。

これが…なにを意味するか?
そんなことを理論的に解析していきましょう。

患者さんには難しい話題かも知れませんが…
癌研究をしている研究者向けの話題にも触れて行きたいと思います。

そんな難しい疑問を何故…ごく普通の内科医の自分が話すのか?
ん〜〜〜誰も大切な部分に目を向けないからなのかも、ね。
そんなことから…理論的解析をしてみようかな?と思いました。


さて…本論へ!

時空間の運動における安定性は細胞が空間において安定していられるかどうか?
そんなことが細胞安定性を決める要素になります。


dimension2b.jpg
「投錨性」ということは…運動に極性を持たせることです。

この投錨性がなくしては細胞分裂が出来ない正常細胞は…3次元安定性がない内部運動を持っている!と。。。

そんなことが推測できますよ。(^_-)ネッ


一方の癌細胞は投錨性なくして細胞分裂が出来ます。
すなわち…癌細胞は空間安定性を持つ運動である3次元運動を
細胞内に秘めている!…そんな結論になります。


こんなことって…原子では当たり前でしょ?
空間を如何に領有するか?と言うことは…
原子の周りを回っている電子の運動から推測できます。

S起動、P起動など…
そんな運動が空間安定性を維持する運動に他なりません。

遺伝子ばかりに目を向けている癌研究の方向性は間違っています。
細胞にも原子と同じ様に、空間安定性がない水素や空間安定性があるヘリウムなどと
同じ様な運動を持っているに過ぎないという結論に結びつくことになります。

cancercellbase.jpg

これが3次元運動を保持している細胞
つまり…癌細胞の理論的姿です。

詳しく知りたい方はホームページへのリンクを張りますので
そちらの記事を参考にして頂きたいと思います。

目次:投錨性 日本語版(英語版は構築中)

分からないことを追い求めることは好きです…が
ルパン三世の様な生き方が出来たら素敵ですよね。

憧れちゃうなぁ〜〜〜
漫画かも知れないけど…憧れちゃうなぁ。。。

これが医者のブログ?とか思う方もいるかも?
でも自分は、それで良いんだよねぇ(笑)
医者だからって…普通の人間だし、さ。

今は患者さんには漫画家さんもいます。
締め切りに追われて…凄い大変そうですよ〜ん。
(^_-)ネッ 医者と同じですよねぇ。。。

もちろん、どちらが上とか下とかは感じません。
色々な悩みを抱えながら生きている同じ人間ですよねぇ。
そうだ、しょ…。。。
posted by 杉幹雄 at 00:14 | Comment(0) |

2018年03月11日

涙と医療

涙と医療

医療は涙と密接です。
それは医療が涙から出発しているからなのかも知れません。

病院勤務の時にご家族が亡くなる時に泣かれるのは仕方ない、よなぁ。
そんな感じで考えていたのですが。外来も同じなんですね。

医院を開業して…一般の生活をしている人の診察と治療をしてみると、
同じ様に涙を流される患者さんを診ることも多いものなんだなぁ…
そんなことを実感します。

誰にも涙を見せられない。それを我慢して生活してきた。
その試練を通り越して落ち着いた患者さん。

「どうした?」って聞くと
「誰にも弱音を吐けなかった…でも悪いことにならなくて良かった」
そんな言葉と共に…自分の前で涙を流します。

「誰にも涙を見せられなかった」と。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

  患者さんが診療室を出られてから…
  隣に付いていてくれた女性スタッフさんは
「先生…もう大丈夫、涙を流せたから」とか。。。
(女性心は複雑だなぁ〜。・゚゚・(>_<)・゚゚・。)

そんなもんかぁ???
(・o・)(・o・)(・o・)

でも、さ。自分の前で、涙をみせても…
前に進んでくれるんならば…それで良いんだと思う。

だから…
診察の時でも…涙を流しても良いですよぉ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

この年齢になっても…
医者と言う仕事の深さを知るには今の自分の気持ちでも甘いよな!
そんなことを感じるんですよね。♪ d(⌒o⌒)b♪

どんな仕事でも…ひとつの仕事を掘り下げると
深いだけなのかも、(^_-)ネッ。


空と君の間に…
作詞・作曲:中島みゆき

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる
孤独な人につけこむようなことは言えなくて
君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた
ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ いつまでも

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

君の心がわかる、とたやすく誓える男に
なぜ女はついてゆくのだろう そして泣くのだろう
君がすさんだ瞳で強がるのがとても痛い
憎むことでいつまでもあいつに縛られないで

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ うつむかないで

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

(中島みゆきは、とても好きなんだけど…
 直ぐにYouTubeから削除されちゃうんだよねぇ…(T.T))

posted by 杉幹雄 at 07:02 | Comment(0) | 医療

2018年02月23日

病気を知らない…医療人とは?

病気の姿

病気を知らない医療関係者…
多いよね。。。


開業した先輩と話す機会があったのですが…
彼は大腸癌で手術をして、「初めて患者さんの気持ちが分かった!」
と話していました。。。
うん!(^-^)うん!(^-^)

まず…検査の怖さ
病気の疑いがあれば、検査結果は当たり前のごとく怖い。
最悪…死に至る病気に診断されるかも知れません。

次に…娑婆(日常生活)からの隔絶される入院というの怖さ
入院生活は、病院という建物の中にいることになり自由は奪われます。
裏道を一人歩くことが、どんなに幸せなことか分かります。
若い人ならば…娑婆(日常生活)にいなければ失恋さえも出来ない悲しさを実感するでしょう。

最後に…手術後の痛みと後遺症
手術後の痛みは半端ありませんが…時間と共に改善は早いものです。
但し…必要な臓器を取ったときには、生活に制限が出てきて
術後の生活に慣れるまでは結構しんどいものです。

と、すれば…
「幸せって、どんなものか?」を感じませんか?
(・_・)......ン?

当たり前のことが幸せなことです。
一人、裏道を歩けること。
一人、トイレで用を足すことができること。
一人、好きな食べ物をたべられること。

殆どの人たちは、
今、この瞬間に大きな幸せに包まれて生活しています。

ところが…当たり前と思っている部分に
大きな幸せがあることに気づいていません。

この幸せに気づくことが…
病気を治すことの根幹なのかも?
(^_-)ネッ

自分を主張するのではなく…
如何に相手の立場を思いやれることができるのか?

そんなことが今後のテーマになっていくと思います。
学校では病気がどうなものであるのか?を教えてくれます。
ただ…その病気に苦しんでいる患者さんの気持ちは教えてくれません。

単なる自分の印象なのですが…
そんな風に他人の気持ちを思いやることができること。
自分を生かしてくれている身体の気持ちを思いやることができること。

そんな感覚が本当に大切なことだと
感じてなりません。。。

音楽が好きで…
今日は「それが大事」を聞きながら…

posted by 杉幹雄 at 23:34 | Comment(2) | 現代の時代

2018年02月21日

萎縮性胃炎に発癌が多い訳…とは?


今日は「愛は勝つ!」で気を引き締めて…
患者さん向けの話題も良いけど
医師としての話題もないとねぇ。。。

意外だなぁ〜と言ってはいけないのかも知れませんが…
自分の患者さん、このブログがお好きだったりするんですよね。

そんなわけで…
患者さんには今日はつまらない記事かも???

正常の胃と萎縮性胃炎を起こした胃の外力吸収度の違い…
研究者向けの話だよね…そんなことを話してみようかな。

胃癌リスク検診のペプシノゲンの検査の必要性の理解になるのかな。
(ペプシノゲンの検査は胃の萎縮を間接的に測定している)


フラクタル性の違い
※calculated by Mathematica※
※ん〜これからは医学の中に数学が緊密に入ってくる予感があるな。※

正常の胃では小さいフラクタルから大きなフラクタルまで利用して
外力を吸収しようとするため、上の図になりますよね。

一方の萎縮性胃炎では…
小さいフラクタルのエネルギー吸収が出来なくなってくる。
その場合の胃の外力のエネルギー曲線は、下の図になりますよね。

二つの図の外力吸収の面積が違うことに注目して欲しい。
正常の胃と比較して、萎縮性胃炎では外力吸収能率が弱い。

このため…粘膜上皮と面膜固有層に初期歪みがあったときの
力のかかり具合が違ってくる訳になる。

萎縮性胃炎の場合には初期歪みの増幅が
上の図でも分かるように力がかかる部分で容易に起きることになる。

※申し訳ありませんが…医者でも難しいし、さ。※
 医療関係者でも理論的な思考をしていなくても良い仕事をしている人などには
 脅威に難しい内容なのかも知れません。「なんも分からん!」と。(^。^/)ウフッ

 あのぉ〜〜〜一方では、さ。
 もっと…医療の考えを難解に突っ込んでも書いても良いですけどぉ…
 それに付いて来られれば…
 その人は将来の医療の最前線にいるんだろうな!と思いまよぉ。(^0^*オッホホ

ーーー
ん〜〜〜分かりやすいように…
聖書曰く…「たとえ話」をします。

まず…2種類の木をお見せします。
木の枝が人間の血管、木の葉が人間の細胞です。

正常フラクタルの木異常フラクタルの木

木は根があるため葉を落とすことが出来ますが…
この木の枝の走行からみれば…人間の血管と同じでフラクタル性を持っています。
木の葉は人間の細胞に相当します。人間は細胞である葉を落とすことが出来ません。

この木の小さいフラクタルの部分…すなわち細い枝が無くなった木
それが人間の萎縮性胃炎の姿です。

このことから外力を受けた場合の吸収力が低下してしまいます。
そのことから初期歪みができている時の発癌率が高まるに過ぎません。

この詳しい説明に関しては…
医院のホームページでさせて頂きたいと思います。

記事が出来たら…
リンクを張りますね。うん!(^-^)
posted by 杉幹雄 at 10:06 | Comment(0) |