すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年04月18日

新型コロナウイルス感染後遺症の治療 

corona-aftersymptom.jpeg

今回はコロナ後遺症治療での感想を話してみます。
現在で10例程度の症例があります。

基本的には一般の風邪の遷延症状の治療と変わりませんが
治療に対しての「しつこさ」を感じています。

一般の風邪は1週間程度の治療で終わりますが
コロナ感染後遺症の治療は、1ヶ月以上かかるのが普通です。

比較的症状が揃っている患者さんの例を取り上げてみます。

ーーーーー

30才台 男性 
コロナ感染したのは1月初旬で入院、その後、退院するものの
比較的強い後遺症があり入院した病院に受診していたとのことです。
処方されていたのは袪痰剤と鎮咳剤に漢方薬:補中益気湯でした。

まず漢方治療に関して補中益気湯を投与されていたということは
「倦怠感=補中益気湯」という公式で投与されていたことでは?
と感じます。的外れな漢方処方だと感じます。

高齢の後遺症では部分的には補中益気湯は必要だとは思いますが、
コロナ感染後遺症において頻用して良い処方ではないと思います。

当院初診は3月上旬…
症状は倦怠感・微熱・頭痛・咳痰・鼻水・目眩・胸痛です。
感覚障害を除いて全てが含まれている後遺症の治療例です。

ほぼ全例に少陽病期で見られる実質臓器の鬱血が認められます。
この症例も同じでした。これを目標に漢方治療を開始しました。

3月中旬:初診から2週間後
まだ倦怠感があるが自宅内では動けるようになった。
ただ頭痛や鼻水は取れたが、微熱は残り、目眩と胸痛は軽くなったが残る、と。

診察では両脇の鬱血の左右差(左>右)が顕著になってきており
それに合わせる様に漢方薬を変更して投与。

4月初旬:初診から4週間後
全て元通りではないが、電車に乗って買い物に行けるようになった。
微熱はとれたが、疲れると胸痛や目眩が出るとのこと。

診察では身体に大きな変動はなく、両脇の鬱血の左右差はそのままです。
そのため、同じ漢方薬を3週間分の投与。現在も経過観察中です。

ーーーーー

この様な感じで、長期治療が必要になってきます。
ただし、漢方医学的な診察治療の視点で通用する病状です。

発症して5〜6日、少陽病期での重症度が肺炎へ移行するかを左右します。

またコロナ感染が陰性になっても…
少陽病期の臓器の鬱血が残ることが多く、それが後遺症の原因となっています。
症状は多様ですが、コロナ感染後遺症の病態は、これが基盤となっています。
症状に多様性があるのは、個体差があるためです。

PS: 症例は増えて来ていますので、コロナ感染後遺症については
  必要な部分は、報告して行きたいと考えています。
  マスメディアの方からの取材の依頼もありますがお断りしています。
  それは、最前線で治療している医療従事者の方に申し訳ないからです。
  自分の役割は、最前線の医師を支えることにあると考えています。

  サザン…良いなぁ〜うん(^_^)

posted by 杉幹雄 at 23:16 | Comment(0) | コロナ

2021年04月08日

ウイルスの必然性を認めることの重要性

virus-necessary.jpg

ん〜〜〜
ウイルスを敵視している現状が明らさまになっているのが…
今の状況なんだろうねぇ。困ったことの様に感じます。

「ウイルスが身体の中で何をしているのか?」
そんな疑問より前に、ウイルス相手に戦争をしている姿だよな。
今は…ウイルスという自然相手に闘っている人間の姿なんだよね。

einstein-virs.jpg

アインシュタイン曰く…
「God does not play dice(神はサイコロを振らない)」
「何事にも、必然性がある」と言うことなんだよね。

それならば…
ウイルスもウイルスの使命があって、それを実行しているだけとも捉えらるよな。
自分も「この世に不必要なものはない」と思うんだよな。ウイルスも含めて。

感染者数だけ見ていても…どうかなぁ?
ワクチン接種をしても、次々にウイルスが変異するよね。
さて、どうかな??? (?_?)(?_?)(?_?)

ここに現代医学の最大の弱点があるのでは?
ウイルス感染を含め、病気を敵視して攻撃する医学が現代医学だよね。
今回はウイルスという自然が敵なんだから…
今回の騒動は人間が主体に引き起こしたオイルショックやバブルとは別ものかな。

この状況で、さ。
そこに…ウイルス感染の必然性を見出そうとする姿の人間が少ない。
ここが現代医学の最大の問題点だと思うんだけど、そう思わないかな?

自分が患者さんの身体を診るときに念頭に置くことは…
「何故…この病気がこの身体に必要なのか?」ということを考えるよな。
「必然性がなければ、病気が起きないのが自然の摂理」だと実感するからなんだけど。
「病気の必然性」を理解し、それを消せば病気は治っていくよね。

ウイルス感染も同じで、その必然性があるから感染する訳で、さ。
自然相手に闘っていても…人間の負けは目に見えているよね。

一番、重要なことは、コロナウイルスの存在を認めて
感染して変わった遺伝子変化を調べることの様な感じがするよね。

もしかしたら…コロナウイルス感染によって…
その遺伝子変化を持つことによって、より今の地球上の環境に馴染めるのでは?
そんなことを感じるんだよなぁ〜うん(^_^)。

どんな病気でも、その必然性を見抜くことが本来の医学治療なんだよね。
「さぁ〜どの様に世の中が動くのか?」を見ていると
今までの世の中の姿と今後に求められる世の中の姿が見えてくると思うな。
冷静な視線で…世の中を見ていくのが良いのかも知れないよね。

PS:さて…今月のレセプト(保険請求)は、やっと終わりました。
   世間が余りにも感染者という数字に動くことに対して驚くんだよなぁ。
     自分はコトー先生が好きだな。コトー先生なら分かってくれると思うな。

posted by 杉幹雄 at 21:08 | Comment(0) | 新しい医学

2021年03月28日

先生、なんでマスクをしているのに風邪引くの?

kaze030328.jpg

こんな会話を診療室で聞くことができます。
これは風邪の本質を現代医学が示していないからですね。

葛根湯は漢方での風邪の代表的な薬ですが…
この葛根湯は表裏バランスの是正をしようとしています。
多くの漢方処方を比較検討して出てきた葛根湯の姿は…
皮膚と腸のアンバランスの是正であり、
それが風邪の真の姿だと言うことになります。

風邪の機序について

kaze-torus.png
(クリックにて拡大ができます)

この様に身体は皮膚と消化器系を見てみれば…トーナッツ型になっています。
数学の中に、この様な捉え方をする「トポロジー」という学問が出来ています。
この様なドーナツ状の形をトポロジーでは「トーラス(torus)」と言います。

葛根湯の気剤は桂枝と大棗です。
桂枝は皮膚などの表の気剤であり、大棗は小腸の気剤です。
このことから考えれば…皮膚と腸は強い相対性を持っていると推測できます。

加えて、気温差が強い時に風邪が多いことです。
気温差は直接的に、皮膚の温度の変化に結びつきます。
一方の腸は身体内部にあり、一定の温度を保とうとします。

このバランスが崩れた時が風邪を引くことになります。
その原因にはウイルスでも細菌もありません。これは2次的要因です。
このバランスが崩れた時にウイルス感染や細菌感染の症状が強く出る!

それが風邪であって、ウイルスや細菌が主原因ではなく
皮膚と腸のアンバランス性が風邪の発症につながり、
また、皮膚と腸のアンバランスがあるときに
細菌感染やウイルス感染の顕性化が起きるということだけです。

身体のバランスが良いときには、ウイルスや細菌がいても顕性化しません。
この2つの要因から風邪が起きると言うことを漢方医学は指摘しています。

予防について

「じゃ〜先生、どうすれば良いの?」と聞かれるのですが
そんな時に話すことは「身体の余裕を作ること」と話します。
ある程度のアンバランスでも余裕があれば、大きな症状は起きません。

このため日常生活において…
「自分自身の時間をもって、本来の自分の姿になれるものを持つこと」
「楽しいと思えることを持って、精神的に疲れさせないこと」
「コロナを怖がって自宅に籠もらないで、散歩すること」
そんなことを話します。

抗生剤投与について

自分は抗生剤投与を比較的積極的に行います。
風邪の時には皮膚と腸のアンバランスから、腸内細菌叢は異常になっているはずです。
この是正のために、抗生剤投与で腸内細菌叢を一時殺菌することも大切では?と
思うからに他なりません。ウイルスだけに焦点を合わせることはないと思います。

ウイルス感染者数の推移

それはウイルス感染でも宿主(感染する人体)が大丈夫ならばウイルス感染は怖くないからです。
ウイルス感染の顕性化も気温差が強い時に顕性化しやすいだけだと考えています。
いつも同じ割合で感染しているものの、気温差が弱いときには顕性化しないだけ。
「気温差が強い時に顕性化することで、ウイルス感染の症状がでるだけ」と推測しています。
こんな時期には風邪症状を訴える患者さんが多くなります。
そんな期間にコロナ感染者が増加しているだけですよね。驚くことではありません。

PS:  なおコロナのピークは4月6日位になり、
   国内3,000人程度の感染者になるとのことです。

corona030329.jpg

コロナの感染予想を解析されている教授と精神の波長が合ったのかな?
その大学教授のメーリングリストに入れて頂いています。

PS2:やっぱり飛行機が好きなんだよなぁ。。。

posted by 杉幹雄 at 18:36 | Comment(0) | 医療

2021年03月16日

コロナ感染症の本質

corona20210317.png

これが東京の実行再生産数です。あら不思議。
宣言を伸ばしても実行再生産数は上がっています。
今日(2021/03/17)は400人以上の感染者ですが…

jikosaisennsannsu.png

上記の最新の図でも現状のピークアウトは…
20日頃から月末とのことです。気温差が強い時には…
身体が不安定になり感染傾向が上昇する様に推測できます。

怖がる必要はありませんよね。
これがウイルス感染症の本来の姿だと感じます。
また日本人に取ってのコロナ感染症と外国人のコロナ感染症は…
別の病気と捉えても良い様な状況だと思われます。

加えて、これは宣言の感染予防効果に疑問があることを物語っています。
それよりは季節変動によっての動きが強いものと推測できます。
リバウンドでもない様に考えられます。

今年は…この様な数字が続きます。それはインフルも同じだったからです。
インフルは5類で、コロナは2類感染症なので数字が出てくるだけ。

「コロナ感染症はインフルエンザ感染症の様になって行く感染症」
その様なことが容易に想像できます。
冬前には、またコロナワクチンを打つことも考えられます。

今、大切なことは自分の身体を良い状態に保つことが重要です。
子供のコロナ感染症では大きな症状は出ません。
それは、身体の状態が良いからに他なりません。

どんなに予防しても感染するときには感染します。
その中でコロナ感染症に対する認識を変えるべき時は近々来るのでは?
そんなことを感じます。

実際には、コロナ感染症は表面上のことであること。
その真相は…人間の意識を変えることに他ならないのではないか?、と。
今までは嘘が通じていた時代なのかも知れませんが、今後は大きな嘘が通じません。
それは政治を見ていても明らかだと思います。

自分をしっかり内観して、自分の進むべき道を選び進む時が今です。
他人に自分の責任ばかりを追及する人が増えていますが…
自分の方向性をなくしている事実に気付くことが大切になって来ます。
そのことに早く気付き行動することが未来への道に繋がるのでしょう。

如何に自分の方向性を保ち、どの様に明るい世の中の未来を作るのか。
その方向性しかありません。世の中を居心地の良い明るく優しいものにして行く。
そんなことが求められている様にも感じます。

私は…私の初心を忘れないで歩んでいこうと思います。
「病気とは本当の姿とは何か?」 
そんな真実を伝えることこそ自分に与えられた使命なのかも?(^_-)ネッ

皆さんも感染症などを怖がり、自宅に籠もりきりという姿では乗り切れません。
1人1人が世の中に対して、明るく優しいものにして行くことが求められているに違いありません。

PS:ANAのAnotherSkyです。
   自分も動画作りたいなぁ〜。でも、コラムを書かなくてはいけないんだよなぁ。
   自分も初心を忘れないで…ブレないで進んで行きたいと思います。
   でもさぁ〜記事を読んでみると心療内科みたいだね。当院は内科です!(笑)

posted by 杉幹雄 at 21:58 | Comment(0) | 医療

2021年02月28日

コロナ重症化と風邪の病期

byouki.png

今回の「風邪の病期」の記事も皆さん…読んで下さっている様です。
やはり…残すべき物は残し、その中で使えるものを使い
今の医学を進歩させること。それが大切なんだよね。

コロナが牙をむくのは「少陽病期」以降だよね。
このため…風邪の病期ということを文字にする必要があるのかな、と。

後遺症に至っても、コロナ感染後の身体の熱が取れていない状態だよね。
「傷寒論」は、その様な事象を明確に示しているためコラムにしました。

次は「漢方薬の誤治」と新しい病態のことを書く予定です。
誤治の最大のものは「小柴胡湯による間質性肺炎」だよね。
肝機能障害に単に小柴胡湯を継続投与した結果だから…
漢方薬の病名投与の無謀さと共に、間質性肺炎の発症機序が見える様な。

でも、さ。
最後は…傷寒論をまとめないと、ね。(;゜〇゜)

コラムを書くということは、白紙に文章を書いていくことになります。
だから、そのコラムの方針を決めて、その説明をすることになります。
文章は最初に「トピックセンテンス」と言って方針を決める文章を書きます。
その「トピックセンテンス」に沿って、より深い考察を書く「サポートセンテンス」へ。
結論として、その考察から「コンクルージョンセンテンス」と結論に導きます。
これは英語のライティングの方法ですが、文章作りとしては読みやすいかな。

日本文章の「起承転結」は…日本人らしい考え方で、方向性が一定ではないかな。
国外に人には「何故に起承があり、違った観点から本題にはいるのか?」が
分からない人が多いように思います。つまり…想像力がないのかな?

英語のライティングは「トピック・サポート・コンクルージョン」の三つで
ライティングの技術としては真っ直ぐですよね。これが好まれるのでしょう。

そうだな。英語のライティングを学んだことがない人は分かり難いけど。
報道記事は英語のライティングの方法を使っています。分かり易いでしょ?

そんな訳で…自分は地道に前に進んで行きたいと思います。

PS:本当は新しいattention pleseaseの音楽の動画作りたいけど、なぁ。
  作って下さった方の動画をアップします。

posted by 杉幹雄 at 17:59 | Comment(0) | 医療

2021年02月25日

コロナ感染後遺症の視点

koronakouisyo.jpeg
コロナ感染後遺症の主症状

傷寒論医学の視点からみた主症状を解析してみます。

だるさ
この「怠さ」という病態は一般の風邪でもよく認められる症状です。
風邪の熱が実質臓器(主に肝臓や脾臓)に入り…
それらの臓器の充血が取れていない状況です。

息苦しさ・胸の痛み
風邪でなくても胸部不快感や息苦しさを訴え受診される患者さんも多いです。
これは胃熱が強い時に起きる症状が殆どです。
胃熱というのは左季肋部の上の熱、すなわち脾臓当たりの熱を示します。

長く続く咳
一般の風邪でも咳が続くことも多くありますが…
これは肝臓や脾臓の充血に加えて、管腔臓器である腸の実熱が残っていること。
そんなことが殆どです。

ーーー

現代医学には風邪の後に臓器の鬱血が残るという観点がありません。
しかしながら臨床をしていると…臓器の鬱血が残り症状を出していることが多い。
そんなことを感じます。

現状…当院ではコロナ感染後遺症の漢方治療を積極的に行っています。
その臨床例を示します。

1)コロナ感染から続く咳
診察をすると少陽病期と陽明病期の熱が残っている状況であることが分かります。
このため、それに対応する治療をすると咳も改善されてきます。

2)胸部不快感や息苦しさ
診察をすると胃熱が残っている状況であることが分かります。
このため、胃熱を取る治療をすると症状がなくなってきたと言われます。

ーーー

まとめ

現代医学を優先して、私達の先哲が残した大切な遺産に振り返るべき時が今。
そんなことを感じます。
今の現代医学は万能ではありません。その欠点を補う医学観念が日本に残されています。
それを利用することが…これからの新しい医学を作る道標になると思います。

PS: 新しいコラムがアップされました。
  「「病期」から見た風邪の治療法は、新型コロナとその後遺症に改善につながる
  今の自分の生活は月初めの10日間はレセプト、次の10日間はコラムを書き
  スタッフの給与計算やコラムの校正などもあり、連続して仕事をしています。
  でも…今は病気への視点を残すことを重点に生活しています。

  コロナで振り回されていますが、コロナは私達に新しい視点を求めている。
  そんなコロナの本当の姿を知って、負けないで前に進んで行きましょう!
  
  この動画は10年以上前に5月連休で5日間を使って作った動画でした。
    再生回数は35万回を越えました。コロナに負けないで…JALもANAも
  飛んで欲しいと心から思います。うん(^_^)
  

PS2:藤原直哉先生の政治への視点…
   世の中のことをよく観察していますよね。
   私達は…高見の見物が良い様ですよねぇ〜(^_-)ネッ。

posted by 杉幹雄 at 22:36 | Comment(0) | 医療

2021年02月18日

非常事態宣言の効果とは?

korona3.jpg
日本のコロナ感染曲線

sweden.jpg
スエーデンのコロナ感染曲線

日本は非常事態宣言をしており、スエーデンはしていません。
この異なる状況で…感染曲線は、ほぼ同じです。。。

北半球にある日本とスエーデンですから…
「季節変動が大きな要因となっていることに尽きる」と思われます。

その様な観点からコロナ感染を再検討することも必要なのでは?
そんなことを考えることが必要な状況なのではないか?と思います。

単なる想像ですが…
コロナ感染をしているものの症状がないため普通に生活してる人も多いのでは?
その感染を今現状、抑制しているのは…季節変動が主であり
政府が率先して行っている自粛での効果は少ない様に感じます。


posted by 杉幹雄 at 23:02 | Comment(0) | ウイルス