すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年01月15日

未来の医学への考え方の道筋とは?

einstein200117.jpg

医学理論が作られ、その理論が経験によって淘汰されて完全な医学が出来ます。

理論形成にはアインシュタインの考え方が参考になります。
「Everything should be made as simple as possible, but not simpler.」
「全てのことは、より簡単にという簡便さを求めるのではなく、出来うる限り単純に作るべきである」

これだけだと…分からない方が多いと思いますので説明を加えていきます。

「自然は簡単な原理の上に成り立っているものの、それを考えるとき自分が出来うる限り簡単に考えるべきであり、安易に妥協して単に簡単に考えることを真似してもいい結果は出ませんよ」ということを言いたいんでしょう。つまり徹底した思考が重要であるということをアインシュタインは話したいのでしょうね。出来るだけ考え…必要のない部分を排除していく。但し、この様に作られた考えには美しさがあります。理論を作った本人のゴリ押し的な部分の汚いと感じる考えは間違っている!ということになります。

殆どの人の生活の大部分は他人との協調と言う意味では妥協して生活せざるをえません。でも大切なことまで妥協することがあるのでしょうか? 自分にとって最も大切なことを見つけ決して妥協しない部分も必要なのかも知れません。その妥協しない部分が自分という個性なのではと感じます。周りを見渡して周りと同じことをやっていて安心できる時代から、自己を表現する時代がもうすぐやってくるでしょう。そんな時代に乗り遅れないように人の意見に左右されず、自分の個性を利用して世の中の一員として世の中に貢献することが重要に違いありません。

「横断歩道、赤でもみんなで渡れば怖くない」なんて感じで研究をしている研究者が多くありませんか? 「人がある考えを出したら、その考えを単に延長するだけ‥」なんていう研究者が多いのに失望します。徹底的に自分の個性を応用して考えてみる必要性を理解することが重要です。自分の個性は、この世の中で自分一人しか持っていないものです。もし、そうなら、個性を使えば人が出来ない研究が出来ると言うことです。「自然の単純さを追い求めるときも、安易に妥協して人の延長を行く」のではなく、自分の個性を使って、徹底的に単純さを求めることの重要性をアインシュタインは話していると感じます。それが新天地を開拓できる研究になると信じます。

ーーーーーー
ここまで来ると難しいと感じる方が多いと思います。科学者としての医師の視点から難しいと思っているのらば…その医師の視点がずれている様に思います。ここいら辺は医師の判断にお任せして、患者さんへの視点としてお話を追加します。

ーーーーーー

nature.jpg


次は、例え話ですよね…キリストがした様に。。。
ある人が自分の意見を言います。それを他人が賛同してくれるかどうか?は「美しさ」にあります。他人が納得出来るということは…その中に美しさがあり自然に適合している部分があります。この様な意見は賛同してくれる人が多くなりますし、その考え方が残ります。

一方では…ゴリ押しの意見では「美しさ」が削がれています。この考えだと、他人が同意してくれることは少なくなります。それは自然の考え方からズレているからです。

ズレている考え方を力尽くで通しても淘汰されていきます。一時的には賛同を得られるかも知れませんが…いずれ、その考え方は無くなっていきます。それは自然の美から逸脱し「美しくない」からです。

自分のワガママでは…自分の意見は残りません。
自然の美を持っている考え方は正解であり、世の中を動かす力になって行くのだ!と思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
クリックして頂くと励みになります。クリックして頂けたら嬉しいです。

PS:好きだなぁ〜この歌!
  沖縄に行ったときに…島の踊りを見ました。
  本州での踊りは…手を上に上げて天を仰ぐのが一般的です。
  でも沖縄の踊りは手を下に下げて地に向けるんです。
  沖縄は大陸の一部の精神を持っています。
  この土地は日本に取ってとても大切な土地だと感じました。

PS2:細い女性の患者さんが少し太ってきたのが嬉しかったな。
  これで結婚も出産もできるよな。良かったよね…ホント。

posted by 杉幹雄 at 05:41 | Comment(0) | 医学理論形成

2019年12月29日

人間の生きる目的とは?

moji.JPG

この写真は門司港駅です。三井娯楽部の近くにある駅です。
アインシュタインに触れてみたかったんです。

日本にアインシュタインが宿泊した三井娯楽部が移転して
門司港駅近くに再建されています。

自分が陰陽を達観(観ることに達すること)した時に…
「こんな人っていないのかな?」と思い、
国会図書館でアインシュタインの本を初めて読みました。
(陰陽を達観出来ると…目に見えない世の仕組みが分かります)

その文章を読んで…涙しか流れて来ませんでした。
アインシュタインは科学者としては成功していますが…
その人生は大変な困難を伴った人生でした。

その中でも彼は自分の考えを残そうとしたことに
感極まりました。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

tenpu.jpeg

この方は中村天風と言って…財界人に大きな影響を与えた人です。
結核にかかり、日本では死を待つだけだったことから…
船に乗りイギリスに渡り、病気を治そうした人です。

ここで奇妙な巡り合わせがありました。
イギリスでの治療の限界を実感し帰国する時のこと
インドに着いた時に…ヨガの先哲に出会ったことです。
「君は今、胸の病気で故郷に屍を埋めようとしてる。」
達観(観ること)ができる人に出会ったことになります。

中村天風は、その人に付いて修行を重ね病気を克服します。

「君のすべきことは何かね?」とヨガの先哲に言われ
「私のすべきことは世の中のために貢献することです」と。

そのことが分かってからは病気は消退していきます。
「医学ではなく、如何に精神が大切なのか!」ということになります。

世の中に尽くすことが最終的に重要なことだと感じています。

daimon2019.png

逆に医師には…DoctorXの様な考えが必要だと思います。

ーーー
川の水が流れるように…
基本手技を反復し、美しい最終術野をつくる。
それが理想の手術。

そして一番大事なのは…
どんなに厳しいオペでも
決して患者を見捨てないこと。
ーーー

内科的に考えるならば…

ーーー
川の水が流れるように…
基本手技を反復し、美しい全身の病態イメージをつくる。
それが理想の診療と治療。

そして一番大事なのは…
どんなに厳しい治療でも
決して患者を見捨てないこと。
ーーー

自分が研修医だった頃に先輩の医師から言われたこと。
「医師が諦めれば…病態は悪くなる。」と。

また「美しい」と感じることは自然に適合していることで
理論形成でも内科診療でも「これが美しい」と感じる様な視点が
自然に適合して考え方が合っていることになります。

加えて「全身の病態イメージ」というのは…

高血圧ならば血圧しか測定してないのは、どうかな?と。
血圧が上がることも全身でしていることなので…

また胃が悪いと訴える患者さんに対して
内視鏡をして問題なく制酸剤のみを与えていたらどうかな?と。
胃と腸は繋がっている訳だから、腸が悪ければ胃に症状がでる。
胃腸科を標榜しているならば、その程度診断できないと…なぁ。

全身を診なくては本来の診療は成り立たないことになる。

しかしながら医学部では「全身を捉える考え方」を教えていない。
この部分を来年末までに理論的解析によって提示していきます。
今はWordPressでサイトの基本部分を構築しています。

来年も自分に負けない様な治療や研究を進めて行きたいと思います。
未来の医療への展開については、新しいサイトにて説明します。

今年の最後のブログです、読んで頂いた皆さんに感謝しています。
ありがとうございます。(≧▽≦)

PS:同じ動画で申し訳ありませんが、
  この曲が好きですので…ことし最後の曲としてアップします。

posted by 杉幹雄 at 11:32 | Comment(0) | 人間

2019年12月08日

構造安定性と病気

kouzouantei.png

ん〜〜〜
医者でありながらも、この様な本を沢山読みました。
それは…本当の病気の姿を知りたかったからです。

この写真の人は
ルネ・トム(仏: René F. Thom, 1923年9月2日 - 2002年10月25日)と言う人で
フランスの数学者です。専門はトポロジー。カタストロフ理論の創始者です。
ウィキペディアより

このトムが興味を示したトポロジーとカタストロフィに関しては…
体内臓器の運動や人間の身体の成り立ち、病気への視点に対して重要な理論で…
今後の医学の発展の基礎になって行くと思われてなりません。


CCF_einstein.jpg

この写真はアインシュタインが日本に訪れた時を説明する展覧会での本の表紙です。
自分に取ってのアインシュタインは…最も敬愛する科学者です。
東洋哲学的にはアインシュタインは「陰陽の巨匠」です。

彼(アインシュタイン)の素朴な疑問…
「光より早い宇宙船に乗っていたら光はどの様に見えるんだろう?」
こんな汚れない子供の様な視点が大きな発見を生んでいくことになります。

時間と空間という巨大な運動体の中で如何に構造安定性を保つか?
ここが人体が生きることへの意味の原点に他なりません。
もちろん、病気が起きるメカニズムが依存している運動です。

この様に病気の数理的解明の基盤が出来上がっています。
この様な考えをどの様に利用し次世代の医学の発展につなげるか?
これが未来の医学への大きな鍵になって行くと思います。

身体の構造安定性と病気とは密接な関係があるに違いありません。
病気は身体を安定させるために起きる…生きるために起きる現象だと考えます。
この様な「病気を肯定する考え方」が今後の医学を左右します。

実は…そんな考え方と東洋医学の考え方が近いんですよね。
だから、江戸時代の医学は、当時の世界最高レベルだったに違いありません。
この考え方を捨てて…現代医学の視点だけを追うのは、どうかな?と。
日本という国は、それだけ重要な物を持っている世界に取って貴重な国です。

日本の特徴は…中医学の様に次々に付け加えない。
不要なものを排除して、必要な物のみを残すことが出来る国です。
二千年前の傷寒論が残っている様に重要な部分を、そのまま残す力を持っている国です。

Doctor-Xにはなれないけれど…Doctor-Z 程度にはなりたいよねぃ〜(^0^)。
ここまで来ると研究者なんだけど、医者は臨床が出来ないとなぁ〜。
てな訳で…研究を残そうと思いながらも、今は一介の開業医ですよねぇ。
ただ、研究者としての視点は臨床をしてても同じなんですよね。うん(^_^)

PS:「私…失敗しないので」かぁ…(笑)

posted by 杉幹雄 at 17:50 | Comment(0) | 病気

2019年11月22日

東洋医学的なイレウスの視点

cyohesoku.jpg

まずは現代医学でのイレウスの視点です。
イレウスは腸閉塞なので、内科的治療は3つになります。

一つ目は「胃管」を入れて胃腸内の減圧を図る。
二つ目は「浣腸」をして胃腸内の減圧を図る。
三つ目は「絶食」させて点滴治療をして新たな胃腸内の増圧を避ける。

これで症状が改善しないならば…外科適応になるのが普通です。

ーーーーーー
胃癌の手術をしてからイレウスを6回繰り返している、と。
遠方からの患者さんが受診されました。

内科的な治療を4回、外科的な治療が2回で、
術後、計6回のイレウス治療で入院されています。

「このイレウスをどうにかならないか?」と
地方から1時間以上の交通機関を使って来院されました。
ーーーーーー

実際には自分にも十二指腸潰瘍の術後に
イレウスを何度も起こしています。

でも…自分には入院歴はありません、脱走歴はあります(笑)。
だってぇ…その病院にいても治らないか、手術じゃなぁ。
脱走する他、ないよなぁ。

その時には
鍼の師匠もいて下さり、鍼だけでイレウスを治療して下さいました。
(残念ですが、鍼の恩師は今は亡くなってしまっています)

ただし、鍼治療に関して注意しなくてはならないこともあります。
鍼治療の世界は体表面の気の流れが分かる先生もいれば…
体表面の気の流れが分からないで穴だけに鍼を打っている先生もいます。
鍼治療が出来たころには「穴(ツボ)」なんかはなかったのでは?
鍼灸師ほど実力が問われる医療はないと思います。

現代医学の視点からすると違和感ありますよね。
現代医学は病名を決まれば治療法が決まるのですから。

一方では…鍼だけで治ってしまうのに驚きを隠せないのも事実です。
そんなことから「どうしてイレウスになるのか?」を何度も考えました。

これは表の気の流れが大きなウエイトを占めています。
腸の蠕動運動は…腸だけで行われているものではありません。
体表の気の流れが悪くなれば、腸の蠕動運動も低下します。
これが意味することは「人間は全身で生きている!」ということです。

と、すれば…
表の気の流れを良くすることが治療の一つになります。
次に現代医学では「イレウス=大建中湯」の公式が成り立っている様ですが
自分が本気でイレウスを漢方治療するときには大建中湯は使いません。

(ここに投与した漢方薬の名前を書かないのは…
 患者さんにより漢方治療も異なるからです。)

漢方薬に病名投与の公式はなく…
如何に身体を見つめて、適切な漢方薬を投与するかに他なりません。

折角、遠方から受診されている患者さんなので
上手く治療をして行かれれば!と思われてなりません。

PS:今の医学に少しでも貢献できればと思いもあります。
  研修会でも開こうかな???
      「笑顔を見せることは大切だよね…うん(^_^)」。


posted by 杉幹雄 at 22:34 | Comment(0) | イレウス

2019年11月17日

病気の運動は難しく考えるほど難しくなる

douninngyou01.jpg
東京国立博物館より 鍼灸練習用の「銅人形」

今日は鍼灸師さんのご主人の身体の調子が悪いとのことで
来院された患者さんを診ての感想から記事にします。

この記事は鍼灸師さん用になるのかな?
医師が読んでも…病気の違った見方を見つける切欠にはなると思います。
患者さんには鍼治療の意味が分かるのでは?と思います。

鍼灸用の「銅人形」は…
経絡や穴(つぼ)の位置を把握する教育道具として使われてきました。

目を隠して、銅人形を触り穴の位置を正確に探す道具です。

この銅人形を作ったのは…おそらく…
「後世に鍼治療を繋げること」を目標に制作された?と
自分個人的には考えています。。。

鍼治療の根幹は体表面の気の流れを良くする治療です。
気の停滞部位に鍼を刺すと、気の流れが確認出来ます。

この様な事実から考えると…
銅人形を作った人は、体表面の気の流れを感じられる人です。

人間の世界が物質により豊かになるに従い…
本来持っている人間の天性の感性を失ってきています。
それを分かって…銅人形を作り上げたのでしょう。

鍼治療の根幹に関しては…経絡も穴もほぼ関係ありません。
気の流れをつける治療ですので、気の停滞部位を把握できれば
そこに鍼を打つだけで身体は良くなります。

難しいことはないのでは?
言葉を発しない身体と、赤ん坊の時の様な無為の心で対面し、
その病状を出している真意を把握すること。
そこには経験や知識は邪魔です。。。

身体との対面は、何の知識も要求されず
ありのままの姿を赤ん坊の時の視点で見つめることに尽きます。
そこで気づいたことに知識や経験を合わせていく。

そんな視点で身体を見つめると…
新しい医学に繋がり、日本が先導する新しい医学が作れるに違いない!
そんなことを思います。
うん(^_^) うん(^_^)

PS:シルクロードを聞くときに中国の医師の姿が浮かびます。
鍼や漢方薬の薬草を担いで患者さんの家までの道を歩いている医師の姿。
とても…医師の本来の姿ですよね。


posted by 杉幹雄 at 09:09 | Comment(0) | 東洋医学

2019年11月13日

分かって欲しい2つの胃腸炎診断

icyouen.jpg

胃が悪い!と診療しに来ても、二つの場合があること。
これを消化器内科を専門としている医師に説明したいな。

ーーーーー
胃が調子わるいので…胃腸科に通っていました。
腹部の診察した医師からは…
「おかしい、お腹が張っている
 悪い病気かも?」とか言われた、と自分の診療を受けに来ました。

患者さんからは…
「この状態で2ヶ月、状態がなおらない」とか???
ーーーーー

診察して…溜息〜〜〜(´ヘ`;)ハァ
胃腸炎は2種類あると分かる医師は少ないのかも知れない。

1)腸炎を基盤とする胃腸炎
2)胃炎を基盤とする胃腸炎

この2種類があることになります。
胃と腸はつながっているから、どちらが悪くても同じような症状を出すんだよね。

この患者さんは胃が悪いと診断され胃薬だけを出されていた。
でも、これは腸炎を基盤とする病態なので、胃腸炎として治療する必要がある。
そんな治療をすると…直ぐに症状が取れていく。

「学校で教えられなかった!」ではなくて自分で気付くことだよなぁ。
 臨床は気づくことですよね。

と、言う自分も未熟です。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
自分も診療が終わってから検査のデータが来て…
検査結果とにらめっこです。悪ければ患者さんに連絡します。
診療が8時に終われば、患者さんに連絡するのは10時前になります。
でも、患者さんは…その連絡を喜んで受け入れて下さいます。

それは自分が未熟なのを出来るだけなくそうとしているだけです。


docfigure.png

DoctorXかぁ…正しいことを言っている部分も多いよなぁ。
パソコン診断より、人間の感覚の方が正しい。

1人1人の患者さんを大切に診ながら
難しい患者さんには…どうにか病気への逃げ道を見つけるのが自分の姿です。

自分は完璧ではありませんので…
患者さんが良くなれば、患者さんと同じ様に嬉しいです。
患者さんが苦しんでいれば、患者さんと同じ様に苦しいです。

でも、その中から患者さんに一筋の光を当てることの大切さ。
その一筋の光を見つけることが医師の仕事だと思いながら診察しています。

受診している患者さんには笑顔で生活できる姿を望んでいます。
うん(^_^) うん(^_^)

PS:DoctorXのオーケストラバージョンってあるんですね。
  素敵…ですよねぇ〜うん(^_^)

posted by 杉幹雄 at 20:04 | Comment(0) | 病気

2019年10月27日

じんま疹やアトピーから診た身体全体の運動性とは?

atopy.jpg

久しぶりのブログの更新となります。m(__)mスマン!!

今回は患者さんのことを見つめながら「アトピー」を考えます。
アトピーを皮膚科領域のみの病気と診ることは無理があると思います。

それは…アトピーの根源的な原因は…
内臓のうっ血にあり、そのうっ血を逃がすために皮膚に症状を起こしています。

抗アレルギー剤やステロイド軟膏では無理があります。

皮膚は皮膚だけで自立性を持っている臓器ではありません。
身体は全身の安定性を維持しようとします。
これからすれば…皮膚と内臓との関係を考える必要があります。

昨日受診したお子さんの身体は酷いものです。
身体の全面から診ると…季肋部から右と左に色素沈着があります。
背面から診ると…臍部の部分と関連する背部に色素沈着があります。

これは内臓の色々な部分に、うっ血が強いことを意味しています。

皮膚病でも皮膚だけで症状を起こすわけではありません。
内臓との相対的な運動により…その様な症状を示していることになります。

抗アレルギー剤とステロイド軟膏で、病気の噴火口を塞ごうとしても
内臓からのうっ血を発散させる意味において皮膚に症状がでます。

現代医学は部分的には…とても良い医学です。
一方…遺伝子を解明しても、遺伝子から身体を一つの運動体として
成り立つことを実証していませんし…今後も不可能だと思います。

それはマクロの運動とミクロの運動が異なるからです。
遺伝子であるミクロの運動がマクロを全てコントロールできるか?と言えば出来ません。
マクロの運動(臓器のバランス)を維持することからミクロの運動(遺伝子や代謝)も
コントロールすることができます。。。

つまりマクロによりミクロが変化させることも出来ることになります。
具体的には、マクロである臓器のアンバランス性により、
ミクロである遺伝子の変化をさせることが出来ます。

このことから言えば…今の現代医学でも、まだ未熟です。
これから、新しい視点を持った医学が作られていくのでは?と思います。

そんな部分に光を当て、病気の本質を示唆しなくては!と
いつも考えています。。。

病気解明の新しいサイトを作り発信して行く予定です。
考えは出来上がっていますので…後は皆さんに分かる説明をして行きたい!と
思っています。

PS: やっぱりZardの「揺れる想い」だよねぇ。

posted by 杉幹雄 at 05:27 | Comment(0) | アトピー