すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年06月20日

For Foreign MDs

mazui.jpg

外国からのアクセスが多い状態が続いています。
外国でも、どうにかして薬を作りたいのだと思うんだよなぁ。
外国の人に日本の哲学を教えた上の漢方薬説明だから…多難だよなぁ。
だけど頑張る他、ないよなぁ。今日も「身体を動かす脂はなくなっている様な?」(T.T)

Before explaining the my clinic site condition of many accessing foreign countories, I explained this condition to Japanese person by Japanese by using the sentense above. Foreinger accesses to My medical clinic site are too high for several months, and this may indicate that foreign medicians will have known no medical treatment of Long Covid-19. This treatments are not too difficult if you have already known the treatment metods of Japanese Harbal Medicine. 

I do think that I expire to explain various treatment methods of Japanese Harbal Medicine; however, I am not accustomed to write English because I did not write English about for ten years. But, I will make effort to write English as much as possible. Please wait for several months.

あぁ〜まずいよなぁ。
日本人向けのクリニックサイトでありながら外国からのアクセスが多いのは、ね。

Japanese sentense above explains my heart, because foreign accesses of my clinic site are too high. I thought this phenomenon will be depended on the darkness of Long Covid-19. 

1位:米国
2位:ドイツ
3位:日本
4位:ベルギー
5位:日本
6位:日本
7位:ロシア
8位:スエーデン
9位:ルーマニア
10位:ドイツ

現状では、漢方医学の基本説明の英語で書いたページを作っています。
コロナ後遺症に関しては、病気の漢方医学的な姿を知る必要があるからです。
世界の人に知らせないと!なぁ。

なんで英語なの?とか言われそうですが…英語が一番通用するから仕方ないなぁ。
言葉は心だから…丁寧に書けば必ず伝わると思っています。
でも…開業して10年ほど精密な英語は書いてないんだよなぁ。。。

The Japanese explanation above says that I continue to write the basis of Japanese Harbal Medicine by English, because without not knowing the basis of Japanese Harbal Medicine, no medical doctor treats Long COVID-19. So I do storongly hope to explain basic Japanese medical treatments to foreign medicians.

I will work toward to this English explanation of the solution as much as possible, and almost everyday. To make the explanation of basic treatment methods, I hope to coorperate with various medicians in various countories.
Please give me time just for several months. Thank you.

PS:今回は日本語と英語になってしまいました。
      今の自分のすべきことは…これなんだろうなぁ。
      This Video is "We are the world." I hope all medical doctors to form an alliance of convenience. 

posted by 杉幹雄 at 11:12 | Comment(0) | 医療

2021年06月16日

脂を求めて…(^0^)

abura.jpeg

来たぁ〜(^^)v
申し訳ありませんが…色々なことが起こるものだから「脂が足りない!」
と言うわけで、言問橋たもとの「ラーメン弁慶」に行ってきました。
上の写真は「背脂てんこ盛りのチャーシュー麺」ですね(笑)。

「患者さんに歩いた方が良いよ!」とか言っているので
 自分も景色を見ながら…歩いて行ってきました。

弁慶に行くには、隅田公園から言問橋を渡って行きます。
隅田公園入り口に向かうと…高架橋の下がお店になっているんだな。

sumidakoueniriguchi.jpeg
右手が隅田公園入り口で、左手が東武鉄道の高架橋の下です。
以前にはなかった新しいお店が並んでいるんですねぇ。(^^)/

隅田公園を歩いて言問橋に向かっていくと神社があります。
牛島神社ですよね。クリニックも牛島神社の管轄に入っていた様な?

ushijimajinja.jpeg
自分は…意外に信心深い?かも? 
小銭入れをみると…賽銭の小銭がないんだなぁ。(T.T)
ご縁がありますように!と5円を。少なくて…ごめんなさい。

そして言問橋に入っていきます。
kototoibashi.jpeg

実はこの橋には悲しい歴史があります。
東京大空襲の日にB29から放たれた焼夷弾から逃れるために
両岸から橋に殺到した人は橋の上で身動きがとれなくなりました。
しかし、巨大な炎は橋を跨ぐ程で橋の上は火の海になってしまい
この橋の上で数千人が亡くなったとされています。

kototoibashiblood.jpeg

これは橋のたもとにある橋脚部分ですよね。
何故、黒いか? これは人の血が焼けた後の色です。
戦争から80年近くになるのかも知れませんが、
戦後の焼け跡が残っている場所も多くありますね。

と…ラーメンを食べたら休憩したいなぁ…
と言うわけで隅田公園で休憩を、ば。
hato1.jpeg
餌をあげる人がいるからか? 
ベンチに座っていると鳩がよってきます。鳩にも鳩の命があるよね。

と、もう一羽の鳩が現れ…あら?
hato2.jpeg
上がオスで下がメスなのでしょう。
微笑ましいよね。。。
人間より鳩の方が、ある意味、尊いのかな?と感じたりします。

PS:ジブリが聞きたいなぁ…と言うわけで
  となりのトトロにしてみました。

posted by 杉幹雄 at 19:33 | Comment(0) | 日記

2021年06月12日

コロナワクチン接種後に亡くなった患者さんに…

sky20210612.jpg

ん〜〜〜
真っ暗なスカイツリーやなぁ…(・o・)

月初は保険請求の事務仕事があって…
先週の日曜日から休みがありませんでした。
休診の日曜日と水曜日で保険請求の確認を行っていました。

あとは少しショックなこともあって
ブログ更新をする気持ちにもなりませんでした。

実は…接種会場でコロナワクチン接種の後に体調を崩され
入院先で患者さんが亡くなったとの連絡が入っていました。
持病もなく、風邪などの時に受診する程度の患者さんでした。
ご家族にしてみれば「納得が行かないのでは?」と感じます。

自分の医院程度の患者さんの数でも…この調子ですので
全ての情報を開示すれば、報道とは違う結果が出てくるのでは?
そんな印象を持ったりします。間違っていれば良いのですが。。。

オリンピックのため、感染を防ぐためにワクチン接種は必要ですが
「情報は透明にして伝えないと駄目なのではないか?」と考え…
クリニックで起きている現状のことを書くことにしました。

また、この事例は「ワクチン接種後の有害事象」として
懸命な治療をして下った病院側で国への報告がなされています。
管内保健所もこのことを把握しているとのことです。

私のクリニックで…
ファイザー製のコロナワクチン接種を行っていないのは、最初は成り行きでした。
最初には「冷凍庫を持っている病院から医院にワクチンを運ぶのが難しい」とのことでした。
そのうちにワクチン接種のクリニック名の発表があり…「乗り遅れたかな?」とか?
そんな印象もありましたが…患者さんがワクチン接種で亡くなったことを知って
私のクリニックでファイザー製のワクチンの接種をすることは出来ない気持ちです。

ただ…ファイザー製のワクチン接種後に
副反応や副作用が出た場合には…
医師として出来る限り治療をして行くことは変わりありません。

自分がワクチン接種を受けた感覚では「強いワクチンだな」という感覚でした。
頭は痛いし怠いし…この様な強い症状のワクチンは初めてでした。

政府の姿勢もチグハグさを感じざるを得ませんし…国民の命を守っているのでしょうか?
多くの人を助けるために少数の人を犠牲にするのならば戦争と同じです。
加えて…コロナワクチン接種後の死亡例において国が因果関係を認めた例は数件だけでは?

vacccine].jpg

ファイザー製のコロナワクチンの「安全性」は…
インフルエンザワクチンと比べればかなり低いと考えざるを得ません。

次第に真実が見えてくると思いますので…世の中の動静を観察して行きましょう。

コロナワクチン接種に関しては…ご自分の感覚に従って下さい。
90%以上の方は大きな症状は出ません。
亡くなるような大きな病状に発展する方は少数ですが、そのことがあるのも事実です。
この様なリスクがあることを考えた上でワクチン接種を決めて下さい。

この記事はコロナワクチン接種後の死亡例について述べていますが…
コロナワクチン接種を否定しているものではありません。
任意接種ですので…最後はご自分で判断する以外にないのが本当の所なのかな?
そんな感覚があります。

PS:自分はジブリの「君をのせて」が好きです。
  九大の合唱部も綺麗に歌っていますが、自分は子供達の声が好きです。
  単に個人的に好きなだけですね。亡くなった患者さんに捧げます。

posted by 杉幹雄 at 22:25 | Comment(0) | コロナ

2021年06月02日

日曜の後楽園…寂しげだなぁ

korakuen.jpg
日曜日の後楽園ゆうえんちです。
ゴンドラは回っているんだけど…人がいないよね。

suidobashi.jpg
水道橋前で左に曲がろうと前を見ると。
東京歯科大かぁ…誰かの息子君が通っている様な(笑)。
駅から近くて良い場所にあるよなぁ。。。

話しは飛んで…クリニックサイトの話しへ。

今のクリニックのサイトアクセス…こんな感じですね。
朝にアクセスログを見ると外国からのアクセスが分かり易いんです。
外国は日本と地球の反対にあるので朝に見ると分かりやすいんですよね。

foreignaccess.jpg

1位:United Kingdom(英国)
2位:France(フランス)
3位:Japan(日本)
4位:Ukraine(ウクライナ)
5位:Japan(日本)
6位:United States(米国)
7位:Japan(日本)
8位:Japan(日本)
9位:United States(米国)
10位:China(中国)

こんな感じになっています。
世界中で困っているんだよなぁ…とか感じます。
そんな訳で新型コロナウイルスへの
漢方医学や理論物理視点の英語説明を書き始めました。

fmd.png

お知らせに「英語説明の予告」をアップロードしました。
今日は出来るだけ…英語を書いていこうと思います。
今は、少しでも色々な医師に新しい視点を見せないとなぁ!
良い医学に発展していく様に願って!

PS:結構、昔になるのかな? 懐かしいなぁ。
「Hair」といミュージカルがありました。
ベトナム戦争反戦を主題にしている様なミュージカルでした。
このミュージカルを題材にしてヤクルトホールを借りて仲間と上演…
不思議かも知れませんが…立ち見まででる満員だったなぁ。
あ? まぁ…そんな時代もありましたっけ(笑)。

クリニックのブログでありながらも…
いつも音楽と一緒なのは、
ライブやミュージカルの素晴らしさを感じて頂きたいことと
音楽に助けられたことが多かったからかも、(^_-)ネッ?

下のミュージカルの画像の…
中盤の女性の歌声をライブで聞いていたら感動だろうなぁ〜。
(^0^)(^0^)(^0^)

ブロードウェイのキャッツの
「Memory」を歌った女優さんの声を聞いて愕然としたものです。

とにかく…
英語を書かなくっちゃなぁ。。。頑張ります!

posted by 杉幹雄 at 16:27 | Comment(0) | 日記

2021年05月26日

クリニックサイトのアクセスが可笑しな状況に?

access.jpg
画像が小さくて見にくいですが…こんなアクセスの状況になっています。
どういう訳だが…世界からのアクセスが多い状態になっています。
(?_?)(?_?)(?_?)

1位:United States(米国)
2位:Russian Federation(ロシア)
3位:United Kingdom(英国)
4位:Japan(日本)
5位:Ukraine(ウクライナ)
6位:Japan(日本)
7位:Sweden(スエーデン)
8位:Japan(日本)
9位:United States(米国)
10位:Netherlands(オランダ)

ん〜〜〜こんな状態になっています。
多分、コロナ関係のページが増えていることが原因なのかも?

現状は漢方的な医学観を基盤とした病気への視点を追加しています。
今回は「免疫への視点」を書いてみました。

次は何を書こうかな? 
理論物理と理論数学を基盤に置こうかなぁ?
と、すれば…「空間安定性:生と死」かな?
さぁ〜どうなることやら???

基本的に現代医学は対症療法が優れています。
一方で…根治治療には疑問点が多いと感じています。
これは現代医学が生や死の根源の意味を鑑みていないからです。

遺伝子情報が分かっても…
遺伝子情報から人間を再現することが出来ていません。

ここいら辺が大きな問題点ですので…
少しずつ医療者向けの記事をクリニックのサイトに書いて行きます。

PS:今回はFameのダンスシーンです。
   自分は…こんな無名なダンサーが懸命に努力する姿が好きです。


Street of Fireも素敵ですよね。
今はAmazon Primeに入っていれば見ることが出来ます。
自分は…どういう訳だか?
音楽やフォーメーションダンスが好きなんですよね。

posted by 杉幹雄 at 06:54 | Comment(0) | 日記

2021年05月18日

羽田空港を眺めて…息抜きを、ば。

IMG_2355.jpg
これが城南島からみた羽田空港ですよね。
何故か? 右の方に沢山の飛行機が。。。

IMG_2368b.jpg
あらぁ〜(´ヘ`;)ハァ
これが羽田空港の現状ですよね。

IMG_2369.jpg
たまに飛行機が飛んでいきます。
B737みたいですよね。うん(^_^)

と、一方の地上では。
やたら…トレーラーが多いんだよなぁ。
IMG_2371.jpg

こんなトレーラーのお陰で…
今の生活が成り立っているのでしょう。

今の自分は…自由な時間があると出来るだけ外に出ています。
さすがに、人混みの中には行きませんが…
湾岸などは、昔から好きな場所だったので良く行きます。

今は非常事態宣言で出歩くのもマスクが必需 (T.T)。
自分はマスクが嫌いなので、車で人が少ない所に行きます。
湾岸は車がないとアクセスが難しいので人は少ないですよね。

そして…大きく深呼吸!
それが息抜きの時間なのかも知れませんよね。
(^_-)ネッ

ブログを見にいらっしゃる皆さんにも息抜きの時間を!
自宅に籠もっていても仕方ないじゃん。
是非…今しか得られない時間を活用して下さい、(^_-)ネッ。

PS:Foot Looseを聞いてみてみたくなりました。
     やっぱり良いよね。



このフットルースは旧丸の内ピカデリー最後の映画です。
日劇裏に丸の内ピカデリーがあり昭和59年に上映されました。
それ以後は今の新しいビルに立て直しをされました。

footlose-picadelly.jpg

この映画を見に丸の内ピカデリーに行ったことを思い出します。
当時は…コンサート・ミュージック・映画などよく行きました。
これは、その様なことが好きだった友達がいたからですよねぇ〜(笑)。

FootLooseはリバイバルされているんですね。。。

アメリカはプロのダンサーや歌手の層が厚くて…
ブロードウェイのミュージカル主役の声量などは…一般の歌手を越えています。
昔、世界で一箇所行きたい所があって夢は叶えられました「BroadWay」です。
キャッツの主演女優の「Memory」の声量を聞いて涙しました。

上のこのFootLooseのダンサーは…プロですよね。上手だよねぇ。
層が厚いことを物語っていると思いますよねぇ。

ボニータイラーのコンサートも行きたかったなぁ。
ライブって素敵だよね。コロナなんかに負けてちゃ駄目なんじゃない?

posted by 杉幹雄 at 22:01 | Comment(0) | 日記

2021年05月09日

スカイツリー周辺の夜景…

IMG_2349.jpg
スカイツリー脇の川の夜景

この川も綺麗になりました。
スカイツリーが出来る前は…カミソリ堤防でしたっけ。

IMG_2352.jpg
反対から眺めると、スカイツリーが見えます。

身近にも…こんな景色が見られるようになったことが驚きです。
オリンピック前に整備したかったのでしょう。

ただ…この景色を日本を訪れた外国の方が見る時が来ますよね。
楽しみに取っておくと良いと思うんだよな。
焦らなくても、そんな時がやってきます。

そんなことを感じます。
その時まで…負けないで欲しいと思いますよね。
うん(^_^)

PS: 「コロナ肺炎理論的解析」をアップロードしています。
     宜しかったらご覧になって下さい。

posted by 杉幹雄 at 18:34 | Comment(0) | 日記