2022年05月12日

飛行機雲かぁ。。。

IMG_2610.jpg

あ〜飛行機雲かぁ。
綺麗だなぁ〜〜〜。うん!(^^)

そんなとき…
荒井由実(松任谷由実)の曲を思い出します。

「ひこうき雲」

白い坂道が、空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は昇っていく
何も恐れない そして舞い上がる

空に憧れて空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲

高いあの窓であの子は死ぬ前も
空を見ていたの 今はわからない
ほかの人にはわからない
あまりにも若すぎたと
ただ思うだけ けれどしあわせ

空に憧れて空をかけていく
あの子の命はひこうき雲


学生の時に、この歌を聴いて
「そんな命を助けられる医者になれたら良いな」とか、ね。
そんなことを思いました。

そんな気持ちを忘れないで
これから先も医療をしていこうと思います。

病気の研究も20年程度は続けました。
病気の原因は3つ:炎症・変性・腫瘍に分けられて…
その理論的解析は終わっているんだけど…
余りにも現実の考えとかけ離れているので
丁寧に説明するのに時間がかかるんだろうなぁ。

そんなことを思います。。。
うん!(^^)

PS:なかなか更新できないので付け足します。
今回のオミクロン株は病毒性は低く、また後遺症の症状も弱めです。
自分はコロナ感染後遺症の患者さんを比較的多く診ている医師になるのでは?と
思いますが…デルタ株と比較して治療期間も短く比較的簡単に治って行きます。
今後は…コロナ感染に対して強く怖がる必要はないと思います。

posted by 杉幹雄 at 22:52 | Comment(0) | 医療

2022年04月20日

漫画家さんを目指そうとしている患者さんに!うん!(^^)

manga.png

体調が悪く…来院した患者さん。

漫画家を目指して会社を辞めて
漫画の専門学校に入ったんだけど…
将来の収入が不安で、とな。
o┤*´Д`*├o アァー

「自分の信じている道を進もうとしているんだから…
最初は、そこから収入が得られなくても別の収入源を確保すること」

そんなことを話しながらの診察でした。
(こんな人生相談の様なスタイルになるのが
 自分の診察になっちゃうんだよなぁ〜)

その後にプロの漫画家さんが診察にいらしたので聞いてみました。
そしたら「漫画をできるだけ書くことが大切」と話していました。
学校じゃないんですね。。。(・_・)......ン?

ご自分の信じている道を歩んで欲しい。
それが茨の道でも…歩んで欲しいと感じました。

頑張って! d(^-^)ネ!

PS:「よみぃ君」上手いなぁ。
こんな感じに人を感動させることが大切なんだろうね。
漫画も同じように思われてならないんだよねぇ。

じゃ〜自分の好きだった漫画っていうと
「ヤングジャンプ」って雑誌の中の漫画だったなぁ。
わたしの沖田君」だったかなぁ???
大学で回し読みしていました、とさ。(^^ )

posted by 杉幹雄 at 20:54 | Comment(0) | 人間…

2022年04月17日

感染温度と日本のコロナ感染状況

kansenondo.jpg

「感染温度」という言葉は…
 感染者の数を人口で割っている数値になります。

当然のことながら…
東京・名古屋・大阪・福岡などでの都市では高く
地方では低いのが一般的です。

それは、もちろん人口密度との兼ね合いもあります。

しかしながら、感染温度の差が大きいことは
これから地方の感染が強くなることを暗示しています。
熱は高い方か低い方へ移動し全体を一致させようとします。

都会と地方とで感染温度が近づかない限り、感染は終わりません。
今回のオミクロン株やその後の変異種がこの感染を担っている?
そんな感じを受けます。。。

第6波とは思えませんねぇ。

コロナウイルスは定着に向けて用意を済ませているようです。
後は季節性のインフルエンザの様になっていく姿なのだと思います。

「感染したくない!」という患者さんの声もありますが…
残念ながら「漏れなく感染する」のがコロナ感染だと感じます。

色々なウイルスと共生している人間の姿を忘れている。
それを思い起こさせてくれているのがコロナウイルスだとも思います。

ウイルスを敵視していても終わらない闘いです。
ウイルスの生存意義の必要性を認め…
その必要性を消すような医療にならないと、なぁ。
d(^-^)ネ!

PS:マイケル・ジャクソンのスリラーです。
ライブ…良かったよね。

posted by 杉幹雄 at 19:47 | Comment(0) | 医療

2022年03月09日

コロナ後遺症の音大の患者さんに…(^^ )

piano.png


いま…コロナ後遺症の治療をしている音大の学生さんがいます。
その学生さんに話したいことがあります。
今の身体の不調は時間とともに通り過ぎていきます。

診察室でも話したように…
自分もピアノを習い、発表会で弾いたことがあります。

確かに…音大ではクラッシックが中心となり
また、そのクラッシックを弾けることにより…
多くの音楽を弾けるようになると思います。

ただ…
人の心を感動させるピアニストになって頂きたいと願っています。

なんで人間が音階で感動するのか?ということ…
そんなことを考えたことがありますか???(^^ )

音階は不思議です。ミとファの半音、シとドも半音です。
他のド・レ・ミは1音で間に黒鍵があります。
ファ・ソ・ラ・シの間も1音で間に黒鍵があります。
でも…ミ・ファの間とシ・ドの間には半音なので黒鍵がありません。

これって…とても不思議なことだと思いませんか?
背骨の配列と似ているんですよね。頸椎:7本・胸椎:12本・腰椎:5本。
これって…ピアノの鍵盤とソックリです。。。
だから、身体が反応する音階にするようにピアノを作ったのでは?
うん!(^^) d(^-^)ネ!

一般の人はクラッシックは余り分かりません。
一方で…アニメソングなどは良く知っています。
ピアノで相手の心をつかむことは…クラッシックでもアニメソングでも構いません。
時と場合によって…使い分けて欲しい!と思います。
心を掴むピアニストが優秀だと、思えてなりません。

コロナ後遺症の治療を経て…人の心を揺さぶるようなピアニストになって欲しい。
そんなことを願っています。。。

早く…落ち着いてピアノの追試験で合格することを願っています。
もちろん、合格はスレスレでも人の心を掴むピアニストになってくださいね。
d(^-^)ネ!

PS:今日受診され、追試験は合格したとのことです。\(^_^)/ばんざーい
   ベダルを踏めなかった症状もだいぶ良くなり、良かったですね!
   新しい学年、楽しんでピアノを弾いて下さい。
   2022/03/25追記

posted by 杉幹雄 at 22:07 | Comment(0) | 医療

2022年02月18日

闘病で苦しんでいる方に…

toubyou.png

健康な人がある日、突然、体調を崩すこともあります。
健康な人生を送っていた方ほど、精神的な動揺が大きい様に感じます。

自分からすれば…それだけ幸せな人生だったんだろうなぁ〜とか?
そんなことを思いますよね。

自分は学生時代に「不治の病気」と宣告されました。
入院中の病室で泣きました。。。

そんな時に亡き母に電話をしましたが…
「私が必ず治してあげるから大丈夫!」と。

医者の言葉より…大きな意味合いのある言葉でしたっけ。

退院後の主治医は医学部の内科教授でした。
検査結果の波はあったのかも知れませんが…何も言わない人でした。
一方で…病状も次第に落ち着いてきました。

そんな時に…全国の実力試験の結果を、その先生に見せたんだよね。
全国で30番以内では…なかったかな???

そうしたら…
その先生に言われた言葉が…「おまえは医者になれ!」と。
自分の感覚では「はぁ? 嘘でしょ?」と言う感覚が大きかった様な。。。

そして一浪したら…歯学部や医学部に合格して…
医者になりました、とさ。

これからすれば、苦難に意味があることを感じるべきだと思うな。
今の苦しみに泣いていても仕方がないことを知るべきかな。
確かに…自分が入院していた時は沢山…泣きましたけど、ね。

自分の患者さんには苦難にも意味があることを理解して…
前向きに歩いて頂きたいと思っています。

アインシュタイン曰く「紙はサイコロを振らない」
苦しみも必然性の上になりたっていることを知るべきだと感じます。

PS: 「よみぃ君」の話題ばかりだけど…
  彼の生き方やピアノの音の独立性が強くて
  鋭いピアニストだと思うんだよなぁ。
  彼は立派だと思っちゃうんだよなぁ。

posted by 杉幹雄 at 22:32 | Comment(0) | 医療

2022年02月11日

東京:ピークアウト?

tokyo.20210.jpg
クリックで拡大します。

今週にはいりコロナ感染の増加率が1を切っています。
このことからピークアウトに入っていると言って良いと思います。

ただし…今回はオミクロン株の亜種が出ているため…
ある程度、感染者数は下がり、5月頃には急激に流行する可能性があります。

コロナ感染を撲滅することは…今まで見てきた通り無理でしょう。
全体に広がらないと…収束には移行しないと思われます。
それは…インフルエンザの初期の「スペイン風邪」と同じでは?
今から100年前の感染と変わりない事実に自然の偉大さを感じます。

ワクチン接種の本来の目的は集団免疫の形成ですが…
いつの間にか重傷化予防に変化していて…政治への不信感を感じます。
なぜ…ウイルス感染を受け入れるという視点に立てないのかですよね。
WHOが…とか言う前になぜ、感染状態とコロナ感染の病毒性を比較して
日本独自の視点に立てないないのか?を疑問に思います。

PS:自分はは感染症疑いであっても、これから刑務所に入る人でも診ます。
  ある患者さんが「これから服役をしなくてはいけないので好きなものを食べたい」と。
  「わかったよ…中性脂肪が上がらない薬を出しておくね」とか、そんな感じです。

  ただし…自分勝手で信頼関係が築けない方は診療をお断りすることもあります。
  「この漢方薬を下さい」とか言う患者さんもいますが…
  保険診療では必要な治療を要求されますので、当然…その様なご希望には応えられません。

  また医療はお互いの信頼関係ですので、それが崩れれば医療は成り立ちません。
  プラセボといい「乳糖という粉の砂糖」を病院勤務の時に良く出していました。
  信頼関係があれば…このお砂糖でも効くんだよね。
  だから信頼関係なくして医療はないよねぇ。仕方ないよね。

  しかしぃ…「よみぃ君」凄いよなぁ。感動しちゃうよね。。。

>
posted by 杉幹雄 at 19:48 | Comment(0) | 医療

2022年01月30日

東京:来週後半から再来週前半にピークアウト?

tokyo200126.jpg

クリックすると拡大します。

ん〜〜〜東京は…
来週後半から再来週前半にかけてピークアウト?かも?

先週の土曜日と今週の土曜日を比較すると
先週:11,227人 今週:17,433人 1.55倍で増加率は先週の0.6倍
来週の予想される増加率:1.55×0.6=0.93倍 かぁ。

ということは…
来週の土曜日は17,433×0.93=16,212人
そんな感じですね。。。

今回のオミクロン株に関してはインフルに近い症状で
普通の風邪の様な感じですので…臨床的に診断するのは不可能。
もういい加減に2類から5類にするのが妥当では?

ps:「よみぃ君」を追いかけています…(^^ )
   彼の連弾を見ていると相手の指先をみている。
   相手に合わせようとしているんだよね。
   普通の様に思われるかも知れませんが…
   相手の行動を見る人は減って
     相手を見ない…自分勝手な人が多い様に思いますよね。

posted by 杉幹雄 at 19:30 | Comment(0) | ウイルス