すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2011年11月24日

先生の医院…あがったりになるよ。。。

clinic.bmp

「医学のシンボル」が輝いて見えるとき

一人の患者さんに
「高血圧の薬をやめられるかも知れない…」
と、話したら、返ってきた言葉が
「先生の医院…あがったりになるよ」とか…
(^_^)v

別の患者さんに
「こんな沢山の薬じゃ…飲みきれない。薬を減らす。」
と、話したら、返ってきた言葉が
「先生…良い人なんだな」とか…
(×_×)

医学は病人を助けるために
涙の中から生まれた学問

それを守る医療が
医院の正しい姿だと感じます。

医学のシンボル…

聖書で人間を欺いたヘビが2匹
翼になり杖を支える

それが医学の姿に
他ならないと感じています。
posted by 杉幹雄 at 00:22 | Comment(0) | 講演用意

2011年11月19日

憎いものを抱きしめる…

byouki.jpg

病気と結婚って似ている。

結婚して幸せだと思う時も多い
でも、嫌だと思うことも多いもの。

そんなことを思いながらも
結婚生活を保とうとする。

身体があれば、色々な所へ行ける。
そんな幸せも感じることができる。

でも…病気になり人間を苦しめる。

そう…病気にかかったら
もはや、逃げることはできない。

本当に嫌いな病気を起した
身体を抱きしめなくては
生きては行けない感覚。

それが…
病気に打ち勝つ秘訣かも知れません。

でも、そんな感覚がある人って少ないんだな。。。
とか…思います。。。

結婚も病気も同じですが…
憎いものを抱きしめる感覚。

そんな感覚がある人って少数派だな
とか思います。

逃げられる生活を送っている人達は
幸せかも知れません。

そんな人達でも
逃げられなくなる時がきます。

そんなときには、嫌なものを抱きしめる
そんな感覚ってt大切だと思います。
posted by 杉幹雄 at 00:09 | Comment(1) | 病気

2011年11月16日

ミクロとマクロ

micromacro.bmp

ミクロとマクロについて。

こんな視線は
現代医学の問題点を解明する手がかりになります。

現代医学の考え方…
「それは遺伝子操作をすれば人間の身体をコントロールすることができる」

現代医学の場合は
そんな考えで病気を見つめています。

ですから現代医学でいう「生理」という学問を作りだし
体内の化学変化を追いかけて、
その化学変化を正常に戻すことによって病気を治そうとするのです。

もし、そんな考えが正しいのならば
殆どの病気を治す治療は出来ているはずでは?
と考えても良さそうです。

たとえば…
現代医学は糖尿病の高血糖を下げる治療法を持っています。

そんな治療法を持っている現代医学。

ミクロがマクロの全てをコントロール出来るのならば
糖尿病はこの世から消えているはずです。

でも糖尿病が減らないという現実。

これはミクロがマクロを完全にコントロール出来ない
そんな事実を表しているのに他なりません。。。

確かにミクロはマクロをコントロールできる一面を持っています。

でも…マクロにはミクロではコントロール不可能な
マクロの役割があると考えても良さそうなのです。

そんなマクロの役割とは…
「マクロの運動により身体のバランスを保ち
空間上での安定性を確保するということ…」
だと考えています。

こんな考えは東洋文明が生み出した漢方医学の考え方につながり
食養という食べ物で身体をコントロールする考えにもつながります。

そんな考え方によって
次世代の医学が作られると考えられるのです。。。

PS:今日はちょっとまじめかも知れません…ね。
(^_^)v
posted by 杉幹雄 at 00:28 | Comment(0) | 講演用意

2011年11月14日

冬の到来…

FS.jpg

今日もフライトシュミレータ…
なんて感じなんですが。。。

このコックピットはB747−400
ジャンボのコックビットになります。
とても整然としていて使いやすいコックピットです。

このゲームをやっていると
「冬が来たな…」と感じることができます。

FS01.jpg

コックピットの計器に目をやると分かります。
GSは対地速度で383ノット
TASは対気速度489ノット

上から下に向かう矢印は風の方向で
その下の数字 268/107
風の方角268度と風速107ノットです。

と、言うことは
この飛行機は羽田から福岡に向かっていることから
風速107ノット…
つまり約200キロの風に向かって
福岡へ向かっていることになります。

この風が冬の偏西風なんです。
ですから福岡から東京へ戻るときには
600ノットぐらいは出るはずです。

この600ノットの速度は
時速1100キロ程度になります。。。

もちろん…この気象条件は今日のものです。
気象状況をフライトシュミレータに導入するソフトを
使っていると、こんなことも出来ます。

もちろん、医院にいらっしゃる
患者さんに風邪が多くなることも
冬の到来を感じさせるものではありますね。
(^o^)/ハーイ
posted by 杉幹雄 at 22:52 | Comment(0) | FS

2011年11月13日

しばし…休憩を。。。

concorde01.jpg

明日は日曜日…というわけで
少し休憩を。。。

これは…フライトシュミレータという
飛行機のシュミレーターのソフトです。

旅客機の模擬操縦を楽しむことができます。
Y(^^)ピース!

今日は…RJTTよりRJFFまでのフライトをしてみようか?と。
RJTTは羽田空港で、RJFFは福岡空港です。。。

機材はコンコルドということにします。

concorde02.png

こんな感じのコックピットなのがコンコルドです。

羽田を離陸して15分
高度40000フィート
現在は名古屋上空までやってきました。。。

concorde02b.jpg

上の計器を拡大すると
201という数字があるのが分かると思います。
これはマッハ2.01ということです。(^o^)/ハーイ

concorde02a.jpg

名古屋湾手前のコンコルドが福岡に向かっています。
普通の飛行機は500ノット出たら凄い速い感じなんですが
このコンコルドのGS(対地速度)は1124ノット

右下のETEは福岡までの時間です。
名古屋から17分後に着くということです。。。

ものすごいスピードです。

しかし…眠くなってRJFFまで行けません。
寝ます(-_-)゜zzz…

医院にコックピットを作る日を夢見て…。

cockpit.jpg 

↓ 昔YouTubeにアップした動画です。。。
羽田34Rへ横風着陸するB777です…(^^ゞ
posted by 杉幹雄 at 00:37 | Comment(0) | FS