すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2012年04月20日

生理痛かぁ。。。

seiritu.jpg

わぁ〜〜〜sexy (^^ゞ
す・て・き!!!

でも、生理痛って女性にとっては大変なことなんですよね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

「この生理痛って
病源がどこにあるのか?」って
自分なりの考えを持っていたんですが。。。

これって、痛みの場所に病源がないんですよね。
実感しました…今日。

強い生理痛の患者さんの診察をして。

確かに
「別の所にあるんだろうなぁ…」とは感じてきたのですが

自分が抱いていた「血の病気」ではないんですねぇ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

この生理痛ですが…
根本原因は「鳩尾の気の停滞にある」と感じます。

鳩尾横にある肝臓の鬱血だとばかり思っていました!

が…

別の機転だったんだと初めて実感しました。
(×_×)

自分を信じて通って下さる患者さんに
極度の生理痛を生ませてしまった自分の治療の安易さ

それでも…自分の診察を受けようと通って下さる患者さんに
感謝以外のなにものでもありません。
(._.)オジギ

「胸腹部の気の流れの停滞…」
あらら。。。

ある哲学者は…
「人間は大海の一滴程度の知識しかない」とか。

自分は、もちろん未熟な人間なんですが…
「せめて、大海の二滴程度の知識は得たいなぁ〜(^^ゞ」
とか思っちゃいます。。。

まだ、まだ、です。
医者としても…人間としても、ね。
(^_-)-☆



春よ、来い!
(^_^)v
posted by 杉幹雄 at 00:00 | Comment(2) | 生理

2012年04月04日

足のしびれ…かぁ。。。

shibire01.jpg

しびれ…だよな。。。

足先が、なぁ。。。

ん〜〜〜
そんな患者さんを診察して悩んでいる自分がいます。

はて???

「先生はさぁ…俺の足のしびれを診てくれるか?」
とかの質問に…

「得意だよぉ!」
とか…話したとスタッフに言われました(^^ゞ

と…

とても困りながら治療をしている自分の姿です。

実感するんですよね…
冷えでも しびれる
熱でも しびれる

冷えとして治療して駄目だったので
熱として治療を変更しました。

そして…
その患者さんに言われました。。。

「先生…いままで2年間、自分の足のしびれはなんも変わらなかった。
でも、足の指伸びるんだよ! しびれはそのままだけど、さ!」

こんなので良いんだろうか?

でも…患者さんが変わったと喜んでいる姿をみている自分は
とても、嬉しいです。。。

大学病院に行っても
どんな治療をしても
変わらなかった…と話された患者さんの悲しみを
少しでも救えれば。

ホントはすべて治してあげたいんだけど

でも…実際には
じぶんには出来ないことが多いです。

他のしびれの患者さんは
まだまだフォーカスがあいません。

ただ…
まっすぐ患者さんの悲しみを受け止めたいな!と
いつも思って診察をします。

治しきれていない患者さんには
がんばって通ってくださればと思います。

申し訳なく思いますが…。
どうにか出口を見つけられれば…と思います。
(×_×)


治し切れない患者さんも沢山いて
でも…力を出し切って診察と治療を進めていきます。。。
posted by 杉幹雄 at 23:59 | Comment(2) | しびれ

2012年04月01日

生理かぁ。。。

mense01.jpg

生理は女性にとって苦痛である反面
大切なものですよね。。。

なぁ〜〜〜
大切と苦痛が裏返しになっています。

mense02.jpg

この表は教科書によく載っています。

上から…

卵子の生育
体温周期
エストロジェンとプロジェステロンの相関関係
子宮内膜の変化

おきまりです。。。

まぁ…確かにホルモン剤を打てば
生理は来るのでしょう。

でも、そのホルモンを乱しているものは
どこにあるのか?という問題がありますよね。

まぁ…人間の身体が
脳と生殖器(卵巣や子宮)だけで出来ているのならば
ホルモンバランスの異常を
ホルモン治療するのは正しいよな。

でもさぁ。。。

生殖器は他の臓器があって
なりたっているんじゃないの???

生殖器ではない他の臓器の影響で
ホルモンバランスが崩れることってないのかね???

それを考えられていないのが
今の医学の不足な部分ですよね。

生理が乱れる
→ ホルモンを調べてホルモンの調節をする
→ 生理が来る
→ 妊娠する
→ 3割の妊娠の確率でしかないけど。。。

でも…なんで3割なんだか?
考えないんだろうかねぇ。

医者も患者も!
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

どうなっているんだろうかね???
わからんなぁ。


ある酒さ鼻の治療をしていた患者さん。
酒さ鼻が良くなってきたら…

「先生、月二回の生理が一度になったぁ!」とか
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


ある頻脈症の患者さん。
頻脈がなくなってきたら…

「先生、45日の生理が30日になったぁ!」とか
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


これが正しい生理の調節方法だと思うのは
自分だけかぃ?(×_×)




医学は涙を見つめる学問なはずなのになぁ。

でも…違う現実なんだよな。。。
力ずくの医療…
身体の欲求も考えない医療…

もう…そろそろ気づいても良い頃だよね。

医者だけでなく
患者もね…

ホントに…。。。
posted by 杉幹雄 at 00:07 | Comment(0) | 生理