すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2012年08月24日

身体の中の相対性:その2

soutai02.jpg

相対性…とは、ダイナミックな物理的な変化。

今年1月に友達の配慮で講演会をさせて頂きました。

そこでの質問…
「中医学ではお腹と陰陽性を保持しているのは胸部とぉ
(?_?)(^_^)(?_?)
言われていますが如何ですか?」

ん〜
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

自分の感触でしかりませんが…。
一つの臓器が他の一つの特定の臓器とだけ
相対性を維持しているという感覚はありません。

皮膚と腸が相対性を維持していると話しました。

この次のステップとして…
腸が相対性のベクトルを変えて肺と相対性を取り
腸と肺が連携していく、のだと感じます。

(この相対性は「正脈散」から推測できます)

ここで大切なことは
病気を引き起こす力が身体の中に入っていくという経過です。

皮膚と腸とが相対性を保ち
皮膚の力が腸に響いていく形が初期段階です。

次のステップとして
腸のベクトルは肺に向けられて
身体の中の現象として変化していきます。

これが…病気が身体に入っていくという機序なのです。

自然はとてもダイナミックです。

一つの臓器の相対性を維持する臓器は
ベクトルの方向で変化していくということなのです。

これは
今から2000年前に書き記された
漢方の古典:「傷寒論」の病気の進展と同じです。

病気が身体に入る最初は
「葛根湯」です。

この葛根湯ですが…
その意味合いは「皮膚と腸とのバランスを保とう」
としている薬です。

次に小柴胡湯になります。
この小柴胡湯の意味合いは…
「腸と肝臓のバランスを保とうとしている薬」だと言うことです。

こんな感じに病気が皮膚から
身体の中に入っていく姿を記しているのが傷寒論です。

ただ…
自分の思うところは、「漢方=古いから良い!」
とかの考えは全くありません。

病気の真実の姿を知りたいだけです。
そんな考えを患者さんに返して治療をして

また…そんな考えを 今の世の中に残したい!
とか、思っているだけなんです。
( ゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



やはりぃ…ブルーなんだか???
(^_^)(×_×)(^_^)

ブログのクリックの画像をだすと…
クリックして下さるんですね m(__)m 感謝!

ん〜
自分は…そんな方が、
このブログを見ていて下さることに感謝しています。

ありがとうございます!
posted by 杉幹雄 at 22:45 | Comment(0) | 医学理論

2012年08月23日

身体の中の相対性:その1

retate001.png

相対性…
それはプラスとマイナスの観念。

私たちの回りには
そんなプラスとマイナスの力の電気が
生活を照らしている。。。

と、すれば
そんなプラスとマイナスの力が
私たちの身体にも、あるのではぁ???
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

細胞膜の電位が
プラスとマイナス…とか
言う人って多いんだろうなぁ。。。
(×_×)

学校で教えられたことだけが
正しいとするのなら進歩ってないのでは?


質問!
「皮膚って内臓になると何になるの?」

回答!?
皮膚って…
口と肛門で反転しているんじゃないの?
腸管に???(^_^)


だから…
「皮膚と腸は相対的な関係にあるのでは?」

違うかなぁ?
(?_?)

と、すれば

物理学的な距離が遠い
「皮膚と腸」

そんな皮膚と腸が
プラスとマイナスのごとく
密接に運動するんじゃないのかなぁ?
(?_?)

違うのかねぇ?
(^_^)v


あのね…

アインシュタインが目指した考えは
物理領域だけのことでは、ないんですよね。。。

一つの考えで
全ての疑問が解ける考えの基本が欲しかった。

そんな気持ちを持った
アインシュタインの偉大さを感じて欲しいなぁ。。。

とか…思うんですよねぃ。

彼は偉大です。

また…
そんな哲学を保持した
私たち日本人の先哲も偉大です。
Y(^^)ピース!



やはりぃ…
ブルーなんだろうかぁ (^^ゞ

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックしてくれるかなぁ。。。
クリックが嬉しいのかも、ね。
にほんブログ村
posted by 杉幹雄 at 23:28 | Comment(0) | 医学理論

2012年08月22日

身体は単純に出来ている…よなぁ。

einstein0822.jpg

Everything should be as simple as possible, but not simpler."
(全てはより単純に見つめるべきだ! より単純ではない!)
※アインシュタインは法則があっての単純さを求めている訳です。

こんなアインシュタインの言葉ではないんですが…

自然って、
また、
人間の身体って単純に出来ています。

単純さの狭間に複雑さがあって
その複雑さを追って治療ができているという
現代医学の現実の治療。。。

単純さを見極める力って、かなり違う力なのかねぇ?

たとえて言うならば空気です。
吸っているのが当たり前だと思えば
空気を感じませんもん、ね。(^_-)-☆

大切な物ほど…当たり前でわかりにくい。
それが病気解明への糸口でしょう、ね。

(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



神田川…だよ、ね。
気分はブルーなんだろう、なぁ。。。
posted by 杉幹雄 at 23:33 | Comment(0) | 医学理論

2012年08月20日

現代医学だけが正しいのかねぇ?

jyoushiki.jpg

COMMON SENSE…常識。

あのぉ…

「常識と言われていること
常識と言われている医学
そこに正解があるのかな?」とか

考えたことがある人って少ないのかな?

現代医学は進んでいるように見えますよね。
確かに進んでいる部分進んでいるのでしょう。

一方…
退化している部分もあるじゃないかなぁ?

違うかな???
(^_^)

現代医学は…
物質文明の進歩を頼りとして進化してきました。

精密機械が出来たことで…
分からないところが分かるようになるでしょ???

ここだけが進歩なんだよね。
西洋文明依存の日本。

文明は…
文明哲学があって成りたって行きます。

私たち東洋文明の哲学を忘れて
西洋哲学を鵜呑みにして日本の進歩があるのかな?

とか…思うのは
自分だけかな???(^^ゞ

一般に言う…頭の良い人に多いのが
自分や日本を振り返らない…ことだと
つくづく思います。。。

西洋文明だけが正しいって、ね。
(^_-)-☆

江戸時代の日本が持っていた考えって
凄いんだけど、ね。。。

>

日本って凄い国なんだけど、ね。。。
感じて欲しいなぁ…!とか思います。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン
posted by 杉幹雄 at 23:24 | Comment(0) | 権威とは…

2012年08月19日

産業医研修…終了! 明日から仕事!

sangyoui066.jpg

東京医科歯科大学で開かれていた
「産業医研修会」も終了しました。

50単位の研修単位も取りました。

さて、この産業医研修の50単位ですが…
週末を利用して単位を集めていく
医師の方も沢山いらっしゃる、とのこと。

でもぉ…
いま開業している自分の環境では無理です、よね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

見方によっては…
次々に講演をして下さる先生がいらして
座って聞いている自分の立場、
というのは有り難いですよね。

m(__)m 感謝!

それでは…
このブログを見ていて下さる方のために

筑波大学の精神科の教授の講義
一部をご紹介します、ね。
(^_-)-☆

この先生は筑波大学ですから…
国家的なプロジェクトのサポートをしています。

宇宙ステーションで滞在している
宇宙パイロットや

日本が自前で月面着陸する人材を
選ぶ助言をしている先生です。。。

凄いなぁ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

その先生の言葉が印象的でした。
(^o^)/ハーイ

「アポロ13号」の話でぇ〜す。

アポロ13号は月面着陸が出来ませんでした。
機械のトラブルで、そのまま地球に戻ってきました。

ただ…
地球に帰還する電気も不足している様な状況にあった…
ということです。。。

どんな感じに計算しても
電力が足りない!

地球に帰還が出来ない…。

そんな状況を打破したのは
船長の言葉だったと言うことです。。。
(×_×)

「そんな電力が足りないんなら
宇宙服を着れば…
宇宙船室内のエアコンを切れるんじゃない?

その電力があれば
大丈夫なんじゃない!?」

そんなことを話したのが…
アポロ13号の船長だったらしいのです。

そして…地球に帰還出来ました。

「どんな状況においても
柔軟に対応できる精神力」

そんなことが
極限の環境では欲求されるとのことです。

凄い…ですよねぇ。。。

ホント…凄い!
(^_^)v

そんな風に感じませんか?
(^_^)(×_×)(^_^)



今日もZardだったり…します(^^ゞ
posted by 杉幹雄 at 19:00 | Comment(2) | 医者として…