すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2014年03月31日

さよなら…B747

suteki747.jpg

ん…だなぁ。。。
Boeing747も日本の空を飛ぶことがないんだなぁ。

とぉ〜ても、感慨深いなぁ。

自分をニューヨークに連れて行ってくれたB747…
パンナムの時代の30年前。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

すごい飛行機だよねぇ。
d(^-^)ネ!


naruko01b.jpg

この写真がB747の2階席です。。。

「開業するならば…経営を知らなきゃあきまへん!」とかで…
 勤務医をしながら…福岡に通い出したんだけど、さぁ。

病院勤務の時間が終わって…
ひとり羽田へぇ。。。

そして…さ。
福岡行き最終便20:00発のB747に乗り込む。

そんなB747の2階席から…
東京の夜景を眺めると…

その夜景の綺麗さに…
なぜが寂しさ一杯になったり。
(×_×)

fukufuku03.jpg
(B747から眺める東京の夜景: お台場付近から東京下町付近
 シートベルトサインが消えた直後に撮影。。。)

「何やっているんだろ? 俺?」
てな…感じで、さ。

B747の2階席から
東京の夜景を眺めていました。

(えっと、ね。
B747の2階席は1階に降りると乗降口だから…
乗り降りしやすいんだよね。。。}


そして…
ちょうど、富士山を過ぎた当たりから
気分は福岡モードへ!
e(o^ュ^o)g

不思議な感覚。


福岡で自分を待っている患者さんもいました。
その患者さん、寝返りが打てませんでした。

福岡のその患者さんのご自宅に到着するのが…
23時過ぎでした。。。

自分を待っていてくれました。
病状も…少しずつ良くなって行きました。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン




「福岡に行ったことないから
 行こうかなぁ…」とか言ってから

50回を越えた福岡ですぅ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

ありがと…
B747。。。
(^.^)/~~~
posted by 杉幹雄 at 23:22 | Comment(0) | 飛行機

2014年03月30日

ドアノブに付いたインフル?ってかぁ?

ininn.jpg

素晴らしき…ウイルス…とか、ね。
d(^-^)ネ!

「ドアノブに付いたインフルエンザ・ウイルスから
 身を守る方法…」とか、d(^-^)ネ!

ビックリぃ〜〜〜の検索用語
\(◎o◎)/!

「たぶん…ビールをインフル除去としている
 変な自分の話題を目当てに、さ。
 
 このブログを目指して来たんだろう、なぁ…」
(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ


「人間の身体の中には
未知なウイルスが沢山生存している筈!」
なんだよね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

もしかしたら…
あなたや自分もそうなんだけど…

未知の人間キラーウイルスなんかを
生んでいるのが自分たちの身体かも知れん!


それをさておき…だな。

「ドアノブに付いたインフルエンザ・ウイルス」とかを
検索してくる人もいるのが…この世の中なのかなぁ。。。

とか、しみじみ思うんだよなぁ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


ん〜〜〜だなぁ。
とぉ〜〜〜ても昔。

自分が30歳の時に
「ウイルスって人間の身体に入って何しているの?」

そんなことを考えたことがあった。


ウイルス達の特質すべき能力。

それは、さ。
「人間の細胞まで入って遺伝子を変えることができること」

そんなことに外ならない。


いまの地球環境に順応すべく
人間の身体を変化させていくことが出来る!

「そんなものがウイルス!」
そんなことを考えると、さ。

ウイルスの方が
人間よりも貴いような感じを持ったりするんだよなぁ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


地球を人間の身体と見立てたら…
自分たち人間はウイルス以下の存在なのかも…
なぁ。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



飛びたいなぁ。。。

せっかく開業した自分の医院。

でも、さ。
医院は、その前の段階…
医院の安定の基盤作りに毎日が終わる。


本当は、さ。
いままで…自分が感じたことを、さ。

世の中に広めて行きたい!
そんな日が、いつか来るんだろうか???
(´ヘ`;)ハァ
posted by 杉幹雄 at 23:37 | Comment(0) | ウイルス

2014年03月14日

臨床医から見たSTAP細胞とは???

stuffsaibou.jpg

割烹着姿の研究者…
自分には格好良く見えたんだよ、なぁ。。。

それが…急遽、問題があって
論文取り消しの手続きとは、ね。

その後の理研の対応も、ね。
どうかなぁ???とか思うよね。
(×_×)


まぁ…

基本…どんな移植であろうとも
対症療法にしかならない!

それがSTAP細胞だろうと、
どんな移植細胞や移植臓器だろうと。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


何故か?って???

だってぇ、さ。

「人間の身体の生を維持する目的とは…
 自己の一部分を破壊しても生きることに外ならない。

 そんな基本的な人体に備わっている機能を使って
 具体的には…自己の細胞も破壊する機能を使っても
 
 その生を維持しようとするプログラムが組まれているから
 自分の細胞を破壊し病気を起こすん、だしょ?」

それが…人間の身体に外ならないから。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


「自己免疫性疾患」ってあるじゃない。

具体的には膠原病。
もっと、具体的には「リュウマチ」なんか…だよねぇ。

この病気って、さ。
「自分の身体が自分の細胞を破壊する病気」

だしょぉ???
違う???


そうならばぁ…
「自分の身体の細胞を壊してまでするメリット」
そん欲求が…身体にあるに外ならない。

違うかねぇ。。。
d(^-^)ネ!


「God does not play dice」
「神はサイコロを振らない」

病気も必然性なくしては起きないんだよね。

そんなことを、さ。
臨床をしていて感じるんだよねぇ。




あぁ………
格好いいなぁ。。。

「おぃ!」と…
エアラインパイロットの操縦訓練を学んでいる
大学生の自分の患者さんに…

「君の操縦する飛行機に乗ってけてくれよ」
と、言う自分の言葉に。

「時間はかかるかも知れないけど…」と
頷いてくれた。。。
(×_×)(×_×)(×_×)

そんな時が来たら…
自分は医者になって…思い残すことはない、な。
Y(^^)ピース!

hikouki260314.jpg

うん、うん。
他の患者さんからは…B787の箸置き…。

なんか勲章の様にも感じたり…。
m(__)m アリガトォ、d(^-^)ネ!。

沢山の患者さん…
そんな患者さんの思いに支えられているのかぁ。。。
とか、思うこの頃です。。。
posted by 杉幹雄 at 23:33 | Comment(0) | 病気