すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2015年02月24日

後医は名医…てかぁ。。。

meii224.jpg

医療は…
後に診た医者の方が分かりやすい。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆

前の医者が治療をしても治らない治療が分かる。
症状が強くなっているので診断の当たりが付けやすい。

こんな感じで…最初に診た医者より
後で診た医者の方が正確な診断が付けやすい…訳。。。


今日は「心不全」で大学に紹介した
患者さんの家族に…お礼を言われました。

確かに…
漢方医を目指しながらも、さ。

どういう訳か…
心臓の集中管理室の勤務が多かったんだよなぁ。

心筋梗塞
狭心症
心不全
不整脈などなど。。。

そんな勤務もしてきました…とさ。

それは、さぁ。
心臓の集中管理室勤務を希望する医者がいなかったから。。。
それだけの理由でした。(^^ゞ

それも加わっているのかも知れませんが…
病状に関しては後の方が分かりやすかった、だけ!
そんな…ことも多いよねぇ。
(^_^)v

それだけ、
別に自分じゃなくてもぉ〜他の医者だって分かった
なんて思ったりするんだよねぇ。


若き日の想い出…
それを現実に。。。

だよなぁ。
d(^-^)ネ!

posted by 杉幹雄 at 22:14 | Comment(0) | 医療

2015年02月22日

頭痛かぁ。。。

zutuu222.jpg

頭痛っていう病気を診て感じること。

確かに一般医療の鎮痛薬って効くと思う。
でも、鎮痛作用が消えたときに再び頭痛がするって嫌ですよね。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆

この頭痛って、さ。
筋緊張性頭痛とかの定義があって…
フェノバール系なんかの抗てんかん剤を使ったり。。。
(×_×)

これって頭痛の必要性を無視している医療だとは…
思わないかな???

頭痛にも頭痛の必要性がある。
アンバランスな身体の力を逃がしているだけ。
その症状が頭痛なだけ…なんだよなぁ。。。

と…そこで。

一通のお手紙をお見せします。
頭痛の患者さんのお母さんからのお手紙です。

ーーーーーー
年の瀬もおしせまってまいりました。
(中略)

さて、娘の○子には、この一年お世話になりました。
お陰様で 短大2年の終わりに近づき、卒業制作にはげんでおります。
(美術の勉強をしております)
来年度は付属の研究過程に進むようで、その用意もしているようです。

ふりかえると、毎年 冬は「寒い」「頭痛い」「きもちわるい」が当たり前で
家で過ごすことが多かったです。

でも この冬は いつ起きて、いつ学校に行っているかわからない
(家にいない)学生らしい生活(笑)を送っております。

先生方に ここまで持ち上げていただいて、
本当に感謝しております。

(中略)
末筆ながら、皆様のご健康とご活躍を
祈っております。
ーーーーーー

この患者さんの最初の姿は…まるで廃人の様でした。

そして…いま
漢方治療を始めて1年半を過ぎて思うことは
「こんなに綺麗な女性になって…」という驚きです。

こんな素敵な医学を残してくれたのは
私達、日本人の先哲達に他なりません。。。

未来の医療を変えることが出来るのは
いまの世界では日本人だけだと実感します。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆



美空ひばり最後の熱唱。

人の生き様を感じて…
自分も自分の研究も進めて行かなくては。。。
d(^-^)ネ!

posted by 杉幹雄 at 21:32 | Comment(0) | 病気

2015年02月16日

何度も風邪を繰り返すんですけど…

kaze0021.jpg

風邪を何度も引いているのは…
自分の身体がおかしいんでしょうか?

なんて言うことを
話される患者さんが多いのですが。。。


風邪は季節の寒暖の波に
身体がついていけないときに起きる現象です。

身体に余裕がある人はかからないんです。

風邪の治療法として良く言われるんですけど
1に睡眠
2に栄養
…最後が薬なんでしょうね。

現代は忙しくて休みがとれず
また精神的にもストレスが大きくて
休みに気持ちを発散させるために外出。

一方では身体の疲れはとれない。

そんな人が風邪になりやすいだけです。

高血圧症や高脂血症、糖尿病などは
生活習慣病として定義されていますが…

風邪を何度も引く人も生活習慣を
ご自分で見直すことが大切だと考えています。



急に懐メロになってしましました。
でも…愛燦燦は良い歌ですね。。。
posted by 杉幹雄 at 01:01 | Comment(0) | 講演用意