すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2015年09月29日

単純さの意味するところ

アインシュタインのブログを
やっていたことがあります。

アクセスは滅茶苦茶多かった。

でも…仕事みたいなこと
やりたくなかった。。。

結局、中止。終了しました。


基本、自分はアインシュタインが好きで
門司に行ったときにアインシュタインが泊まった
「三井倶楽部」にも行ってきました。

einsteinbedmoji.jpg
(アインシュタインが寝たベットです。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン)


何でだか分からないけど、さ。
彼の気持ちが分かるんだよね。

彼は、さ。
陰陽で神を確信したことを言わないんだよね。
「思い出したくもない出来事」などと話しています。


なんでだか、分かりますか???
(^_^)

神を知ると価値観が変わるから!
そんなことに外なりません。

価値観が変わるということは辛い出来事です。
いままで生きて来た自分を否定して
前に進まなくてはならないから、さ。

そんな感じです。。。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆


自分が記事にした文章を残していますので…
今回はそれを紹介します、ね。(^_-)-☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「簡単な解決策に神は答えるだろう」

When the solution is simple, God is answering.

- - - 自然は単純である- - -

ainsyutain00132.gif

このアインシュタイン凄いですね〜。「人生悟りました」という風格を感じませんか? このブログ初回に相応しい写真です。)

その意味とは?

一つの現象を観察するとき、非常に複雑に見えることが多いものです。しかしながら、自然の根本運動は単純であり、その単純な運動が組み合わさって複雑に見えているに過ぎまません。このことを研究者に教えるために簡潔に「自然は単純である」と話したのだと感じます。

なぜ自然の運動は単純なのか?

その答えは、その利点を考えれば簡単に解明できます。「単純な運動は強い安定性を得やすい」からです。自然の中で人間が暮らしていけるのは、自然環境が一定の安定性を持っているということにつきます。もし、安定性がない環境に人間という生物が生まれてもすぐに絶滅してしまうでしょう。きっと、アインシュタインなら「神が安定性のある世界を創造してくれた」と答えるのではないかと思います。その安定性のある世界を作るのに不可欠なのが単純な運動であると言ってよいと思います。

数字から見た単純性

もう少し分かりやすいように数字を使って説明してみましょう。例えば、単純な現象を2と定義しましょうか。その単純な現象が10個重なっていたらどうなるでしょう? 2の10乗でしょ。2,4,8,16,32,64,128,256,512,1024ということだから、1024まで行ってしまう。2の10乗というと単純に見える反面、1024という数字を考えると複雑に見えません? これが自然の単純性と複雑性のからくりの様です。

さて気付きませんか? これが物理的に何を意味しているのかを?その答えはフラクタリズムです。自然の現象はフラクタリズム、つまり、入れ個によって成立しています。この入れ個構造こそ、人体の運動の基盤となる運動の一つに違いありません。



機械と安定性

次は機械の構造を考えて安定性を探りましょう。例えば10個のパーツから出来ている機械と比較して、100個のパーツから出来ている機械の方が壊れやすいという事実があります。これは、10個のパーツから出来ている機械に比べて、100個のパーツから出来ている機械は複雑で安定性が悪いからです。この例から考えても、単純な構造には強い安定性があることが理解できるでしょう。

では100個のパーツからできた機械が10個のパーツから出来た機械と同様の安定性を得るにはどのような構造を持つべきか? これもフラクタル構造を取れば良いわけです。すなわち10個のパーツを持つ大きなパーツが10個集まれば、10個のパーツから出来た機械と同じ安定性をもつと言うことになります。



医学への応用

現代医学の場合、上の数字の例で行くと、1024のまま解析を行う研究が殆どです。1024のまま解析するんですから、非常に難しい運動を解析していて、最後には、その根本的な意味合いまで辿り着けないことが間々あります。これを研究前に単純化してやることで、現象の意味合いが解けてくると思えてなりません。あなたなら、どう思いますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まぁ〜さ。

ここまで分割して理解しようとしてものが統一できない。
分割の前に、統一しようする考えを置いてなかったのが
今の医学の弱みかなぁ。。。

とか、思うんだよねぇ。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆



これを見たくて、さ。
ブロードウエイに行ったんだよなぁ。。。

昔の話し。。。

だけど…素敵だよなぁ。。。
posted by 杉幹雄 at 23:10 | Comment(0) | アインシュタイン

2015年09月24日

アインシュタインと一般の人の違い

god1.jpg

超有名人…アインシュタインです。

「相対性理論」…
それは世界で知らない人がいないと言えるほど
有名な理論です。

一方、その理論の神髄の様なものまで
分かっている人は…いないかな。。。


相対性、すなわち陰陽観…って、
どんなものだと思いますか?


どんなものにも相対する物が存在するのが
この世の中である…

ひとつの物を見て
相方である他方を推測し知ること。

そんな考え方です。


そんな見方を極限まですること。
そんなことが陰陽観に他なりません。。。

それが出来ると…
原子爆弾や原子発電所まで行き着くことになります。

医療関係者ならば病気が変わったものに見えます。


反対に考えてみると…
アインシュタインが天才なんですから…

一般的人間の思考の浅はかさが分かります。
もちろん医療関係者の思考も一般的です。

極端にいえば…
2つの物を見分けることができないのが普通の人です。

2つのものを完全に見分けられた
アインシュタインが天才なのですから

いかに人間の考えのレベルが低いのかが
分かるかと思います。。。


恩師の鍼灸師の先生いわく…
釈迦で、陰陽の2が分かるレベルに達する
でも、釈迦でも3が分かっていない。

とか話されていました。
(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン

こんなことをコントロールしている意志が
どこかにあるのでしょう、ね。
(@_@)

それを乗り越えられ…
他の医療関係者に明示することができるとき
医療は大きく変わって行くのだろうと感じます。

  

ん???

高校生のときに東京駅の大丸で歌手のサイン会とかで
学校からの帰り道…学ランで大丸に行ったことがあります。

目的は…恥ずかしながらアグネスチャンのサインだったりしました。
同時に、この浅田美代子もサイン会にいて…さ。

まだ浅田美代子さんのサインの順番札があったのにも関わらず
大丸を後にしました。。。


だって、さ。
アグネスチャンのサイン会の方の受付は
終わっていたんだもん。。。(T.T)

ん???
いまならば浅田美代子も悪くないよね。(^_^)v

ちょっと音程が外れるところが、ね。
かわいいのかな。。。

やはり…浅田美代子を意識できるレベルでは
なかったのかぁ。。。

いまなら…浅田美代子なのかも知れん。
(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
posted by 杉幹雄 at 22:21 | Comment(0) | 時空間