すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2015年10月26日

天気図と病気の関係

tenkizu001a.jpg

ある日の天気図です。
よ〜く見て下さい。

中央の高気圧は1010ミリバール…
周辺の低気圧は992と1004ミリバールです。

ちなみに1気圧は1013ミリバールです、が。

高気圧や低気圧の定義は…
回りの気圧と自分の気圧の兼ね合いです。

回りの気圧より高ければ…
1気圧1013ミリバールより低くても高気圧です。

この考えは気象学者には当たり前です。
でも…他の自然学者には違うんよね。

特に医学関係です。。。


tenkizu001b.jpg

この天気図は自分で気圧を変化させました。

高気圧が1気圧1013ミリバールより高い1020ミリバール。
周辺の低気圧は1006と1010ミリバールです。

高気圧は1気圧より高く
低気圧は1気圧より低いです。

これこそが今の医学が認める体内の現象です。

一定の基準を作って…
それより上の定義とそれより下の定義を作っています。

本当は…臓器間の関係は
天気図と同じ様に相対性なんです、が。

天気図では一般的な概念とされていることが
医学では、人体で同じことが起きているのにも関わらず
まだ分からないでいるのです。
(´ヘ`;)ハァ

eineinein.jpg

ここで「アインシュタイン」ですよね。
Y(^^)ピース!

なぜ彼が心血を注いで相対性理論を作ろうと思ったか?

それは…、さ。

相対性が、全ての現象の基盤にあるため、
一つの方程式で医学を含めた自然の運動を
解き明かそうとしたから!

そんなことに外なりません。

原子爆弾製造のために
相対性理論を作った訳でもないんですよね。
政治家が利用しただけです。

すべての自然の運動が解析できるように
相対性理論を作った!というのが彼の心情を理解すると
アインシュタインが身近に感じるのでは?とか思います。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

  

こんな話題にはビートルズだよねぇ。。。

昔の歌でも良いものは…
良いもの、ね。(^_-)-☆
posted by 杉幹雄 at 23:37 | Comment(0) | 相対性

2015年10月20日

時代…かぁ。

 

自分も一般的な人生からすれば…
だいぶ、生きたんだなぁ〜とか思います。

その時代の正しさだけでなく…
真実を求めたいな!と何度も思ってきました。


現代医学の本も、
漢方医学の本も沢山読んで来ました。

漢方の本に書かれてあったこと。
「現代医学に結核の患者に肺を潰す医療があったこと…」

そんな医療は時代と共に
消滅しています。


こんなことを思う時…
「正しさって何かな?」と思ったりします。

2000年の間、変化なく存続してきた日本古来の医学。
時代を経ても変わらないもの…

それこそが真実に近いものだと
考えても良いのかな?とか感じます。

お金でも保険点数でもありません。
生き残っていく正しさに…身を投じたいよなぁ!

そんな感覚しか…ないかな。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



ん〜
水前寺清子。。。

昔、浅草に国際劇場という大きな劇場がありました。

2本立てで
最初は松竹歌劇団の「季節の踊り」とか、で
2部は「水前寺紀子ショー」だったりしました。
(^^ゞ

子供ながらに素敵に思えました。

いま改めて彼女の歌を聴くと…
23才の若さ、その若さで、この曲。

今の時代歌う曲では無いようにも思います。
そんな時代だったのかな。。。


さて前座の「松竹歌劇団」の舞台。


なんで…
小学生の自分が見に行ったのか?って???

だって、さ。松竹歌劇団に受かったものの
歯科医の道を進んだ人が母親だから、かな。
(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

良く分かんないけど…さ。

昔は…
西の宝塚歌劇団、東の松竹歌劇団だった…
そんか感じらしいんだよねぇ。
(*^_^*)

はぃ…これは医院のブログだよぉ〜ん。
Y(^^)ピース!
posted by 杉幹雄 at 23:10 | Comment(0) | 日記