すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2016年12月31日

不眠症について

fumin.png


眠れないのって…結構シンドイよね。

自分の治療の場合では
最初から睡眠薬を使ってしまう場合もあれば
漢方薬を併用して治療することも多いのが実際です。

強い睡眠薬を長期飲んでいる人に関しては
なかなかやめれなくなってしまっています。

一方の不眠の初期の段階では
漢方薬治療でも十分通用する場合もあります。

その患者さんによって色々です。

ーーーーーー

ある患者さんの不眠症の治療です。

眠れないとのことで来院。
最初はマイスリー(ゾルピデム)を眠前に処方。

それでも眠れないと訴えます。

身体を診察すると胃熱が強い状況ですので
漢方薬で胃熱を取る治療を併用することに。

そしたら眠れるようになった、と。

ーーーーーー

患者さんとしてみたら治れば良いわけで。

漢方薬の効果としては自分の体験として
数多くの著効例を自分自身でも確かめているので
漢方薬治療は漢方薬治療で良いと思います。

一方…内科医が民間病院で勤め出すと
内科医の一つの仕事が人の死を看取ることになります。
点滴ルートを確保しておけば薬剤を投与できます。
少しでも患者さんの苦しみを取ることが出来ます。

だから、どちらも大切だと考えて治療をしています。


ん〜
勿体ないね。男5人…色々な思いがあるのでしょうね。

歌だけでなくドラマでも色々な感動をもらいました。
解散しても活躍して下さることを願っています。

posted by 杉幹雄 at 15:03 | Comment(0) | 病気