すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2017年02月22日

妊活について…

ningatu.jpg

女性が妊娠することって結婚には重要かも。。。

ただ、さ。
妊娠して子供を産むってことの真意を
知らない人が多すぎると感じます。

子供は社会に出て行きます。
それを手助けをして行くことだけが子供を持つ親の責任では?

家系を存続させるため?
子供に自分の介護をさせるため?

そんなことを考える人に取っての妊活って…
結局…ご自分のためだけじゃん。

子供は2の次じゃん。

親は子供を世に送り出す役目を受けた存在のみ。
その責任を任された存在でしかない。

家系とか、自分の介護のために生まれたものではない。
それを理解して妊活をして欲しいと思います。

子供は親の持ち物ではありません。


自分にも子供がいるんですが…
確かに大きな幸せを子供からもらいました。

同時に経済的責任、また道義的責任も加わります。
与えられた幸せの相応を実行することも責任です。

子供はその時、その時で
親にその幸せを返しています。

だから…子供が社会に出たときには
自由なんだと思います。

posted by 杉幹雄 at 09:10 | Comment(0) | 医療