すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2017年07月17日

東洋医学からみた皮膚病

hifubyou01.jpg

夏に入り汗がでてくるため皮膚病が多くなります。
ん〜〜〜この写真は帯状疱疹らしき感じもあるんだけど。

一般的には抗アレルギー剤とステロイド軟膏なんでしょう。
それでも一時は軽快するのですが、薬をやめると再燃します。

この理由って何かな?
東洋医学的な基本的な皮膚病の考え方としては…
「身体の中の臓器の鬱血を皮膚に逃がしている」状態です。

例えば、アトピーの患者さんたちの内臓は丈夫です。
それは内臓の熱を皮膚に逃がす道ができているからです。
患者さん本人にしてみれば痒いし、とうにも眠れない、外見も悪い。

上の写真の人には肝臓と脾臓の部分の上に湿疹がでています。
この患者さんは肝臓や脾臓の鬱血が強いことを物語っています。

抗アレルギー剤はかゆみ止めで良いとは思います。
一方では肝臓と秘蔵の鬱血を取る治療が必要です。
こんな考え方は一般医療にはありませんが…漢方治療をしていて感じます。

いま鍼灸師の先生が漢方治療を受けにいらしています。
首と目の周りに強い発疹が出ています。
それに対しては首の湿疹を出しやすい胃熱を取る漢方薬
それに加えて目は血熱が強いと腫れやすい特性があり、それを取る漢方薬
そんな漢方薬を投与して症状は軽快。

こんなことから…
知り合いのニキビで困っている患者さんを連れてきました。

病気を敵視すれば…湿疹は人間を苦しめる「悪」です。
でも内臓の鬱血を外に出そうとする考え方をすれば、湿疹は「善」です。

病気の捉え方で治療方法が大きく異なります。
こんなことを医療関係者に感じて貰えたらと良いなと思います。



いまでは飛行機が飛べることは当たり前なのかも知れません。
でも…「巨大な鉄の塊が空を飛ぶことができる」と思い続けた人がいたから
それが現実になっています。

だから…医療でも「きって新しい医療ができる」と思い続けて
少しずつでも前に歩んで行きたいと思います。
posted by 杉幹雄 at 07:27 | Comment(0) | 講演用意