すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2017年10月30日

女房が出てきて…眠れないんだよなぁ、とな。

reijeneral.png

息子さんを…
どうにか社会に溶け込ませることが出来た患者さん。

奥様は今年初めに亡くなった、とのこと。
一人で息子さんのことを自立させるために
やらなくてはならないことが大変だった、と話されました。

「でも、さ。
社会生活に溶け込ませることができて良かったね!」
と…自分は話しました。


その後、その患者さんの受診の際に…
「眠れないんです…女房が出てきて。」
とか話されます。(^-^) うん!

別に…さぁ。
自分には、この様なことは不思議とは感じないので。

「奥さん、それだけ心配していたんじゃない?
  人間は肉体が死んでも精神はなくならないから
  そんなことがあってもおかしくないよぉ〜」

そんなことを話しましたっけ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


医者をしていると…
患者さんから同じようなことを言われます。
(・・;)(・・;)(・・;)


病院で勤務医をしていた頃のこと…
高齢の女性の患者さんの話したこと。

「死んだ旦那が出てきてうるさいのよぉ〜」
 (^0^*オッホホ

そんなことも、ありなんですよ。
ホント、に。


将棋界の加藤一二三さんが話されていたように
「人間は死んでいくことから宗教観(死生観)を持つことって大切」
この言葉は真実という的を得ています。

ちなみに加藤一二三さんはクリスチャンです。


実は…
この数学的証明はロシアの数学者のカントルがしています。

cantor.jpg  カントルの写真: Wikipediaより…  

彼の超限集合論によると…
「1から無限大までの集合」と「0から1までの集合」を比較し

結果は
「0から1までの集合」の方が「1から無限大までの集合」より大きいことを証明しました。

物が無い世界は「0から1までの集合」
物がある現実世界は「1から無限大までの集合」
と、当てはめることが出来ます。

そして結論としていえることは…
この世の物質文明は、あの世の非物質文明の上に乗っていることを意味しています。

ん〜〜〜
これは、さ。

彼の言葉からも物語れます。
「自分は数学者ではなく、宗教家になった方が良かったのかも知れない」

その当時、この言葉を理解出来る人が回りにいなかったんだよね。
精神病になってしまった、と。

ごめんね…そんな悔しさを今、自分が主張しますね! 
カントルさんは世界の真実を数学から知ったんだよね。
(・・.)グスン


患者さんの言葉のやりとりから理解しにくいことを話しましたが
理解できたかなぁ???

このことは…
「今のあなたが何故生きているか?」
 という根本的な疑問に答えてくれます。

「もし世界がそのように出来ているのならば…
 どうすれば良いのか?」

こんなことを考える瞬間があっても良いのかな?とか
思うんですよね。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン



飛行機が好き!

揚力かぁ…すごい発見だよね。
すごい!うん!(^-^)

posted by 杉幹雄 at 22:19 | Comment(0) | 死…