すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年05月20日

発癌リスクの検査をした方が良いのか?との質問かぁ…

gene19520.png

ん〜〜〜
発癌はNormalGene(正常遺伝子)がOncoGene(発癌遺伝子)に変化する。
そんなことは最後の変化でしかない。

遺伝子が人間の設計図の青写真???
人間は環境に変化して変わって行く。
遺伝子の配列は、時代と共に変わって行く!と考えられるよね。

加えて、発癌には環境が左右している。
臓器がInitiation(発癌の初期過程)を終えているか?
次にInitiationを終えた後のPromotion(発癌の成長促進過程)があるか?

その2つの過程を経て…最後に発癌遺伝子の発現に至る訳だよな。

なんか、さ。
今は、さ。発癌リスク検査などもあるようだけど…
この意味って…どこにあるのぉ???

ひとりの患者さんのお母様が甲状腺乳頭癌で術後で…
お子さんの心配をしたのかも知れませんが…
「子供に甲状腺発癌リスク検査をした方が良いのでは?」と話され、
その患者さんとの相談となりました。。。うん(^_^)

ん〜〜〜
お母さんの気持ちは…分かるよなぁ。
子供を同じ思いにさせたくない。。。

ただ、さ。
結婚前の状況で発癌リスク検査をして、発癌リスクが高い場合だよなぁ。
それが、この検査での…大きな問題が起きるときだよなぁ。

発癌リスクが高くても…甲状腺癌で死なないかも知れない。
こんなリスク検査って…危ない検査だよね。。。

検査をして発癌リスクが高い結果が出れば…人生の重荷になる。
加えて結婚でのトラブルにもなりかねない。

だ・か・ら・ぁ〜〜〜さ。
知らなくて良いことは知らなくて良いかもねぇ。

医学が出来上がっていて、
発癌リスクが高い人のリスクを減らす方法を今持っているのなら別かな。

それがない現状で…
一人の人の人生に大きな十字架を背負わせてしまう検査のあり方。
これって…人間的じゃないよね。

そんなことを話していたら…
その患者さんは「検査はしない!」と。

ん〜〜〜
そんな所が妥当なんじゃないか、なぁ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


luminandjigen.png
(「次元大介の墓標」の最後のシーンより)

今は…ルパン三世に凝っています(・・;)。
非常に深い考え方、年齢を重ねても違和感はないなぁ。
おじさんになっても根本的には、こんな生き方が正しい!とか思うよな。

すごい漫画だなぁ〜って思います。
(*^^)//。・:*:・゚'★.。・:*:♪・゚'☆パチパチ


posted by 杉幹雄 at 15:12 | Comment(0) |

2018年05月09日

医師として感激な瞬間

患者さんからの言葉

申し訳ないことですが…
中を見たのは、頂いてから大分時間が経ってからでした。
((^^)) ユルシテチョンマゲ。

えぇ???
こんなこと書いて下さったんだぁ…(・0・)

-----
「いつも 想いを 書こうとしていますが
 沢山 ありすぎて 止まります。
 先生に お会いできたこと
 全てに
 「感謝」してます。
-----

あっ\(◎o◎)/!
自分も、この患者さんとの出会いがあったことに感謝します。
と、共に驚きました。うん(^_^)

ん〜〜〜
こんなに感謝されて…良いのかなぁ〜?
そんな思いもあります。。。

この患者さんは帯状疱疹での治療の副作用で雑多な症状が出現。
大学病院でもお手上げ状態だったそうです。
色々な漢方医院を渡り歩いて自分の医院に来た、とか。

この患者さんが自分の医院を選んだのは…
クリスチャン系の学校の卒業だったからと聞いています。
このブログで自分が神のことを書くからなのでしょう。

銀座教会の亡き鵜飼牧師先生や他の牧師先生。
そして、銀座教会に通われていたクリスチャンの方。
毎日、寝る前に自分が神を信じられるように祈って下さった、と。

その様な方の力があり…自分は30の時に神を信じることが出来ました。
でも、自分はクリスチャンにはなれませんでした。

患者さんの涙や苦しみ、また死んでいく人を診て…
「神の御心です…」とは言いたくなかったからです。
神から自分を見れば低俗な人間なんだろうなぁ〜とか思います。
(・・;)(・・;)(・・;)

でも家内はクリスチャンです。
目に見えない神を実感して確信することって大変なことです。
そんなことから付き合いを始めました。

色々な人がいる以上、
神がいると、どんなに話しても実感できない人がいてもおかしくはないですよね。
自分が…まさに、その通りだったので良く分かります。

でも…取りあえず
今の自分の心には…自分が神を意識すれば心に入ってくる様な気がします。

一度…鍼の恩師に教えて頂きました。
「今、お前の身体に神が入って来ているのが分かるか?」と。
とても…暖かいものが身体の中心を流れるような感覚です。

まぁ〜
今は自分は医師なので如何に患者さんを治療するか?ですよね。
神と共に…ですよね。うんうん(^-^)

「お前の書いた処方箋に手を通して神が入ったら…大したもんだ!」
とか鍼の恩師に言われたことも思い出します。

ただ最後に…
今回の患者さんの文章には…心が揺さぶられました。
ありがとうございます。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


posted by 杉幹雄 at 16:27 | Comment(0) | 精神世界

2018年05月02日

視点の違いと病気診断

ueno01.jpg
(画像をクリックして頂くと
 とぉ〜ても綺麗な上野の夜景が見られたりします)

上野の夜景ですよねぇ。
絞りを効かせて20秒程度はシャッターを開けています。
(10年前に自分で撮った写真です。)

すると…いつもとは違った上野の夜景が浮かびあがりまぁ〜す。
凄いでしょ〜!!! うんうん(^-^)

こんなことをやって思うのは…
視点によって見方や考え方は異なる…ということかな。

それを思うのは…自分の特殊な環境から…
医学部や一般病院で現代医学に接しながら…
東洋医学に魅せられたからかも知れません。

syukanron_outsuka.jpg

御茶ノ水にある…ある医療系大学の入試を受けた後に買った本。
それが大塚敬節先生の傷寒論解説でした。

自分の行く道が分からなくなっていた時だったかな。
歯学部も医学部も受けた…一浪の大学入試の後の時間。
神保町に寄って…漢方治療の本を初めて買いました。

現代医学の権威と言われる医師よりも上を行く漢方治療とは?
自分は…どの様な道を歩めば良いのか?と何度も考えました。

医学から逃げたい…という気持ち、と。
大学医学部の主治医の教授からは…「医学部へ行け」と。
自分の気持ちは、ごちゃ混ぜの状態でした。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

30年も昔の話ですので今とは違うと思いますが…
どういう訳だか…歯学部も医学部も通ってしまいました。
そして…訳が分からないままに医学部を選びました。


当時の医学部でも勉強は非常にハードで…
前期試験で24科目ということもありました。。。
1科目が本1冊で…それが5日程度の日程で終わります。

そんな環境から漢方治療のことは隅に置かざるを得ません。
とにかく…大学を卒業することが最優先になるのは
今も昔も変わりないと思います。。。


漢方治療に再び目を向けたのは卒業5年後の30才の時。
鍼の恩師の助言もあり…傷寒論が分かるようになって来ました。

病気って…その視点によって異なり
治療方法も変わって行くんだな…と思いました。

ただ現代医学の基本的治療を知らなくてはいけないことから
病院での内科勤務医として生活を維持しながら…
漢方治療の勉強をする他ありませんでした。

病気治療と言っても…
視点による大きな違いがあります。

現代医学と漢方医学の視点は全く違います。
でも、その根源は病気を治すということでは一致しています。

医療研究をしたい…ということにおいては
現代医学と漢方医学を一つにまとめ上げることが大切なのかな?

「視点による違い」によって病気は全く別に見える!ということを
説明することの必要性を感じながら診療をしています。

頑張らねば…(^_-)ネッ

そんな時にルパン三世をあらためて見ると…
一般には憎まれる泥棒でありながら人の心を盗んでいく姿の素敵さ。

ルパン三世の様に生きられたら…最高だなぁ!
泥棒であろうと…物事の本質を見抜いているんだろうね。

物事の見方が出来ているからこそ…
ルパン三世は多くの人に愛されているんだろうね。

lupin_love.jpg
映画カリオストロの城より…王女様との別れの場面 その1

クラリス王妃:行ってしまうの?

ルパン:ん、うん。
怖いおじさん達が一杯来たからねぇ。

クラリス王妃:私も連れて行って。
泥棒はまだ出来ないけど、きっと覚えます。
わたし…わたし お願い!  一緒に生きたい。

ルパン:クラリス…馬鹿なこと言うんじゃないよ。
また闇の中に戻りたいのかぁ?
やっと、お日様の下の出られたんじゃないか。
な。お前さんの人生はこれから始まるんだぜ!
俺の様に薄汚れちゃいけないんだよ。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

lupin_love02.jpg
映画カリオストロの城より…王女様との別れの場面 その2

posted by 杉幹雄 at 02:50 | Comment(0) | 医療