すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年09月11日

病気に現れる左右差の根源とは?

noukousoku.png

脳梗塞にて右の手が自由に動かないイラストです。

右が動かなければ…
左の脳に障害が出ている可能性があり

逆に左が動かなければ…
右の脳に障害が起きている可能性があるのが医学の常識です。

さて…ここで考えたいことは
「病気の左右差を決める要素は、どこにあるのか?」
ということです。。。

右脳梗塞ならば…
たまたま…左の脳血管に問題があり脳梗塞が起きると考えるのが
今の医学の特徴ですよねぇ。でしょ?(笑)

ここでアインシュタインは「God does not play dice」と
偶然性を否定しています。全ての物事には必然性がある、と。

左の脳血管に異常を起こす何かがある、ということです。
ここに病気の必然性を問う新しい医学の入り口があるように考えます。

人間の身体で左右差が著しい場所…
ということを考えたことがありますか?

人間は基本的に左右対称に出来上がっていますが…
その中で左右差が強い場所があります。

kirokubu.jpg

左右差が強い場所は季肋部直上の臓器配列にあります。
右から肝臓→膵臓→脾臓と異なる実質臓器が並んでいます。

多くの病気の左右差は、この場所で決められる様です。
加えて頭と胴体とは相対性を維持しています。

と、いうことは…
右脳梗塞ならば…季肋部左の脾臓当たりに問題が隠されています。

東洋医学では左の脾臓当たりの熱を「胃熱」として治療の標的としています。
その胃熱が強くなれば…身体を循環している「気」の途絶がおきます。

kirokubu02.jpg

つまり…胴体左の気の途絶がおきたならば…
その次に胴体と相対性を維持している頭の病気として症状が出る場合には
右の脳に異常が起きる筈です。

身体は全身で生命を全うしています。
今の医学の最大の欠点は…身体を分割してしまうことです。
遺伝子全盛時代ですが、遺伝子を解析しても身体が一つとして考えられない。

ここに視点を当てることが次世代の医学の入り口になる筈です。

急性症状では部分を大切にする現代医学は良いのかも知れません。
ただし、大きな病気を作り上げる身体の診察では全身を考える必要があります。

PS:薬剤師の友達がいますが…
  彼曰く…「お前〜ブログ作るの楽しんでるよなぁ〜」とか?(笑)
  
    何で自分が柔らかい記事を書くかと言えば…
  医者のブログって堅いじゃん。
  医者だって普通の人間だって思って貰いたいから、さぁ。

 

素敵な歌詞だよねぇ…
さわりだけ訳しますね。

There comes a time
When we heed a certain call
When the world must come together as one
There are people dying
Oh, and it's time to lend a hand to life
The greatest gift of all

時が来たんだ
ある叫びを受け入れる時が…
私たち全てが一つになる時が…
多くの人達が亡くなっている
その命に手を差し伸べる時が来たんだ。
それは…素晴らしい贈り物に違いない。。。
posted by 杉幹雄 at 20:52 | Comment(0) | 脳梗塞

2018年09月09日

病気治療と病気の必然性について…

ainshutain.png

「I comfirm that God does not play dice」
 神はサイコロを振らない

 どんなことにも必然性があるということ
 そんなことを話したアインシュタインの言葉には医療にも重みがあります。


 病気は人間を苦しめます…だから病気は悪いものだ!と。
 殆どの人達は考えているようです。

 本当に…そうなんでしょうか?

「病気を悪いもの」と考えるからこそ真実の医学が作り出せない。
 そんな考えによって新しい医学の発展が遂げられないのでは?と。
 そんなことを思いながら私自身は医療に携わっています。

「悪いものなら取れば良い!」
「発癌遺伝子がいけないのならば正常遺伝子に変えてやれば良い!」

 それが正しいのかな?
 そんなことを思います。。。

 悪いものと思われるものにも必要性があるかも知れない。
 その様な視点にしなくては…先がない世の中になってしまう様に思います。

 医学も勿論ですが…他のことでも同じ様に感じます。

 今の世の中は混沌としています。
 この混沌の中から次の時代への光が出てくるのだとも感じます。

 今がチャンスなのかも…(^_-)ネッ

  PS:やっとレセプト点検が終わったぁ〜
   医療関係者に取っては月初めの一大仕事ですねぇ。(´ヘ`;)ハァ

   今、一緒に働いている医療事務スタッフさんのお陰で
   大分…レセプト点検も楽になりました。m(._.)mアリガト 


 
posted by 杉幹雄 at 18:02 | Comment(0) | アインシュタイン