すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年11月18日

4回目のコラム:病気の姿

researcher

ちまたでは…コロナ感染が猛威をふるっていますが、
今日の自分は、休診ですのでコラムを書いていました。

今回のコラムでは、自分が追い求めて来た「病気の姿」です。
漢方処方から病気の姿が浮かび上がることを書いています。

編集の方に
「一般の人には難しいかも知れません。」とメールしたら
「専門家は、それを分かり易く説明すること、
 編集者は専門家と読者の橋渡しをする仕事です」と返信を頂きました。

き・び・し・ぃ〜〜〜書くことに慣れることですねぇ。
でも、どんな仕事でも厳しいですねぇ〜。うん(^_^)

今回は3429文字で、出来るだけ丁寧に説明するスタンスで書いてみました。
そうしたら…編集の方から「おもしろい」との返信を頂きました。\(^o^)/

コロナ後は、嘘が通じない世の中になるよね。
その準備として、コラムを書く機会を与えて下さったこと感謝しています。

具体的には、コロナ後は利権とか金目当てとかは…長期的には保てないよな。
利権でもお金でもなく、世の中を明るくすることに気付いて動くことなんだろうね。

義父が話していたことを思い出します。
「お金を目当てにすれば…短期的には業績は良いかも知れない
 ただ…長続きはしない。やはり世の中を良くしようとする視点がなくては無理だね。」と。

明日は8時半から検診が2件あり、その後は一般診療です。
コラムは公開されたら、リンクを張りますので、もうしばらくお待ち下さい。

PS: 最近はトランスポーターにハマっています。
  とても格好良い映画ですね。エンディングテーマも良いね。
  あ・そう言えば、夏休み課題で東洋医学を書いた患者さんの娘さん
  銀賞を取ったとのこと。おめでとう!

posted by 杉幹雄 at 21:41 | Comment(0) | 病気