すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年12月27日

コロナvsインフル(漢方視点から)

influ-korona.jpeg

今回はインフルとコロナを比較し
コロナ感染と治療法について考えてみたいと思います。

インフルは麻黄湯が効くことから考えて…
皮膚と気管支のアンバランスを狙っている。

一方のコロナは葛根湯的なウイルスだ。
皮膚と腸のアンバランスを狙っている。
次には、この太陽病期から少陽病期に入ることになる。
この時期には肺炎になりやすい身体の状態になる。

ダイアモンド・プリンセスだっけ?
その船を調べて、ウイルスが多い場所は…トイレなんだよな。
だから、最初は気管支ではなく…
腸管寄生から始まることを示唆している。

風邪は大きく3つに分けることが出来る。
一つは麻黄湯系の風邪=皮膚と気管支のアンバランス
二つ目は葛根湯系の風邪=皮膚と腸のアンバランス
三つ目は香蘇散系の風邪=肺と腸のアンバランス

インフルは一つ目の風邪の「皮膚と気管支のアンバランス」だ。
コロナは二つ目の風邪の「皮膚と腸のアンバランス」だ。

コロナの危険な点は強い少陽病に入り易いことだ。
これは…肝臓や脾臓の鬱血が顕著になることにつきる。
そして肺炎となって急変することだ。

この時期には太陽病期に有効な葛根湯は効かない…
毒薬のごとく少陽病期の病態を悪化させるだろう。。。
それほど、風邪の病期の把握は重要なことと言って良い。

また、肺炎は肺の炎症だが…その力を与えているのは背景場である実質臓器だ。
肺だけ診ていても難しい治療になるに違いない…背景臓器に注目すべきだ。
一方で…殆どの症例では背景臓器の鬱血が少なく症状が軽いのが特徴でもある。

コロナ精査の前の患者さんの微熱の状態の身体…
そして、コロナ陰性後の嗅覚障害の患者さんの身体…
この患者さんの身体を診ていて共通しているのは…
少陽病期の実質臓器の熱が取れていない。

ウイルスは見る視点を変えないと敵にしか見えない。
ウイルスを敵視しても無駄の様だ。。。
加えて…「肺炎ならば肺が悪い」という観念を捨てることだ。
肺と、その背景臓器の関連に視点を移すことが次世代の治療に繋がる。

一般の人では「如何にやり過ごすか?」を考えることが重要になる。
日常の体調管理をしっかりとして欲しいと思う。

今年最後の記事。医学の進歩を願って…。
(2020/12/29:仕事納めの日…内容更新)

PS:美しい朝が来るまで…もう少しだよね。
   (^_-)ネッ 大丈夫だよ…乗り越えられる。
   アグネスチャンは…自分に取って不思議な存在。
   風の噂で聞く彼女の姿と…違うのかも知れないけど…
   中学生の自分には…とても素敵な存在だったなぁ。

posted by 杉幹雄 at 17:33 | Comment(0) | 医療

2020年12月23日

ノストラダムスとコロナの関係とは?

nost.jpg
ノストラダムス wikipediaより

ん〜〜〜
ノストラダムスと医療ということを書くことはないと思ったんだけど。
ノストラダムスが残した言葉とヤケに一致する部分があり記事にします。

ノストラダムスの記述について
(後藤勉さん訳:亡くなられたとのこと、お悔やみを申し上げます)
人間を撲滅するようなことが西暦2000年に起きるとされ著作されています。
この言葉を読んでみると…これって「コロナ」なのでは、と感じたりします。

ノストラダムスの封印文書は、後世に伝えたくなかった文章を
封印文書として…出来るだけ後世に伝えたない様に力を注いだ文章になります。
まず西洋文化にとっての日本は邪魔であること。
西洋文化の根底であるキリスト教文化に反して、他の救世主が出ることが邪魔。
このことからノストラダムスの詩の中で「ブランクの詩」とされました。
この「ブランクの詩」を解明しようとすれば呪いがかかるとされたのです。
その封印文書を解明し公開したのが「後藤勉さん」でした。

第一の封印(封印は白人が他に漏らしたくなかった文章)
日の国の欠陥が現れるとき
平坦な日の上に怪物が出てくる
それはまったく違った言い方で説明され
シェルテ・ナギャクド それに対する備えは何もないのだ

第四の封印(繁栄と甘えの終わりを告げる詩)
すべて恵まれているところ とてもうまく行っているところ 日の国と月よ
豊かさに満ちあふれているところ その荒廃は近い
おまえの幸福を虚しくするものがまもなく空から襲う
同じ国の中に 七番目の暗礁も来る

→ (?_?) これって…コロナなのでは?
  日の国は日本を指しているとの指摘が多い 月は西洋社会
  コロナを怪物と思うかどうかは…それぞれの人の自由ですが。

日本の今後の指摘文書(諸世紀」4巻の二九)
日の国はメルキュースによってエクリプスをかくす
第二の空にしか置かれない
火と金属の神(ヴユルカン)により エルメスは祈らされる
日の国は純粋なきらめきとブロンドを見るだろう

→ メルキュースは今の通信技術の進歩を指摘、
  またエクリプスは日食を示し…日本が停滞することの予言とのこと。
      エルメスは知恵と魔術の神様 火と金属の神は戦闘兵器 

「大きなメシーの詩」(諸世紀五巻五十三番)
La Loy du Sol & Venus contendus
Appropriant I'esprit de prophetie,
Ne I'um ne I'autre ne seront entendus,
Par Sol tiendra la loy du grand Messie.

日の国の法と金星の法が競いあう
予言のエスプリをわがものとしながら
双方互いに耳をかたむけないが
大きなメシーの法は日の国によって保たれるであろう

→ この様に日の国(=日本)が大きな運命を背負っているんだよね。
  ノストラダムスは生前に以下の様に話していたと言います。
  「この詩を見た人は、それだけでも恵まれる様になる。
   特に4行目を声に出して読めば、いっそう幸運に恵まれる。
   詩の意味を知れば、さらに輝く人生を送れる
   なにしろこの詩は、私が精魂込めて書き、”大きなメシーの法”とつながっている」と。
   キリスト教に取っての神はキリストだけなので、
   別のメシーがいては困ることから封印された、と。

今後の日本に対する予言(セザールの手紙)
日の国が生む光は(人間の)肉体の構成要素にも
構成しない要素にも、その影響を投げかける。

→ これは日本の方向性に世界がかかっているということだよな。
  世界の行く先を日本が先導する時期があると思われてならないよな。

まとめ
今までの現代医学は「病気を敵視して必要ないもの」と考えて来た。
ところが…病気が生まれるにも必然性があるんだよな。
どんな病気にしろ、さ。殺りくの死は少し異なるに違いない。
ウイルスにしろ、その必然性を理解することが解決への近道だよな。

現状、コラム執筆の依頼がありますので…
まず、病気に必然性があることを書いていくこと。
ウイルスが人間に取って、どの様な存在なのかを理論的に推測すること。
そんなことを、文字にしたためて進めていきます。

PS:自分は…コトー先生の姿勢が医師として正しいと思う。
   だからコトー先生の葛藤が良く分かります。

posted by 杉幹雄 at 15:19 | Comment(0) | 医療

2020年12月16日

無と共に生きる人達

nestory.jpg
NeverEndingStoryより

ん〜〜〜
NeverEndingStoryは「虚無から人類を救う!」ことを題材にされた映画です。

今回は、受診患者さんから…
「自分が指導を受けた鍼灸師がどこにいるのか?」を尋ねられたことから
今回の話題の「無と共に生きる人達」という話題にしました。

鍼灸師学校の学生さんですので、そんな人を知りたかったんでしょうね。
残念ながら…自分を指導して下さった先生の殆どは亡くなっています。
その鍼灸師の先生も亡くなっています。ですから紹介することは出来ませんね。

でも、その様な人は今でもいると思われます。
特徴としては、その様な人は特殊な面があることが殆どです。
その特殊な人に色々なことを教えて貰うと成長するかな、と思います。(笑)
恩師の鍼灸師の先生は「無=潜在意識」に支配され、それを感じ行動していた様です。

女性の鍼灸師の先生でしたが、普通の人ではなかったな。
5人位で話し合いをしていて…
「あ・何か入って来た」と感じて、その鍼灸師の先生を見ると笑顔だもんねぇ。
「勝手に人の中にはいるの止めて欲しいよね!」とか感じましたっけ(笑)。
「感じるかどうかを試したかったんじゃないかなぁ〜」とか思いますが???

ご自分の潜在意識と会話も出来る様な人でしたから…。
自分にした様なことは幼稚園レベルだったのかも知れませんよね。

大川隆法氏がしている自動筆記などは…ごく普通にしているし。
この自動筆記というのは、潜在意識に文字を書かせている姿です。
そんなことも含めて…彼女が知っていて自分に役立つものを教えて頂きました。

鍼灸は基本的に体表面の気を流すことを目的に作られた治療法です。
一度、その恩師の鍼灸師の先生に聞いたことがあります。
母親に鍼を打っていたら、気が流れて、気の停滞部位がなくなった、と。
彼女曰く「それが鍼」と言われました。(´ヘ`;)ハァ

そんなことをしていると「気の停滞部位」と漢方とを結びつけられないか?
そんなことを考え…傷寒論に出てくる薬草や処方を整理すると…
驚いたことに、傷寒論の分析で病気の姿が浮かび上がることに気付きました。

ですから…この鍼灸師の恩師に漢方を直接、教えて頂いたことはありません。
次に漢方薬が見えてきたときに…彼女は一言、「カゴメになっちゃうんだろ」と。
全て見抜かれているよね。葛根湯や小柴胡湯は薬草配置を考えるとカゴメの姿になる訳。
(この辺は今回のコラム:「小柴胡湯から読み解く病気へのアプローチ」に書いてあります。)

kagome-kanpo.jpg

「カゴメ、カゴメ、籠の中の鳥は いついつ 出やる?
 夜明けと晩に、鶴と亀が滑った、後ろの正面…だあれ?」

こんな童謡に隠された真実を入れて、今までは真実を伝承してきたんだろうね。
後ろの正面は「潜在意識である身体のない自分」な訳なんだよね…これ。
と言うことは…人間は表在意識と身体だけでなく潜在意識があることを伝えたかった。
そんな作者の姿が浮かび上がることになるよね。。。

重要なこととして、今の世の中では目で見たものなどの「有」を信じやすく
その背景にある「無」を信じられないし、感じられていない訳だよね。

その無を感じるかどうか?の一番の近道は「神や仏を感じられるかどうか?」かな。
自分は神を確信していますが、そこまでの道のりは遠かったです。
銀座協会の牧師さんを困らせたりしました。(笑)(良くして頂き感謝しています。)
その牧師さん曰く「貴方は神とお相撲をしている、でも死ぬまでには分かる」と。

また礼拝で隣にいたクリスチャンの年上の女性に「歌がお上手ですね」と話した切っ掛けで
彼女は毎日寝る前に「自分が神を信じられるように」と祈って下さいました。
先日、亡くなったとのお知らせが来ました。感謝の気持ちしかありません。

この様な色々な方々のお力もあり、自分は30才の12月3日に神を確信しました。
無を自分でも感じることが出来たということかな?
(キリストも神とは思えますが、他にも色々な神がいて、
その全てを神と思うことから…今はクリスチャンになるまでには至っていません。)

それからが大変。。。
今まで自分が生きてきた自分の生き方の価値観が根底から崩れる訳だから。
ガラガラと崩れていく今までの自分の考えを放心状態で見つめている姿でした。
ただ全て崩れれば、後は作り直すだけなので、新しいものを作るのは簡単でした。
ただ…その時点から先は「物の見方が全く変わってしまう」のが事実です。

これから先は、無を知っている人と無を知らない人の差は歴然になってくる様に感じます。
もしかしたら、それがコロナが主導しているようにも思えてなりません。

この様なことから無を感じて治療をしている鍼灸師さんならば師匠にしても大丈夫です。
そんなことをブログを通してお伝えします。

posted by 杉幹雄 at 14:19 | Comment(0) | 医療

2020年12月13日

漢方コラムとワープロソフト

wordpresser.jpg

昔はパソコンがないので、こんな感じのワープロでした。
と、今はパソコンが進化しているので、ソフトが役目を果たしてくれます。
昔からすると…凄い!の一言だよね。

そんなワープロソフトを使って…
今日は午前3時から医療コラムの修正を始めて…今は5時頃かな?
ん〜〜〜大変だけど、文字に残すことって意味があることだと思うんだよな。
前回の分が分割されたので…細かい所を校正して編集者に送りました。

現代医学の病気の視点もある意味正しいけど
漢方医学の病気の視点を融合させれば…新しい考えの医学を作ることができる。
そんな基盤を日本は持っているんだよね。

さて…話題はワープロに戻り…
コラム原稿を送り終えて…ワープロって、変わったよなぁ〜とか感じます。
原稿を書いて送ると編集後の文章が来ます。
そのワード文書には、消す文章や入れる文章、また疑問点まで書かれてあります。
「凄い!」と一言だよね。

word.png

Wordはビジネスベースの基本ソフトだから、なぁ。
でも…機能は凄いんだろうけど、慣れないなぁ。。。
使いこなせていないよね。

ichitaro.png

自分は一太郎の方がワープロとしては馴染みやすいよね。
昔のワープロに近いのかな? 
ATOKが日本語変換の最高のソフトだし、一太郎も良いソフトだよね。
そんな訳で…一太郎で編集してWord変換しています。

今は…毎日雑用が多くて…
帰って夕食を食べると寝てしまい、後で起きて仕事をしています。
こんな感じなのは…コロナも大きいよね。(T.T)

ただね、ウイルスが何故、この世に存在するのか?という視点も大切では?
感染しないことは大切だけど、なぜウイルスの存在意義があるのか?という考え。
人間が地球上に現れる前に、ウイルスがいるわけだから。何らかの必然性があるのでは?
今の医学に、この様な考え方がないのが…問題かな。。。

感染をした人と感染していない人の遺伝子配列を比較すると異なる部分がある様な?
今は遺伝子配列まで精査できるので…なんの意味合いのウイルスなのか?を把握すること。
こんなことが大切になって来るように思われてならないんだよな。

さぁ…元気を出さなくては!
Zardの音楽でも聞いてみようかな?とか、(^_-)ネッ。
うん(^_^)

PS: いつも病院勤務の通勤の車の中でZardの曲を聴くと
  気持ちが元気になりました。ありがとう!
  いつか、一度、お墓参りしたいと思っています。
  歌詞の表現や音楽自体も素敵な歌ばかりでした。
  そんな歌を聴かせて頂いたことに感謝しています。
  自分も自分がすべきことをしたいと思います。

posted by 杉幹雄 at 05:24 | Comment(0) | 医療