すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年08月25日

季節の変わり目…だよなぁ。

blueimpluse.jpg

ブルーインパルスは格好良かったよね。
今回の飛行コースはクリニックの上を通ることから
14時にクリニック屋上から、写メを撮ってみました。

さて…コロナの状況ですが
東京のコロナ感染症、第X波はピークアウトを迎えた様です。
これから先、時間をおいて地方も次々にピークアウトだね。

あら?
今から緊急事態宣言地を加えるんですかぁ…(@@;)。
確かに…ピークアウトの頃が患者数が多いんだよなぁ。
一方、コロナ感染するリスクが減ってきているとも言えるなぁ。

nakano030825.png
(阪大、中野先生が昨日作成されたグラフ)

今が季節の変わり目なのでしょう。

コロナ感染症は3つの時期に波を作ります。
一つ目は…3月から4月
二つ目は…7月から8月
三つ目は…年末年始  になります。

これは季節変動に左右されている姿なのであって…
緊急事態宣言の効果は少ないと考えています。。。

人流抑制やワクチン以外の根本的な対策を練らないと、
今度のウイルスに関しては難しいかな。
例えば、イギリス方式は…凄いよなぁ。

取りあえず、コロナ感染X波はピークアウトらしい状況。
今度のY波は12月中旬からなのでしょう。。。

今はコロナでの精神的抑うつ感を感じている方も多く
制限や制裁を加えても…人のコントロールは難しいかな。
そんなことを感じます。

加えて、「子供の感染者が増えている」との報道もありますが
全体が増えているので、増えている様に見えるだけとのことです。
「年齢比の感染率は殆ど変わらない」との中野先生のご指摘があります。
もちろん自分も同様に思います。

ブルーインパルス…格好良かったなぁ〜。
(^^)// ハクシュ

posted by 杉幹雄 at 16:57 | Comment(0) | 医療

2021年08月18日

アルゼンチンかぁ〜w(゚o゚)w オオ-

argentina.jpg
アルゼンチンからもアクセスが…。。。アラ(・・?

と、驚く一方で…今日は休診ですので、
午前中は医師会にコロナ対応物資の配給を頂きに行ってきました。
手袋・マスク・フェイスシールド・防護服・アルコールなどです。
大切に使わせて頂きたいと思います。ありがとうございます。

esksoramachi.jpg
と、午後は夕方になってから…
散歩がてらソラマチのマックに家族と行ってきました。
夕食の調達ですよね。そんな訳で夕食も早く終わりました。

アルゼンチンと言えば…ねぇ。
エビータ」を思い出しちゃうなぁ〜(笑)
「エビータ」はミュージカルでアルゼンチン大統領夫人役が主役です。
四季の「エビータ」を3回程度観ました。。。
舞台・コンサート・映画などが好きな友達が多かったんだよねぇ。

世界に新しい考えが広がってくれることを願って…
ホームページも少しずつ強化しています。。。

PS: マドンナのDon't Cry Argentinaです。
  エビータの最後の曲だった様に覚えています。
  綺麗に歌っていますよね。うん(^_^)

posted by 杉幹雄 at 20:55 | Comment(0) | 日記

2021年08月13日

元気が大切だよね。

tokyolove.jpg
東京ラブストーリーより

コロナで人流を遮断することが適当なのか?分からないよね。
人間の本来あるべき姿は…人と人との交流だと思うんだよな。

そんな時に「東京ラブストーリー」をみたくなって…
リカとカンチはとても素敵に思えて、これが本来の人間じゃないかな?
そんなことを思ったなぁ〜。

ーーーー
リカ
そこがカンチの良いところだよ。
さとみちゃんの気持ちを考えてあげて。

カンチ
そんな立派なもんじゃないよ。
ただ、振られたってだけ。

リカ
恋愛はさ、参加することに意義があるんだから。
例え、駄目だったとしても、さ。

人が人を好きになった瞬間って。
ずーと、ずーと、残っていくものだよ。
それだけが勇気になる。
暗い夜道を照らす懐中電灯になるよ。

カンチ
そんな慰めるなよ。

リカ
頑張れ!
私も頑張る。

カンチ
あぁ。
ーーーーーー

結婚前にオルガンとピアノを15年位、習っていて
子供達に交じって発表会で「東京ラブストーリー」を弾いたことがありました。
緊張しちゃって、さぁ。ヘダルを踏む足は震えるし、もぅ〜(T.T)

コロナは行くとこまで行くでしょう。
一番大切なのは人を思う気持ちなのかも、ね。

もうワクチンだけでは、無理かも知れないね。
感染しても重症に至らない方法しかないかも?
なんか…考えてみようかな。

posted by 杉幹雄 at 21:04 | Comment(0) | 医療

2021年08月04日

対数曲線からみた感染者数の印象

koronakansen-kata-c.jpg

東京の6月からの感染者数を片対数グラフにしてみました。

7月中旬から下旬までは強い感染拡大があったのでしょう。
X波の波は…数種類の感染拡大の波が重なっている様なんですよね。
今は少し落ち着いて来ている様な。
自分個人の印象としては緊急事態宣言と相関性はないかな?

皆さん、数字だけに驚いているので…
その真実をお話することにします。。。

誰もが、感染者数に対して凄い神経質になっていますが…。
もし、今のコロナの感染者が複数人に感染させるとすると
これは毎日の棒グラフではなくて対数グラフで観察することが必要です。

分かるかな?
感染症も含めて自然の運動の殆どは指数対数的に変化しているんだよね。
だから数字だけみて驚いても仕方がないんだけど、(^_-)ネッ。

上の片対数グラフを見ると…
4000人の感染者が5000人になっても大して変化は無いかな。
だから…驚く必要は無い様な気もします。

fractal.jpg

何故、感染数が片対数曲線に乗るか?って?
1人が1人の人限定に感染するのならば対数グラフは要らない。
だけど…1人が複数の人に感染する力があるのならば…
対数グラフが必要になってくるんだよね。

阪大の中野先生のメーリングリストに入れて頂いているのですが
これは「感染者数は対数グラフで追った方がが良い」との
中野先生のご指摘の通りだと思います。

実際に自分で作った片対数曲線で感染者数を見ると驚くに値しないなぁ。

数字だけ見ていても分かり難いんだけど…
せめて報道機関には、この様な解析を行って欲しいと思います。

感染者数だけ取り上げた記事を作れば…読者は増えるんでしょうけど…
その意味合いを報道しないと。駄目なんじゃ無いかなぁ。
しっかりとした解析記事を載せる報道機関こそが、コロナ後も残るのではないかなぁ?

そんなことを個人的に感じています。

PS1:オリンピック
  オリンピックの選手を歓迎したいと思っていた人は多いよね。
  それが出来ず…コロナに翻弄されている姿が今の日本なんだろうか?
  スカイツリーもオリンピックモードなんだけどなぁ。

olympicskytree.jpg
綺麗なんだけどねぇ。。。

前回の東京オリンピックは高度成長期を起こす切っ掛けになり、
全ての人が少しでも前に進むことを夢見て仕事してた時代。
今度のオリンピックもそうなって欲しかった、(^_-)ネッ。

でも今は、このままで良いんだよね。それを受け入れることなのかも。
「Let it be」:そのままで生きて行く姿が重要と教えられる。
ビートルズではなく…他の歌手のリバイバル
John Lennonが原作だけど、良い歌は引き継がれていくんだよね。


PS2: クリニックサイトへのアクセス状況

access0804.jpg

この様な感じでアメリカ・ワシントンからも鋭いアクセスが。
世界中の医療関係者が…コロナに対しての治療を開発する気配があります。
次第にコロナの全貌がつかめるので…一般の方は高見の見物をしていて下さい。

kanjasan.jpg

自分は、正しいと考えた医療をこの世の中に残したいので…
アクセスとは関係なく自分の視点からの病気の姿を書いていきます。
研究者だったらなぁ…でも臨床を知らない研究者じゃ、なぁ。
そんな姿を見つめて下さっている患者さんに感謝です。

次回のブログ更新は、保険請求後ですので
PSを付け加えました。コロナに怯えないようにされて下さい。
posted by 杉幹雄 at 10:50 | Comment(0) | 医療