すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年07月13日

ある大学病院の東洋医学科の処方について

rpbonigiru.jpg
(wikipediaより)

巨大な建物と医療の権威の相関があるのかな?

いままで自分の処方していた漢方薬を飲んでいた患者さん。
大学病院東洋医学科に受診して調子が悪い、と来院。

漢方処方をしている医師は専門医でも「柴胡剤」が好きだよね。
実際に診察すると黄連剤が必要なのに、なぁ〜。(T.T)

その専門医の先生の肩書きは「大学病院助教授?」とか?
(´ヘ`;)ハァ あぁ〜ぁ。。

この様な立場のある医師でも柴胡剤と黄連剤の区別も付かないんだろうね。
権力と実力は相関しないよな…患者さんを診察してため息の連続です。。。

nyoshin-kami.jpg

この患者さんは胃熱が強いので黄連剤の女神散を使っていました。
安定剤を沢山の服用している患者さんなので…直ぐには治らないよね。
(患者さん本人が…ここに気づくことが大切なんだけど、さ。)
そして大学病院東洋医学の助教授の診察を受けたのでしょう。

大学病院助教授の診断では「女神散は女性の薬だから」との理由で
加味逍遥散に変更されたが調子が悪い、と。

「女」という文字は女神散には入っていますが…
この処方で多くの男性の健康が回復されています。

では、「女神散」や「加味逍遥散」は…どの様な処方なのでしょう?
「女神散」は黄連剤で、「加味逍遥散」は柴胡剤です。
両者とも共通するのは「不安神経症的な病状に合う」ことだけです。

漢方専門医、それも大学病院助教授でも
診察にて柴胡剤と黄連剤の区別が付けられない…これが現状なんだよね。
黄連剤を使わなくてはならない患者さんに柴胡剤を使ったら病状は悪化する。
もし「女神散」が女性の薬との認識ならば「黄連解毒湯」を使うべきだよな。

実際に自分の患者さんには漢方専門医の男性の先生もいて…
「自分自身で考えていると分からなくなる!」(この気持ちは分かるんだよなぁ〜)
とのことで自分の診察を受けており診察では胃熱があり虚弱での黄連剤の適応。
このため虚弱の黄連剤投与を考え女神散を投与。

本人が話すには「女神散はとても良い!」と。
いままでの漢方の師匠は柴胡剤しか使わなかった、とな (´ヘ`;)ハァ。
なぜ黄連剤を柴胡剤の様に使えないかなぁ〜???
柴胡剤より黄連剤が合っていれば症状が軽くなるのは当たり前だよな。

こんな日常なのですが…
これを考えると権威って何なんでしょうね?
「常識への信仰なのかな?」とか思わざるを得ませんよねぇ。

今の時代…自分を大切にすると言いながらも
自分で考えない人が…とても多く、他人の考えに従うことばかりです。

自分で考えてみることの大切さ。
前の記事でも書いたように…自己主張は強い反面、自分で考えないよなぁ。

ひとりでも自分で考える方が増えることを願っています。
ひとりひとりが自分を見つめることが大切なのかも知れません。

PS:岡本真夜さんのこの歌は…自分を支えてくれた時があります。
   歌って、精神を支える力があると思うんだよね。
   これから歌手デビューする患者さんは…体調を管理しなくちゃ駄目だよ。
   今、歌わない患者さんには…「また歌って欲しい!」し歌声を聞きたいよなぁ。
   普通に生活していては話せない人と話せることが、開業して幸せかな?って思います。

posted by 杉幹雄 at 22:57 | Comment(0) | 漢方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。