すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年04月01日

神はサイコロを振らない:必然性の追求

ein202003.jpeg

God does not play dice.
「神はサイコロを振らない」

(今日は研究者向けなので非常に難しい内容です)

どんなことであれ…その意味合いがある。
どんな現象であれ…その必然性がある。
意味のないことは…この世では起こらない。

今回のコロナウイルス感染症に関しても何らかの意味合いがあるのでは?
今は感染の助長を防ぐ段階には違いない。
しかしながら…この感染症が起きた必然性がある筈。
それを追求することが…今後の医学に繋がると思わざるを得ない。

日常の診療をしていて…このことに気づいている人は、ほぼいない。
感染を恐れ…感染のストレスを抱えている人間の姿に他ならない。

このことをよく考えて欲しいと思う。
「必要で無いことが世の中に起きるのだろうか?」という視点。

戦争の意味は「物質文明の繁栄」にあると思われる。
物が豊かな方が勝利する訳なので…「この世に物を豊かにしたい」
そんな意思が、どこかにあった様な推測ができる。

今回のコロナウイルス感染症に関しては?
ニュースコラムに書かれている「ウイルスとの闘い」とかの表現。
「如何にウイルス感染の必然性があるか?」というコラムは皆無。

「闘うか?」 それとも 「必然性を見抜くか?」
今後の医学は、そこにかかっていると思わざるを得ないと感じる。
もちろん、人類の発展も…その様な視点にかかっていると考える。

今日は難しかったかな?
研究者向けでしょうね。気づいて下さる研究者が1人でもいれば価値があるよね。
さて…? どうなることやら? (^_^)v

PS: Suzanne Vega - Luka
音楽としては良い感じの曲ですが…内容は自分の住んでいるアパートの上の階で
小児虐待が行われている!と言うことを歌っているんです。
彼女は歌手でありながら…小児虐待を防ごうとして作ったのが、このルカという曲です。

posted by 杉幹雄 at 14:48 | Comment(0) | 哲学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。