すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年05月30日

院内感染の実態および経済の逼迫について…

fune.jpg
ダイアモンドプリンセス号です。

院内感染について
ん〜〜〜
院内感染について一般の方に向けて話しをしてみたいと思います。

ダイアモンドプリンセスから入院施設の自衛隊病院に入ったこと。
このことで院内感染が起きなかったのは特別ではなく普通のことだと思われてなりません。
自衛隊病院は…化学兵器に対しての訓練も受けていると思われ熟練されていること。
加えてコロナウイルス感染症と分かっているため、それなりの対策をすれば良いだけです。

一方の一般病院では…救急外来にどんな患者が来るか?分かりません。
そのため、急患を入院させ医療をする良心が仇になり…院内感染が起きることもあります。
それは最初の診察では分かりません。PCR検査は結果まで数日かかります。
その間に病棟内に広がります。それはダイアモンドプリンセス号と同じ環境だからです。

急患を受けいてくれる病院ほど良い病院に違いないと思います。
この中で院内感染が起きたときに、医療現場を知らない一般の人からのパッシングが
起きますが、この様なことが起きるために「新規入院患者は診ない」と言うことになります。
今は新規入院患者を受け入れないという病院が増えています。

この様なことが理解できない一般の人によって、医療現場は逼迫しています。
どうして…この様なパッシングや感染地図マップに、その良心的な病院が入るのでしょうか?

今日は、転倒により頭部打撲をして、病院に連絡したものの断られ来院された患者さんがいます。高年齢であるため、一度はCTなどの精査をした方が安全なので病院探しです。色々な情報から…無理だと思う病院を外していくと、一つの病院が浮かび問い合わせをし受け入れてくれました。

経済の逼迫について

同時に経済が逼迫しています…今後の不景気は長期化の様相を呈しています。
医療以外でも、一つの業種が逼迫すれば、その業種に関係がある別の業種を逼迫していきます。
これは…まるでウイルス感染症と同じで、ねずみ算式に経済が逼迫しています。

abiigann.jpg
アビガンで9割回復」との記事

感染者数や死亡数は公表されいるものの回復者数は数字として公表されておらず
また…どの様な治療をしていたのか?がベールに包まれています。
くわえて「新型コロナ専門者会議での議事録」が作られていません。

これは不思議なことです。多くの人がコロナ神経症になっている現状からすれば
これを透明にして情報開示をしないとコロナ感染症をむやみに怖がる人ばかりです。

一方ではアビガンはコロナウイルス感染症に有効性が高いとの報告もあります。
使い始めた時点ですので、その後の副作用は分からないことや
一般的な認可試験をしていないことから正式な認可はされていませんが
コロナウイルス感染症の多くの人がアビガンを服用している様です。

アビガンで「症状が改善した割合は軽症が88%、中等症が85%、重症が60%」と。
このアビガンでも治らない病態に関しては、前回のブログの記事の様に…
身体を一つとして認識出来ていない現代医学の弱点から来ているものだと推測されます。

自分も勤務医時代に院内感染や結核疑いの患者さんの診療経験をもあり
今回のコロナウイルス感染症に対しての感染への不安感は余りありません。

ただ、ここまで公的機関により管理され…国民を安心させる様な報道がなされないのは
医師になってから30年以上経ちますが、初めての経験で理解に苦しみます。。。
まるで戦時下での情報統制の様にも感じられるのは考えすぎでしょうか?

インフルエンザの診断や治療が出来る様になったのは、ここ15年前当たりからです。
それまでは…インフルエンザでも普通の風邪薬を投与し時間を待っていただけでした。

これだけ経済の急激な悪化があり、多くの人がコロナ感染を怖がっている以上
情報の透明性を確保することが重要なことだと思いますが、如何でしょうか?

「今はこの様な感染の状態で…治療はこの様にして快復率と死亡率があります。
 回復している人は、この様な人が多く、また亡くなる人はこの様な人が多いです。
 ただし…感染により多くの人の生死に関わりますので、出来る限りの自粛をお願いします。」

この程度での情報開示でも良い様に思われてなりません。
今の現状ではコロナウイルスに感染せずに生きていても、経済で死んでしまいますよねぇ。

8割おじさんこと…西浦教授には、統計の総本山で学んだのならば
統計に感染症のベクトルだけでなく、経済のベクトルも入れて頂きたいと願っています。
財務省に従う「政府」とそれに踊らされた「国民」が今、
「医療崩壊」と「社会崩壊」を同時に導こうとしています」の記事から思うこと。

PS:ひこうき雲です。自分は…難病で亡くなっていく子供達を救いたかった。
  でも…自分は小児科には向いていませんでしたので、内科医になりました。
  そのため「癌の理論的解析の研究」を20年してきました。
  今でも、患者さんを守ることは医師としての使命と思い診療しています。。。

posted by 杉幹雄 at 22:32 | Comment(0) | ウイルス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。