すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年06月23日

背景場理論から考察するコロナ肺炎

koronahaien.jpg
コロナウイルス感染症での肺炎像

この肺炎像は…滅茶苦茶に強い肺炎で命に関わる。。。
全身管理や呼吸器の装着が最も重要になるに違いない。
これでは死も近い肺炎像に他ならない。(´ヘ`;)ハァ

ここで臨床報告から「デキサメタゾン」が有効との報道がある。
これは…「肺自体の問題で肺炎が起きている訳ではなく
背景臓器の力によって強い肺炎が起きている」ことが推測できる。

デキサメタゾンの作用は、抗炎症効果と免疫抑制効果にあるからだ。
医師や医学研究者でなくては…分からないかも知れない。
それからすれば、この記事は医療関係者向けになるのかも知れない。
それでも…良いので、解決策をブログ記事としてみたい。

まず、自分が作った背景場理論を簡略化して説明する。
この理論は漢方医学を自分なりに整理して見つけ出した結論の一つでもある。

今の現代医学は臓器別に病気を治療しようとしている。
しかしながら…病気は身体全身が要求するものであって、
一つの臓器の病気でも、その一つの臓器の欲求では起こりえない。
病気は、全身が欲求することの必然性から起きる現象に他ならない。
個別臓器の診察に縛られている現代医学の亡霊に惑わされている…
それが…今の世界の現状の医学の姿に他ならない。

haikeiba0001.jpg

この背景場理論は…
当該臓器の変化が背景場とのエネルギーギャップにより病気になる一方で
背景場臓器が変化しても、当該臓器とのエネルギーギャップを起こし
当該臓器に病気を引き起こすことを意味している。相対性を意味する現象だ。

つまり…強い病状を発症する臓器に本来の原因がなく
本来の原因は、その臓器の背景臓器にありうることを示唆している。
(もう少し詳しい説明は…英語ですが自分が説明した背景場理論へ)

アビガンで治らない肺炎が、デキサメタゾンとの併用投与で治癒している。
デキサメタゾンが当該臓器である肺と他の臓器の免疫を抑制しているからだ。
もちろん…抗炎症作用もあるが、免疫抑制効果が無ければ有効性は低いだろう。
アビガンは、それなりに効いているが背景臓器からの力を排除できずに…
肺炎が悪化していると推測される病態では、免疫抑制が一つの有効な治療法だ。

だが…本来の治療は背景臓器が肺にかけている力を落とすことに他ならない。
肺の病状で肺に捕らわれる前に、背景臓器に視点を移すべきだと思われる。

この視点でコロナ感染症に接しなければ…退院したとしても後遺症が残るに違いない。
それは…背景臓器の状態が元に戻っていないからに他ならないと推測される。

コロナウイルスは私達医師にも挑戦を投げかけている。
「病気の捉え方を、今一度、考えてみろ!」ということかも知れない。。。

たぶん…コロナウイルスは新しい医学を求めているのだろう。
さぁ〜どうする? コロナウイルス感染への回答を見つけないと、(^_-)ネッ。
ワクチンは出来ても…何年も持たないと思う。この波は次々に来ると感じる。
病気の根幹に目を向けることが…今、一番必要なことだと考えるよな。

PS:零戦のドラマを見ていたら…素晴らしい人の生き様を感じました。
  こんな若い人達が、命を携えて零戦で敵の船に体当たりした悲しい事実。

  tokko.jpg
  
  彼らは家族や日本を守るために死んでいったんだよな。
  私達は…もっと強くならなくてはいけないのかも知れない。
  今与えられている平和は、そんな人達の命の上に成り立っていると思わざるを得ない。
  そんな事実を忘れて…コロナから逃げていても始まらないよな。。。

posted by 杉幹雄 at 21:55 | Comment(0) | 医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。