すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年07月24日

東京の現状と今できること。

ryogoku-hotel.jpg
東京両国のホテルの灯り

左のホテルは両国第一ホテル・右のホテルは新しくできたアパホテル
中央はNTTの基地局になります。

ホテルの灯りをみれば分かる通り、殆ど客室の灯りが付いていません。
それほど東京のホテルの稼働率が低く、1〜2割程度しかないとのこと。
この中で東京の人達は、我慢して生活を送っていますよね。

島根知事、「Go To」全国一斉開始に反対」を読んで…
 違和感は感じるよね。東京の演劇を見て感染した女性の扱いも、ね。
 確かに延期出来れば、それが一番良いのだろうけど…
 延期すると多くの旅行業者が潰れて行く状況なんだろうね。
 国も旅行業者を助けるお金はこれ以上ない…のかな。

でも実際には多くの東京の人達は「GoToキャンペーン」には消極的ですよね。
それは、日常生活から垣間見られます。

東京では、当然の様に移動にマスクが必需になっています。
マスクをしていないとコンビニやスーパーにも入れません。

自分はマスクが嫌いなのでマスクをしないでエレベーターに乗っていたら
後から乗ろうとした人が「先に行っても良いです!」と。(T.T)

その上、東京に住んでいる人は地方の人からすれば「バイ菌扱い」です。
親が亡くなっても「帰って来るな!コロナだったら住めなくなる」とか。
函館に別荘がある患者さんも「バイ菌扱いだから今年は行けない」とか。
長野に別荘がある患者さんは「別荘の掃除のため闇に隠れて往復した(笑)」とか。

この状態で「GoToキャンペーン」でも、行くに行けないんだよね。
自分の場合にはクリニックの患者さんもいるし、なぁ。(^_-)ネッ

またPCR検査と言っても、東京の人全員をするのに2週間程度の時間しかないよね。
2週間以内に発病する訳だから、1日100万人という数が必要…
とすれば…今の検査体制では無理だよね。これは。。。(--)(__)
加えてPCR検査の正確性の限界もあるよね…。ウイルスと闘っても無理だよね。

そんな訳で「with コロナ」という結論になるんだろうね。
と、すれば「感染しても悪化しない身体を作っておくこと」が必要かな。
これからは漢方治療での体質改善が必要な人も多くなって行くのかも知れないよね。

tokyo-k.png
東京のK値の推移(Digest Newsより)

2020/07/23の東京の感染者数は360人とのこと…
ただし、K値の推移から見ると…4月とは少し違うんだよね。
検査数は5000人で、これからも増やす様だから…
感染者数だけに惑わされない方が良いのかも知れないね。
推測でしかないんだけど、2/3程度は無症状なのでは?

「陽性者数」に一喜一憂するのはやめよう

感染者と言っても検査陽性者数で、症状がある患者数じゃないんだよね。
90才の死亡者が2人と言っても…なぁ。ごく当たり前のことだと思うんだけど。
加えて「感染した人の抗体も数ヶ月で低下する」と言われているから
コロナは身体に取って…凄い毒性があるウイルスの様には思えないんだよね。
日本人に取ってはインフルエンザ以下の毒性しか無い様な。。。

一方のマスメディアの騒ぎ方は尋常ではないとしか思えないよねぇ。
指定伝染病の解除が本当は良いんだろうけど…
オリンピックだよねぇ。これが…足引っ張っている様な感じなんだろうね。
オリンピックに関しては10月をめどに開催か?中止か?を決める記事もあるよね。

あ・そう言えば、非定型抗酸菌症の患者さんの漢方治療をしているんだけど
肺野陰影の悪化が収まっていて「今は治療を必要としないと言われた」とか。
「もう、漢方薬はずっと飲む!」とか話していましたっけ。

コロナの肺炎も同じで、少陽病期から肺炎が発症しやすくなる訳で
同じ様な治療で良くなる可能性が高いとは思うんだよな。
コロナの後遺症も、実質臓器のうっ血が取れていないんだと思うんだよな。
この状態だと倦怠感や微熱、軽い咳などは出るよね。

漢方医学からみたコロナウイルス感染症の感想だけど…
コロナと言えども「傷寒論」の内容と同じ様に進行していくのが凄い。
傷寒論が作られた2000年前と同じなんだから、凄い見識だよね。
そんなことも誰でもが分かりやすい様に説明しなくては、(^_-)ネッ。

posted by 杉幹雄 at 13:24 | Comment(0) | ウイルス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。