すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年12月13日

漢方コラムとワープロソフト

wordpresser.jpg

昔はパソコンがないので、こんな感じのワープロでした。
と、今はパソコンが進化しているので、ソフトが役目を果たしてくれます。
昔からすると…凄い!の一言だよね。

そんなワープロソフトを使って…
今日は午前3時から医療コラムの修正を始めて…今は5時頃かな?
ん〜〜〜大変だけど、文字に残すことって意味があることだと思うんだよな。
前回の分が分割されたので…細かい所を校正して編集者に送りました。

現代医学の病気の視点もある意味正しいけど
漢方医学の病気の視点を融合させれば…新しい考えの医学を作ることができる。
そんな基盤を日本は持っているんだよね。

さて…話題はワープロに戻り…
コラム原稿を送り終えて…ワープロって、変わったよなぁ〜とか感じます。
原稿を書いて送ると編集後の文章が来ます。
そのワード文書には、消す文章や入れる文章、また疑問点まで書かれてあります。
「凄い!」と一言だよね。

word.png

Wordはビジネスベースの基本ソフトだから、なぁ。
でも…機能は凄いんだろうけど、慣れないなぁ。。。
使いこなせていないよね。

ichitaro.png

自分は一太郎の方がワープロとしては馴染みやすいよね。
昔のワープロに近いのかな? 
ATOKが日本語変換の最高のソフトだし、一太郎も良いソフトだよね。
そんな訳で…一太郎で編集してWord変換しています。

今は…毎日雑用が多くて…
帰って夕食を食べると寝てしまい、後で起きて仕事をしています。
こんな感じなのは…コロナも大きいよね。(T.T)

ただね、ウイルスが何故、この世に存在するのか?という視点も大切では?
感染しないことは大切だけど、なぜウイルスの存在意義があるのか?という考え。
人間が地球上に現れる前に、ウイルスがいるわけだから。何らかの必然性があるのでは?
今の医学に、この様な考え方がないのが…問題かな。。。

感染をした人と感染していない人の遺伝子配列を比較すると異なる部分がある様な?
今は遺伝子配列まで精査できるので…なんの意味合いのウイルスなのか?を把握すること。
こんなことが大切になって来るように思われてならないんだよな。

さぁ…元気を出さなくては!
Zardの音楽でも聞いてみようかな?とか、(^_-)ネッ。
うん(^_^)

PS: いつも病院勤務の通勤の車の中でZardの曲を聴くと
  気持ちが元気になりました。ありがとう!
  いつか、一度、お墓参りしたいと思っています。
  歌詞の表現や音楽自体も素敵な歌ばかりでした。
  そんな歌を聴かせて頂いたことに感謝しています。
  自分も自分がすべきことをしたいと思います。

posted by 杉幹雄 at 05:24 | Comment(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。