すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年06月27日

コロナウイルスから見た視点?

cc6026.jpg

コロナウイルスの再拡大も始まりました。
オリンピックを強行する日本…どうなるのかな?

こんな時に自分が考えるのが…
「自分がコロナウイルスの立場」に立ってみて
どの様に感じるか?ということです。

「コロナが猛威!」とかの記事は多いですが…
コロナウイルスとしては「感染して欲しい」ということだから。
その感染によって人に有意義な部分を残そうとしているのでは?
コロナ感染の何かの長所がなければ…これだけ広まらないよね。

遺伝子解析でも言われているように…
数千年前のコロナウイルス感染の足跡が残っています。
これが何を意味するのか?を解くことも重要だと思います。

自分は患者さん個人の精神よりは、患者さんの身体が出す症状や診察での身体の状態を考えます。
如何に、精神的に辛くても、その症状により命が支えられているのならば、正しいのは身体。また、そんな症状があるからこそ…生きることができるという観点ですよね。ここいら辺は、東洋哲学的な考え方ですよね。症状を悪とは見ないことです。ただ精神には感情があり個人により大きく精神状態が異なりますので…まずは身体を優先することは言うまでもありません。

同じ様に…
「コロナウイルスは敵だ!」という観点のみ訴えている様ですが
「コロナウイルス感染によって得られるものへの視点」に切り替えて
「今後を考えるべき時が今なのでは?」と思います。

ここは、それぞれの人の想像の領域ですが…
コロナウイルスを人類に撒くことで感染を広げている自分を想像して下さい。
そんな力があるのは、神仏的な力がある精神なのですから悪さはしませんよね。
コロナウイルス感染に対しての何かの利点があるはずだよね。

コロナの利点(1)
コロナウイルスにより「縦型の人の分断」を図る…
その利点とは? 今までのピラミッド型の権力構造はなくなります。
また今までの、組織の構造が成り立たなくなっていくことです。
業務命令で動く人も少なくなっていくのでしょう。

ただし昔の様な生活が補償される職場はなくなるかな。
すでに崩れている様に終身雇用も無くなりますよね。

と、いうことは…これから先は自分で自分の未来を切り開いていくこと。
そんなことだと思いますよね。頼るのは会社でなく自分ですよね。
会社にいても、自己の創造性を発揮していく人が残っていくのでしょ。

別の言葉で話すと、人に頼ってお金を得ることが出来なくなる様な感じなのかな?
自分にお金を得る素質がなければ…切られていくのが今後なのでは?
ただし…誰にでもお金を稼ぎ生活を維持する能力はあり、それを自覚するか?どうか?
そんなことになると感じています。

コロナの利点(2)
コロナウイルスで「人の嘘が丸見えの状態」になってきています。
政治にも当てはまりますが、今の政治はコロナ後に始まったことではありません。
戦後から同じ政治をしているだけの様な気がします。

ところが…コロナウイルスの登場で政治の狡猾さが丸見えの状態になっています。
本物以外…通じないのは政治の世界もコロナの影響を受けてきていると思いますよね。
政治も時代が変わるんでしょうね。利権政治は終焉を迎えつつあるのでは? 
尾身会長は…最後は正しさを通しましたよね。狼狽した政治家が多かった様な。

これは、大企業なら安全、公務員なら安全…そんな世界も消滅していく様に思います。
昔、鍼灸師の先生が話していたのは…5000人以上の会社は難しくなると。

コロナの利点(3)
日本の医療体制も国民皆保険制度がどこまで持つか?だよね。。
日本は民主主義と言われているけど…社会主義体制の成功例だよね。
医学は医局権威主義の崩壊がみられるけど…今の医療体制も無理かな?
だって…コロナで保険組合の収入が激減している訳だから今の制度は保てないのでは?
近い将来…混合診療が当たり前になって来るようにも思いますよね。
(保険制度を守るためには…先発薬品より薬価が安い後発薬品(ジェネリック)が必要かな)

まとめ
以上からすれば…コロナウイルスがしたいことは現状の破壊だよね。
ピラミッド型の縦型社会を崩して、横型社会への変革をしようとしている。

具体的には…
人間1人1人がどの様に考えて、どの様に行動するか?を試している姿。
それがコロナウイルスのパンデミックの真相なのでは?と感じています。

ワクチン接種しても、次々に新しいコロナウイルスが出てくるわけだから、
ワクチン接種のみで対処できるほど甘くないんだろうね。
コロナウイルスの本心は人間の視点を変えたいんだろうなぁ。

身体の状態が悪くてコロナ感染し死んでも…コロナには死亡させるという視点はない。
問題は「安全に甘えている人間」では? 自分の健康を自分で守ろうとすることが重要だな。
(^0^)(^0^)(^0^)

PS:自分は平穏無事だけを願って生きてきました。
   健康で生活をして、食べるお金に困らないことだけを願ってきました。
   これを昔、恩師の鍼灸師の先生に話したら「お前は当たり前のことが欲しいのか?」と。
   
色々な経緯があったにしろ、基本、自分は平凡なんですよね。

sky0625cc.jpeg
ソラマチ入り口は誰もいなくても綺麗だよなぁ。

sky0625.jpeg
ソラマチのテナントのディスプレイが可愛い。

sky0625b.jpeg
「みずまち」の夜景も綺麗だな。

そんな平凡に感激することが実は重要だと思うんだよなぁ。
もっと基本的には…食べられることの幸せ。
自分でトイレに行って排便や排尿が出来ること。
ひとりで裏道を歩けること。若ければ失恋できること。

この様な…ごく普通に出来ることに最大の幸せがあるよね。
それを剥奪されたときの苦しみは入院すれば分かりますよね。
うん(^_^)

終戦後にラジオドラマの主題歌として「とんがり帽子」という歌が作られています。
多くの人々に生きる力を与えたんだろうなと思える曲です。
私の小さい頃は家庭に軍歌や戦後の歌のレコードが沢山ある環境でした。
だから…殆どの軍歌を歌うことも出来たりします。(^^;; ヒヤアセ
その中でも戦後復興期の「とんがり帽子」は素晴らしい曲だと思います。
若い方にも…この様な歌で日本が復興して行ったことを知って欲しいな。

きっと若い人でも…困った時に、
この歌を口にすれば次の道が思いつくと思うな。

posted by 杉幹雄 at 05:37 | Comment(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。