すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2021年07月02日

親子の関係を見直す視点も必要かな。

oyako.png

親子関係への視点を見直すことが必要な患者さんが増えている様に思います。
今回は、このことに付いてお話ししてみようと記事を作りました。

間違っている親の子供への接し方の代表は…
「子供を親の所有物の様に扱うこと」だよね。

子供は結婚して夫婦の間に生まれてくるのは事実。
ただし子供の肉体には親子の関係がある一方で、精神的には他人と同じ別人格。
このことを自覚することが大切だと思うんだよな。

だから「親は子供を世の中に出す仕事を与えられた存在」でしか無い訳。
それを「自分の所有物の様に親が考え扱うことが大きな間違い」だよな。
何故、子供が自分の言葉で表せないか? 親の方を向いて親の回答を待つ姿。
その一番の原因は、親の子供に対する考え方にあるよな。

子供を社会に出す経済的な負担は当然、親にあるのが事実。
しかしながら…子供を社会に出すには、親の子離れと子供の親離れが必要だよな。
子供は親の所有物では無いわけ。それを親が自覚しないから子離れできない。

学校の先生が親子に、この様なことを言えば…
「親子で騒いで学校を困らせることが今の時代」なんだろうなぁ。
この様な教育現場で、どうやって子供が家族を養って行く大人に成長できるかなぁ?

そのご本人たちが作った環境の中で精神的に苦しんでいる親子を見ると…
親子の根幹を知らない人が多いのを実感するよね。親子は別人格だという事実を。
それで…最後は当事者の親子に困難が降りかかって悩んでいる様な感じでは?

親子は血のつながりはあるけど…別人格の人間との共同生活だよな。
親は子離れを、子供は親離れをして欲しいと感じるよね。

人間は肉体と精神で出来ている。
精神は肉体から生まれた物ではない。
肉体に宿ろうと天から降りてきたものだよね。

しっかりとこの分別が出来る様になることが重要だよねぇ。
牧師さんの説教の様な感じ…かなぁ?(笑)

大切なのは…
You've got a friendの歌詞の通り、親も子も友達を作ることが大切だよね。
こんな友達を作るには…自分の足で立つことが大切なんじゃないか?と。

PS:You've got a friend (Carole King)
(日本語への翻訳は自分の感性で訳しています
 CaroleKingも自分の精神が他人にも伝わることを感じている人だよな)

When you’re down and troubled
And you need some loving care
And nothing, nothing is going right
Close your eyes and think of me
And soon I will be there
To brighten up even your darkest night

あなたが落ち込み困り果てているとき
そして心からの思いやりが必要なのに
何もかもうまくいかない…そんなときには
目を閉じて私を思うの
そしたら私は、すぐにあなたの元にいるのよ
あなたの真っ暗な夜だって明るくしてあげられる

You just call out my name
And you know wherever I am
I’ll come running to see you again
Winter, spring, summer or fall
All you have to do is call
And I’ll be there
You’ve got a friend

あなたのすべきことは…私の名前を呼べばいいだけ
私はいつでもあなたの元に駆け付けるのを知っているよね
冬でも春でも夏でも秋でも
呼んでくれさえすれば私は、あなたの元にいるの
そう、あなたには私という友達がいるのよ

Carole Kingのベーシックな「You've got a friend」だね。
posted by 杉幹雄 at 21:28 | Comment(0) | 人間…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。