2022年08月07日

コロナ…今の状況

access.png

この様にコロナ後の後遺症でのアクセスが多くなっています.
1日当たり500以上のアクセスがある状況になっています。

一方では…
イギリスに住んでいる日本人の方からの治療依頼もあります。

「コロナ後に後遺症で、痰のせきが朝方や夜に止まらなくなります。
  お助けください。イギリス在住なのですが、オンライン治療は可能ですか?
  実家に薬を送っていただければ、帰国時受け取りないしは、
  転送してもらえるかとかんがえています。」

ん〜〜〜
問い合わせの患者さんのことも考えなくては、なぁ。。。
住んでいる場所がイギリスでも、なぁ。
イギリスでも…原因が解明されていないんだよなぁ。

大使館にメールしてみようかな?
イギリスならば…アメリカに血を分けた兄弟の兄貴分なのでOKかな。
どうしても…医学を前に進めることが大切だよなぁ。
ちなみに自分は長時間の飛行機は無理なのでイギリスに行けないけどね。
(ニューヨーク往復の飛行機で…もう無理だと思ったんだよなぁ)

昨日は鎌倉からコロナ後遺症の患者さんが…いらして下さいました
でも診察してみると、なぁ。コロナ後遺症的ではない。
気持ちで負けている様な印象がありました。

あぁ〜〜〜
医者は患者を助けて、なんぼの職業なので…こんなもんなんでしょう。

医学はとても好きですが…
昨日の様に開始2時間で30人の患者さんがいらっしゃると厳しいなぁ。
こなすだけで精一杯になるよなぁ。

PS:ビアニストはピアノを弾いて人を感動させることが大切で…
  医者は患者を助けることに集約されるんだよなぁ。

posted by 杉幹雄 at 10:38 | Comment(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※投稿者のIPアドレスが取得されることを御理解下さい。