すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2012年11月13日

自分の漢方薬…

SN3T0073.jpg

当帰芍薬散と五積散では?
ないかと、自分の身体って。。。

しかしぃ…
身体は不調のまま…ですぅ(×_×)

さてぇ…
どうするべ?

自分の身体の気の流れをみる…
とぉ。

1)黄連の熱
2)当帰の冷え
3)右季肋部の痞え

てな、訳で。。。

女神散合香蘇散加烏薬乾姜!
てな、所かな???(^^ゞ

SN3T0074.jpg

煎じ薬を飲んで、寝ますね。。。

あぁ…旨いなぁ。
煎じ薬って。

エキス薬=凝縮している=内側に力が向く
煎じ薬=発散する感じ=外側に力が向く

エキス薬と煎じ薬は全くの別物って感じ。
予約診察料の2000円以上の価値があるんだけど、なぁ。

その予約診察料を取ってなくても
院外処方で煎じ薬を処方すれば…
2000円以上…かさむのに、なぁ。

自分の患者さんには
そんな違いを分かって欲しいです、ね。

(-_-)゜zzz…



Claptonに元気を頂き、ねます。。。
おやすみなさい。
posted by 杉幹雄 at 23:01 | Comment(0) | 煎じ薬

2011年07月05日

点滴+煎じ薬

sennjiyaku.jpg

一般医療と煎じ薬のコラボレーションの体験です。

昨日と今日、気管支炎と胃炎を併発して
脱水症になっている患者さんの点滴治療をしました。

昨日よりは良くなっている感じでしたが…
「煩燥」と言って、もだえてしまう症状があります。

この症状のために
寝られないし食べられないのです。

患者さんが切れた時間を利用して
この煩燥という状態を治すことができる
煎じ薬を院内で調合し、煮出しました。

そして…できあがりぃ!
と喜んでいた…私。。。

と、そのときぃ \(◎o◎)/!

「先生、こんな凄い臭いの薬、飲めるんですかぁ?」
とか、話す我がスタッフさん。。。

これが…我が医院の現状だったりします(×_×)
分かってないのね。。。

実際、点滴中の患者さんに
飲ませてあげて、

その患者さんの最初の一言は…
「おいしい!」でしたよぉY(^^)ピース!

スタッフさん…
「先生…患者さんがおいしいって…」(笑

そりゃそうでしょ!
身体に合っていれば美味しいはず。
そして、身体の状態も改善されていく筈です。

点滴をしながらの煎じ薬って
いいなぁ。。。(笑

西洋医学と東洋医学が一体になったような。。。

そんなことから…
今日はスタッフ全員

「葛根湯の煎じ薬」を飲む訓練をします!(笑

結果ですかぁ?
こうご期待!(^_^)v
posted by 杉幹雄 at 16:15 | Comment(2) | 煎じ薬