すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年08月11日

人間ドックへの違和感

ningendock.jpg

検診で「BNPが高い」と指摘された、と。
胸部レントゲンやECG(心電図)では大きな問題はない、と。
そんな人間ドックの結果でした。

BNPは血液検査だから…
基本的に心不全を決めるのはECGや胸部レントゲンだよな。
その検査が問題になっていないので…BNPの再検で良いだろう、と。

結果…やはりBNPは高い。患者さん本人には症状がない。
それならば…心機能の精査だけ病院に依頼すれば良いのかな?
とか、思っていました。。。

でも…診察をしていると不思議なことに。
SpO2測定では、酸素飽和度はまぁまぁだけど、脈拍がヤケに速い。
SpO2:97% HR:110〜120。
ECGでは、Sinus Tachycardia(洞性頻脈)とSTT変化(虚血性変化)を示す。

おかしいよなぁ〜これ。ソレハ(^.^)b

胸部レントゲンを追加しての結果に驚き! (゚o゚)/
CTR(心胸郭比)が60%を軽く越えている心肥大に愕然。
肺血管は拡張してないから呼吸困難はないんだよね。

CHF(Congestive Heart Failure):うっ血性心不全。

これは病院での治療が必要な状況だよな。
早く治療をしないと、今の内だったら後遺症は最低限。

医院のスタッフさん達の活躍もあり
近隣病院では受け入れを許可してくれました。
自分の生まれた病院に入院です。感謝です。

こんなことを顧みて考えるんだけど…
人間ドックって流れ作業なのかなぁ?

一つの検査異常では病気として判定されないので…
色々な角度からみて判断するのが医療だよなぁ。

こんな症例を経験すると…人間ドックって何なのかな?と思ったりするよな。
自由診療で保険請求がないから、収益は良いんだろうけど。

医療は人を救うためにあるのでは?
それは保険診療でも、自由診療でも変わらないのでは?とか思うな。

PS:
漢方専門になりたいとは思いますが…普通の医療も出来なくては融合が出来ません。
国立病院のCCU(心臓集中管理室)にいたこともあるんだよなぁ。
最初には嫌いだったCCUの仕事をしてみると楽しかったなぁ〜。
でも…漢方医学が好きなんだろうなぁ〜CCUも良いんだけどなぁ。

自分のことですが…医院を開業する前に経営を教えて下さった経営の先生が
亡くなってしまいました。自分を雑餉隈(ざっしょのくま)にも連れて行ってくれました。
「ここいら辺が…武田鉄矢のお母さんのタバコ屋さんがある場所なんだよ」と。
哀悼の意を捧げます。ありがとうございました。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

posted by 杉幹雄 at 18:22 | Comment(0) | 医療

2019年03月13日

向精神薬投与には日医の生涯教育単位取得でも良いんですねぇ。

kouseishinzai-ishikai.png

昨日は薬品卸の「スズケン」さんが
今後の内科での向精神薬の投与に必要な情報を持ってきてくれました。

ん〜〜〜
来月から…向精神薬を継続して投与する条件が出来ていることになっています。
1年以上…同じ薬を投与することの懸念なんでしょうか、(^_-)ネッ。
向精神薬の基本を知らない医師には保険点数を減らす!との言い分なのかな?

ーーーーー
日医(日本医師会)の「向精神薬長期投与」の説明では…

問 171 不安若しくは不眠の症状を有する患者に対して1年以上継続してベンゾジアゼピン受容体作動薬の投薬を行った場合に算定する処方料・処方箋料について、「不安又は不眠に係る適切な研修」及び「精神科薬物療法に係る適切な研修」とはそれぞれ何を指すのか。

(答)「不安又は不眠に係る適切な研修」については、現時点で日本医師会の生涯教育制度における研修(「日医 e ラーニング」を含む。)において、カリキュラムコード 69「不安」又はカリキュラムコード 20「不眠」を満たす研修であって、プライマリケアの提供に必要な内容含むものを2単位以上取得した場合をいう。 
ーーーーー

昨年の医療法の改正でのことなので…昨年の8月頃にも耳にしたのですが
基本的に…「どうして良いのか?」分からずに今に至りました。

これって…日医のネット研修でも良いとのこと。(^^)v
「不安」と「不眠症」のカテゴリから「2単位取れば良い!」とのことでした。

日医のネット研修には「不安」のカテゴリがなくて…
カテゴリ20の「不眠」には3つの単位(問題)があります。

と、すれば…この3つの問題の内の2つの単位が取れれば良いのかな?
そんな訳で…頑張って3つ全部をダメ押しで取ってみましたぁ。(^^)v

動画での説明とテキストのダウンロードがあり…
まずテキストのダウンロードをして、動画をみる準備をします。
その上でテキストを見ながら…講師が説明する動画を見ます。

何か…学生時代を彷彿とされるようなぁ。。。
(^_^; アハハ…

最後にはテストがあります。6問あり、それぞれ1問が6択です。
「説明に間違いがあるものをチェックせよ!」と。
(´ヘ`;)ハァ(´ヘ`;)ハァ

そのテストが通ると単位を頂けると!のこと。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

どうにか…3単位全てを取得することが出来ました。
これで…今までと同じ様に軽い向精神薬や少ない睡眠薬にならば
内科の当院でも処方できます。(^^)// ハクシュ

ん〜〜〜
だって、さ。

1種類の睡眠薬や安定剤なんかは内科の範疇なので…
それが全て禁止されてしまったら…まずいからなぁ〜。

そんなこんなの休診日の水曜でした。

医師っての医療の勉強は生涯なんですよねぇ。
それも良いかもね、(^_-)ネッ 
良いと判断するか、悪いと判断するかは自分次第だもの、ね。

医院を土台に医師として働くことも色々なことがあります。
そんなこんなで…ドクターコトーを思い出しました。
医師の葛藤を画像にしているようで素敵な動画だと思いました。


posted by 杉幹雄 at 14:41 | Comment(0) | 医療

2018年05月02日

視点の違いと病気診断

ueno01.jpg
(画像をクリックして頂くと
 とぉ〜ても綺麗な上野の夜景が見られたりします)

上野の夜景ですよねぇ。
絞りを効かせて20秒程度はシャッターを開けています。
(10年前に自分で撮った写真です。)

すると…いつもとは違った上野の夜景が浮かびあがりまぁ〜す。
凄いでしょ〜!!! うんうん(^-^)

こんなことをやって思うのは…
視点によって見方や考え方は異なる…ということかな。

それを思うのは…自分の特殊な環境から…
医学部や一般病院で現代医学に接しながら…
東洋医学に魅せられたからかも知れません。

syukanron_outsuka.jpg

御茶ノ水にある…ある医療系大学の入試を受けた後に買った本。
それが大塚敬節先生の傷寒論解説でした。

自分の行く道が分からなくなっていた時だったかな。
歯学部も医学部も受けた…一浪の大学入試の後の時間。
神保町に寄って…漢方治療の本を初めて買いました。

現代医学の権威と言われる医師よりも上を行く漢方治療とは?
自分は…どの様な道を歩めば良いのか?と何度も考えました。

医学から逃げたい…という気持ち、と。
大学医学部の主治医の教授からは…「医学部へ行け」と。
自分の気持ちは、ごちゃ混ぜの状態でした。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

30年も昔の話ですので今とは違うと思いますが…
どういう訳だか…歯学部も医学部も通ってしまいました。
そして…訳が分からないままに医学部を選びました。


当時の医学部でも勉強は非常にハードで…
前期試験で24科目ということもありました。。。
1科目が本1冊で…それが5日程度の日程で終わります。

そんな環境から漢方治療のことは隅に置かざるを得ません。
とにかく…大学を卒業することが最優先になるのは
今も昔も変わりないと思います。。。


漢方治療に再び目を向けたのは卒業5年後の30才の時。
鍼の恩師の助言もあり…傷寒論が分かるようになって来ました。

病気って…その視点によって異なり
治療方法も変わって行くんだな…と思いました。

ただ現代医学の基本的治療を知らなくてはいけないことから
病院での内科勤務医として生活を維持しながら…
漢方治療の勉強をする他ありませんでした。

病気治療と言っても…
視点による大きな違いがあります。

現代医学と漢方医学の視点は全く違います。
でも、その根源は病気を治すということでは一致しています。

医療研究をしたい…ということにおいては
現代医学と漢方医学を一つにまとめ上げることが大切なのかな?

「視点による違い」によって病気は全く別に見える!ということを
説明することの必要性を感じながら診療をしています。

頑張らねば…(^_-)ネッ

そんな時にルパン三世をあらためて見ると…
一般には憎まれる泥棒でありながら人の心を盗んでいく姿の素敵さ。

ルパン三世の様に生きられたら…最高だなぁ!
泥棒であろうと…物事の本質を見抜いているんだろうね。

物事の見方が出来ているからこそ…
ルパン三世は多くの人に愛されているんだろうね。

lupin_love.jpg
映画カリオストロの城より…王女様との別れの場面 その1

クラリス王妃:行ってしまうの?

ルパン:ん、うん。
怖いおじさん達が一杯来たからねぇ。

クラリス王妃:私も連れて行って。
泥棒はまだ出来ないけど、きっと覚えます。
わたし…わたし お願い!  一緒に生きたい。

ルパン:クラリス…馬鹿なこと言うんじゃないよ。
また闇の中に戻りたいのかぁ?
やっと、お日様の下の出られたんじゃないか。
な。お前さんの人生はこれから始まるんだぜ!
俺の様に薄汚れちゃいけないんだよ。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

lupin_love02.jpg
映画カリオストロの城より…王女様との別れの場面 その2

posted by 杉幹雄 at 02:50 | Comment(0) | 医療

2018年03月11日

涙と医療

涙と医療

医療は涙と密接です。
それは医療が涙から出発しているからなのかも知れません。

病院勤務の時にご家族が亡くなる時に泣かれるのは仕方ない、よなぁ。
そんな感じで考えていたのですが。外来も同じなんですね。

医院を開業して…一般の生活をしている人の診察と治療をしてみると、
同じ様に涙を流される患者さんを診ることも多いものなんだなぁ…
そんなことを実感します。

誰にも涙を見せられない。それを我慢して生活してきた。
その試練を通り越して落ち着いた患者さん。

「どうした?」って聞くと
「誰にも弱音を吐けなかった…でも悪いことにならなくて良かった」
そんな言葉と共に…自分の前で涙を流します。

「誰にも涙を見せられなかった」と。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

  患者さんが診療室を出られてから…
  隣に付いていてくれた女性スタッフさんは
「先生…もう大丈夫、涙を流せたから」とか。。。
(女性心は複雑だなぁ〜。・゚゚・(>_<)・゚゚・。)

そんなもんかぁ???
(・o・)(・o・)(・o・)

でも、さ。自分の前で、涙をみせても…
前に進んでくれるんならば…それで良いんだと思う。

だから…
診察の時でも…涙を流しても良いですよぉ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

この年齢になっても…
医者と言う仕事の深さを知るには今の自分の気持ちでも甘いよな!
そんなことを感じるんですよね。♪ d(⌒o⌒)b♪

どんな仕事でも…ひとつの仕事を掘り下げると
深いだけなのかも、(^_-)ネッ。


空と君の間に…
作詞・作曲:中島みゆき

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる
孤独な人につけこむようなことは言えなくて
君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた
ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ いつまでも

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

君の心がわかる、とたやすく誓える男に
なぜ女はついてゆくのだろう そして泣くのだろう
君がすさんだ瞳で強がるのがとても痛い
憎むことでいつまでもあいつに縛られないで

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ うつむかないで

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

(中島みゆきは、とても好きなんだけど…
 直ぐにYouTubeから削除されちゃうんだよねぇ…(T.T))

posted by 杉幹雄 at 07:02 | Comment(0) | 医療

2018年02月11日

いつも医者って何だろうと考える。


医者って…何なんだろうね?
そんなことを考えることも多いかな。

医療が完成されていない時代で…
医療をしていくことの正しさ…は、
懸命な治療により治していこう!と
行動する医師の姿にあるよね。

ただ、さ。
患者さんには分かって欲しい部分があるよね。
「医者にかかれば大丈夫!」というのは違うよね。
だって、医療が完成されていないんだもの。

ドクターコトーは…
ある意味、今の医者の究極の姿だと思うんだよね。
だから…中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」は…とても好きな曲です。

患者さんの話を聞いていると…
「この世は苦の娑婆(しゃば)かも知れない…」と思ったりする。

ただ、さ。
どんなに苦しくても自分から楽しみを見つけようとすれば…
この娑婆(しゃば)でも楽しみを見つけることが出来るんだよね。

今の自分たちの精神を鍛えるための娑婆かも知れないけど
楽しみを見つけるかどうかは本人次第だよね。

どうか…せめて、自分の患者さんには
生活の中での楽しみを見つけて欲しいと願っています。
うん!(^-^)うん!(^-^)

八女津媛神社

福岡から車で2時間余り…
毎回、行くのは大変だったけど。

でも、この神様、好きだな。
いつも、この写真の様に白い光で包まれている。
神の光…なんだろうかなぁ。

ひぃ・ふぅ・みぃ・よぅ・いっ・むぅ・なな・やぁ・ここの・とう
これが…この神様の祝詞(のりと)です。

1から10までの数字の読み方なんだけど。
数字の読み方や、その意味合いは深いものがあります。

この祝詞を…この神社の前で
心で話してみると分かると思うんだけど。。。
それぞれの言葉で…身体にある気の集中部がかわって
全身を見つめようとしている神様です。

今も彼女にコンタクトできる人の話ですが…
「彼女が生きていた2000年前の話…
   彼女は声を発することだけで病気を治療していた」と。

身体が声に反応すれば可能なことだよね。
その時代には…「彼女に頼るしかない!」
だからこそ…声(音)に反応して身体が回復したんだろうね。

ちなみに…
「邪馬台国の卑弥呼では?」と考察する人もいます。

でも…自分が、この神社に行くのは
彼女の暖かさに触れるためです。

神社の鳥居をくぐった時に感じるのが
「身体を包むような抱きしめられるような暖かさ」です。
そんな暖かさが彼女自身だし彼女の心だと思います。

鳥居をくぐる前の神社の姿は…

人を寄せ付けない強烈な違和感があります。
でも…違うんだよね。
とても大きな愛情を持ている人なんだろうな…って思うな。

八女津姫神社02
(上の鳥居までは急な階段です。
 近隣の氏子さん達により整備されています)

ん〜〜〜
死んだらすべが無くなるわけでなくて、精神は残るんだよな。
死んでいる人でも心は…そのまま残るんだよな!

身体は死んでも…精神は残るからなぁ。。。

と…いうことは。。。
他人を裏切って、この世で勝てても…
さて、あの世で会って精算する時が来る。

ここら辺の意識がないから…今の状況になるんだろうね。
死んだ後もコンタクトしてくると分かれば違ってくるんだろうね。

他の人へ心が向けられないのも…
「この場限りと」思っているからではないかな?
加えて…自分自身を見つめる姿も少ないのかな?

肉体を離れた死の後でも精神が存在している。
つまり…その精神は亡くなった後に…
他の精神にも問いかけることは可能なんだよね。

相手があなたを意識していれば「この場限り」では…ないかな。
お互いが心の奥から話す時が来るんだろうねぇ。
うん!(^-^)
posted by 杉幹雄 at 07:58 | Comment(0) | 医療