2022年11月13日

コロナ感染は遷延状態で8波では…ない!

221113a.png
阪大中野先生の作図

この様な感染状態で、今は感染温度が低い所に広がっている状況。
東京は感染温度が高かったので、都市と地方の感染温度の差が改善されている。
そんな状態で…悪くない状態です。

221113b.png
阪大の中野先生の作図

この様にK値も順調に落ちてきていますので…
新しい波ではなくて…地方に広がっている姿だと考えられます。

以下は阪大の中野先生のお話です。
「概況:
大阪は前週比が1を下回り(今週2回目)、東京はほぼ1です(差は1%以下)。
北海道は想定より若干多いですが、統計的なふらつきだと思います。
"8波"の入り口ではなく、出口に近づいています。
そもそも8波と呼ぶのはいかがなものかと思いますが。。。 」

感染者数に右往左往している行政の姿がありますが…
別に気にする必要はないと思われます。

日本の都市部と地方との感染温度の差が大きかったため地方で感染温度を上げている状態です。
この感染温度が日本で均一にならないと…強い感染は止まりません。

このことからすれば…とても良い経過を進んでいます。

今のオミクロン株は感染力は強い一方で…病毒性は弱くなっています。
昨年のデルタ株では自宅でも酸素吸入をされていた方も多くいますが…
今回のオミクロン株では入院でも酸素吸入をされる方も殆どいない様です。
そんな状態です。。。

コロナ感染で怖かったのは肺炎ですが…その脅威は去っているものと思われます。
行動制限などの余計な心配は必要ないと思います。

今、生きているということなんだから、生きていることを楽しみましょう。

PS1: コロナ後遺症の患者さんが石垣島から受診されました。
   w(゚o゚)w オオー! 驚きましたが…
    ご主人が東京で働いているから…という部分もある様です。
    精一杯…治療をしていきますね。
   石垣島かぁ…一度、行ってみたいなぁ〜(^^ )。

PS2:石垣島と聞いて「Drコトー先生の音楽」を聞きたくなりました。
   中島みゆきではないんだけど…上手ですね。うん!(^^)
       歌詞から感じる感情を歌にしていて素敵です。

posted by 杉幹雄 at 11:23 | Comment(0) | 医療

2022年11月03日

福岡かぁ。。。

IMG_0882.JPG
櫛田神社近くにあった「山笠」かな。

福岡ねぇ。
この写真を撮った日は7月15日で「山笠」の日だったんだよな。

訪問診療を終えて…疲れて寝てましたけど。
「山笠」は0時から始まるんだよね…確か。

半分、医者として行っているから寝ちゃうんだよね。

経営の勉強で福岡に通い始めたんだけど…色々な知り合いもできて、
ある方の調子が悪いと聞いたことから往診が始まりました。
九州大学で調べたけど…分からない、とか。

粕屋町の駕与丁公園の近くの方でした。

ご自宅に入ったら…「酷い状態」でした。真っ暗なご家庭でした。
ご本人は微熱と目眩ということで診察に伺いましたが…
息子さんのお嫁さんがソファーに横になっていて、なぁ。
悪阻で何も食べられないでプリンペランを飲んでいるとか?

仕方ないなぁ…とか思いながら二人とも治療をしました。
二人とも数ヶ月後には元気になりました、とさ。

IMG_0409.JPG
福岡空港のレストランからの撮影

先日、病院勤務の時の看護師さんのお友達が受診されて
この駕与丁公園の近くの出身の同級生とか、でした。

この女性は月に生理が2回来て調子が悪いとのこと。
帝京で調べて分からないとのことでした。

病院で調べて問題なければ…病気に対する視点の違い。
漢方治療の適応に入るよな、とか考えながら治療を始めました。
たぶん、どうにかなるのでは?とか、d(^-^)ネ!

今はクリニックの患者さんを診るだけで限界ですけど…
この頃は、時間があり月1〜2回は福岡に行っていました。
通算100回程度は行ったかなぁ。
大分以外は九州の全ての県に行ったんだよなぁ。

この前の大分のコロナ後遺症の患者さんは会社に復帰の様です。
良かったよね…ホント! うん!(^^)
これで大分も加わり…九州征服だったり…(^^ )(^^ )

PS:Zardは生活の一部でした。
  沢山の元気をもらっていた様な感じだったなぁ。
  亡くなられたのは残念です。(>_<)


  急遽…よみぃ君も追加しました。
 「うっせぇわ」なぁ…今どきなんろうね。
 
posted by 杉幹雄 at 10:51 | Comment(0) | 医療

2022年10月25日

先生に診察して欲しかった、とな。

doctors_kanja.png

電車で1時間以上の距離でも診察にいらして下さる患者さん少なからずいます。
茨城・千葉・埼玉・神奈川・栃木などからの患者さんなど…かな。

今日は八王子から受診された患者さんがいらして
「先生の診察を受けたかった」と。(>_<)

そうなんだね。うん!(^^)
自分はいつも出来るだけの診察をしているとは思います。

あるときは優しく、あるときは怒ったりもしますが。
病気を自分から作り上げる患者さんには指摘して怒ります。(^^)v

医者である以上…患者さんが良くなることを願っています。
ワガママな患者さんもいますが、このワガママさの指摘もしますね。

身体は懸命に生きようとしている…それだけの尊い存在です。
その症状一つ一つを怖がり敵視する様なことは許せないですよねぇ!(^^ )
身体に対しての侮辱に他ならないからですね。

コロナ前には新島からも患者さんがいらしていました。
コロナになっては島から出られないのでしょう。

今日は大分の電話診察の患者さんに電話したり…
まぁ〜遠いよねぇ。。。

身体は遠く離れていても…
気持ちはいつも隣にいる様にと願っています。

これも診療における、ひとつの「アイノカタチ」かな?
無理をされないで診察にいらして下さい。

今日の患者さんは、八王子の看護師さんだったので…
そんな遠くから〜?とか思ってしまいました。

医者って、そんなものなのかな????
この患者さんは八王子だけど、
実は高尾山って患者さんもいるんですよね。(^_^)

なんで自分を頼って下さるか?不思議だけど…
自分は出来るだけ診察をしていくだけですよねぇ。
医者としての「アイノカタチ」を信じて…d(^-^)ネ!

PS:「アイノカタチ」って良いよね。うん!(^^)

MISIAのあなたに向かって歌う姿だよね。
人の前で歌っているけど…一人のあなたに向かって歌っているかな。
これが音楽で、音を介して感情を伝えられることも音楽の素晴らしさだよね。


この下の様な動画の方が沢山出てきて…
街を音楽で満たして欲しいな。プロ歌手の武田レイナさんです。
新宿?の街頭で歌う彼女の姿はとても素敵です。

posted by 杉幹雄 at 01:31 | Comment(0) | 医療

2022年10月16日

「女の子の日がこない」とな?(^^ )

haraita_woman.png

「あら? 女の子の日」と言う表現もあるんだね。うん!(^^)
「Princess Day」とも言われるらしいんだけど、さ。

基本、漢方を入れて診察していると生理は大切なので
普通に聞きますよね。「生理周期」や「生理期間」が大切ですから。

「当帰」という薬草があるんだけど…
この当帰が入っている処方は…下腹部が軟弱で生理が遅い、生理が短い。
そんなことを考えて漢方処方を決めています。

補中益気湯にも当帰が入っています。
これは生理が弱くなって落ちていることを意味しているんだよな。
加味帰脾湯でも十全大補湯でも同じだよなぁ……
これを処方している人が生理を気にしているのか?は疑問なんだけど、さ。

大学での産婦人科の最初の講義。
「2つ覚えておけ!」と。
一つは「女性は波動する」次は「女性を診たら妊娠と思え」てな…感じ。

男女均等は良いんだけど…役割が違うんだよね。
男は目標に向かって一直線だし、女は日々を生きる力が強い。

恩師の鍼灸師の先生が話していたけど…
男女均等とか言っているけど…
女性の肩幅は男性の肩幅より狭いでしょ?

これからすれば…
女性を抱きしめるのは男性の役目なんだよね。

でもさ…「女の子の日」という表現に感動したなぁ。
お母さんと一緒に笑ってしまって…このような記事を書いたりしました。

「生理」でも「女の子の日」でも良いんだよね。
d(^-^)ネ!

PS:Habitを耳コピで引いているよみぃ君です。
   「凄いな!」と思うんだよね。


「いきものがたり」のYELLです。
よみぃ君から今の音楽の情報を頂いている様な感じかな?
YELL良いよね。素敵な歌だと思います。うん!(^^)

posted by 杉幹雄 at 22:05 | Comment(0) | 医療

2022年10月10日

時代はコロナ後に動き始めている

koronatennkan.png

コロナ後に向かっている状況なんだよねぇ…今は。
コロナの自粛期間を通して…人の意識が変わってきている訳。

今までの様に行動しても無理が出てきているんだけど
分かるかなぁ???(; ̄ー ̄)...ン?

テレワークなどは一部を除いて残らないと感じるんだよな。
「通勤がイヤ!」という感覚も分かるけど…意外に通勤って大切で…
仕事とプライベートを分けることが出来るんだよね。

今は…籠もっている人が多くなり社会問題化しそうな状況。
自宅に籠もっていても始まらないんだけど、ね。

今は…積極的に自分の意思を確かめて動くときなんだけどなぁ。
コロナ後に向けて用意しない、と…だよなぁ。

外に出て行くんだよねぇ。
「コロナが怖い!」とか…ため息しか出ないんだよなぁ。

そのウイルスによって人間が作られてきた。
そのウイルスを怖いと考えている人って…誰の力で人間が出来てきたのか?
そんなことを考えたこと、あるのかな?

人間の遺伝子の3割程度はウイルス由来だとされている。
そのウイルスを敵視すること自体がおかしな話なんだけどなぁ。

ビアニストのよみぃ君って…自分から外に出て行くでしょ?
こんな姿が、これからの生き方なんだと思うんだよね。

基本…芸術分野は時代の影響を受けるのが早いんだよな。


音楽って…いつでも隣にあるものだと思うんだよね。
もう30年前になるかな?
ボストンの地下鉄の歩道で弦楽器を弾いていた数人組がいました。
「凄いな!」と思いました。それが今は日本でも…。
はぁ(ノ_-;)ハア……心から感無量です!!!(^^)v

posted by 杉幹雄 at 12:52 | Comment(0) | 医療