すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年09月24日

陰部のかゆみへの視点

inbusouyo.jpg
陰部のかゆみ…ってかぁ???

漢方薬を使っていますので、患者さんの症状は多岐にわたります。
扁桃腺肥大・アトピー・じんま疹・胸痛などなど…
一般の医療で治らないと当院を受診するような感じなのかも知れませんよね。

実際は自分は内科医で皮膚科医ではないので陰部は診ません。
と、いうのも…陰部自体を治しても治らないから当院に受診するわけで
陰部をみる必要性は、殆どないと思うんだよな。。。

理論的には、当該臓器の陰部でも、その背景臓器が原因だから治らない。
と、言うことで陰部は診る必要がないと言うことです。

今は男性と女性の患者さんに、陰部のかゆみがあり漢方治療をしています。
陰部にフォーカスを当てていたのでは…治らない訳で。
全身を診てみると…この様な人は肝臓のうっ血が強いよね。

その肝臓のうっ血を取る治療をしていくと症状が落ち着いてきます。
だから…この症状は、陰部が起こしているわけでなく、
その背景臓器が起こしている訳だから、背景臓器に注目することなんだよね。

医学が、この視点を医師が持ってくれれば…とは思います。
自分は、これを背景場理論として理論化しています。まずは英語を読んで頂こうかな?(笑)
自分が作ったサイトから英語を抜粋します。

BackGround Field Theory

Basic Conception

Background field theory is indeed useful for us to grasp the true figure of disease. Although we medical doctors try to check and to treat an organ, we tend to pay attention only to the organ. However, always when an organ shows any changes, it's fundamental cause originates in the relationship between the organ and the background organs. This is because a human body is created as a relative system consisting of organs. Thus, without taking notice of the relationship between an organ and the background organs, we medical doctors cannot not only check and but also treat an organ. Background field theory will enable us to notice what important role the relationship between an organ and the background organs plays in disease. (This theory: Background-Field Theory is my most favorite one in my medical theories.)

Simple Examination that Enables Us to Check The Relationship between An Organ and The Background Field

If so, what role does the background field of an organ play in disease? Let us check it by using a simple model: a field containing a small field. As shown in the figure below, in this model, when a small field changes the darkness, it stands out against the background field. (This case is case-A in the figure below.) Interestingly, also when the background field of the small field changes the darkness, the small field stands out. (This case is case-B in the figure below.) That is, both in these two cases, the small field stands out. These results teach us that an organ shows any changes on the basis of the relationship between the organ and the background field.

Three Conditions of An Organ

Importantly, these phenomena enable us to indicate that an organ takes three kinds of conditions. As shown in the figures below, when a small field shows the same darkness of color as that of the background field, it can theoretically indicate an organ in good health. When a small field changes the color and differs in color from the background field, it can theoretically indicate an organ in bad health. Also when the background field of the small field changes the darkness of the color, the small field can theoretically indicate an organ in bad health. In short, these results suggest that the fundamental causes of disease can be classified into two kinds.

Important Indication Led from This Theory

Notice that this conclusion gives us an important indication about disease. When an organ changes the internal movement for itself, it, of course, shows strong change. Besides it, also when the background field of an organ changes the internal movement, the organ shows strong change. The majority of medical researchers and doctors certainly notice the former case, but they seem not to notice the latter case. Furthermore, there is strong possibility that most chronic diseases occur by the latter mechanisms. For the reasons, when we want to control chronic disease completely, we should always pay attention to both of these two cases to prevent our mistakes. I confirm that without paying attention to the relationship between an organ and the background field, medical researchers will be unable to control completely an organ with disease.

Background Organs

Next, in order to understand more closely the importance of the relationship between an organ and the background organs, let us also analyze how a tissue causes swelling change. This analysis will enable us to understand clearly that a tissue cannot cause any changes without the relationship to the background tissues.

Outbreak Process of Swelling Change

Theoretically, swelling change can be considered to occur through the following process. When a tissue raises the momentum <i>relatively</i> to the background tissue, it also raises the energy density compared with the background tissue; simultaneously, it causes the imbalance in energy density with the background tissue. Then the tissue causes, by increasing the volume, swelling change in order to neutralize the imbalance in energy density between itself and the background tissue.

Theoretical Meaning of Swelling Change

This process explains clearly that a tissue cannot cause swelling change without the existence of the background tissues. The fundamental cause of swelling change is due to the relative difference in energy density between a tissue and the background tissues. Thus, when both a tissue and the background tissues change their momenta equally and simultaneously, the tissue cannot cause swelling change. In short, even swelling change, which is one of representative phenomena seen in a tissue with acute inflammation, occurs on the basis of the relationship between a tissue and the background tissue. Keep in your mind that a tissue always balances itself with the background tissue, and causes disease on the basis of the balance with the background tissue.

Theoretical Meaning of Atrophic Change

Notice that a tissue causes atrophic change on the basis of the opposite mechanism to swelling change. When a tissue decreases the momentum, it also decreases the energy density. Then the tissue causes the imbalance in energy density with the background field. To neutralize the imbalance in energy density, the tissue, by becoming atrophied, raises the energy density. As seen in this process, like as swelling change, atrophic change also occurs on the relationship between a tissue and the background field.

Purpose of This Theory

I made &quot;Background Field Theory&quot; for medical researchers and doctors to notice the importance of the relationship between an organ and the background organs. The majority of medical doctors and researchers pay attention only to an organ when they check the organ. However, &quot;Background Field Theory&quot; explains clearly that always when an organ shows any changes, its fundamental cause originates in the balance between the organ and the background organs. In other words, we can say that any diseases occur on the balance between an organ and the background organs. Thus, whenever we medical doctors check an organ, we should always pay attention not only to the organ but also to the relationship with the background organs. Just this point is the major purpose of Background Field Theory.

A Viewpoint Necessary for New Medical Science

Taking notice of the importance of the relationship among organs will also enable us to make a new solution to disease. A tissue with disease appears to cause the disease for itself. However, even when a tissue appears to cause disease for itself, its change always depends upon the relationship between the tissue and the background field. Why? This is because a human body is created as a relative system consisting of organs, each of which balances itself with other organs. This balance plays a major role in working as the stability of a human body. Because of this mechanism, we cannot analyze disease without taking notice of the relationship between a tissue and the background field. Undoubtedly, medical doctors and researchers should notice the importance of the relationship among organs in order to make new medical science.

Fix in your mind that a human body works as a system. Certainly, dividing a human body enables us to analyze the accurate mechanisms. However, this method also forces us to leave out the relationship among organs, and to forget an important view point: a human body is a relative system consisting of organs. Now, we medical doctors and researchers should reconsider what system a human body works as, and how an organ is related to other organs. My &quot;Background Field Theory&quot; will teach you that the relationship among organs plays a major role not only in maintaining health but also in causing disease.

これが自分が作った英語の説明です。今日は時間がないので、まずは読んでみて下さい。(笑)
ご希望があれば、訳した文章を日本語で書いてみたいと思います。英語は決して難しい言語ではなく、シンプルかつ真っ直ぐな文章です。これは前回のブログ記事のパラグラフ・ライティングにて書いています。

そんなこんなで、今回の記事は少し難しい様に思えますが…英語が読める人に取っては簡単で明瞭な文章だと思います。実際には、日本語に訳したサイトの作成をしておりますが、同時に日本語の漢方に関するコラムを書いており…「ここから本が出来れば良いな!」と思っています。このコラムは編集社にいる患者さんからの依頼で書かせて頂いています。

今回は「漢方薬の病名投与」に関してのコラムがネットに上がっています。3500文字以上あります。この前の「清肺排毒湯」のコラムは検索すると2ページ目に出てきており、まぁ良い感じですよねぇ。今回の漢方の病名投与に関しては「漢方・病名投与」で1ページ目に既に出てきてますね。やはり大きなサイトのページランクによって上に出ちゃうんでしょうかね。

PS:今日は台風ということでクリニックは休みにしましたが、医師は実務的には面倒くさい部分も多いのですが、医療ということに関しては、一般の方から見ると光って見える部分もあるのかも知れませんよね。

posted by 杉幹雄 at 22:22 | Comment(0) | 医療

2020年08月30日

陰陽観について

iy2.png
竜(陰陽)の泉 ベストキッドより 

医院を開業していると色々な方と巡り会います。
医療関係者でも医師・歯科医師・薬剤師・獣医師・看護師・介護士・鍼灸師・柔道整復師など…あらゆる方に巡り会う機会を与えてくれます。

そんな折、鍼灸師の患者さんの娘さんが小学校の夏休みの自由研究を東洋医学と決めて、鍼灸師であるお母さんの漢方診察を見学に来ました。

陰陽から始まり、五行・八卦・経絡などのレポートを拝見しました。
陰陽は2、五行は展開すると無限大の形で2と3の間、八卦は2と3のベクトルの違いを表している。経絡は銅人形などから推測すれば…先哲が見えた気の流れが見えなくなったことの証です。

この小学生の彼女に何を教えれば良いか?と思いながら「陰陽」を説明することに。
陰陽観を持つことで物事への認識が変わることから、陰陽を少し教えることにしました。

時空間の中に生きている以上、この陰陽観は生活の殆どの部分で使えます。
2つのものを区別する力、1つの物の対になっている…もう1つを意識する。
また、陰陽は動くことなどを例を挙げて簡単に話しました。
加えて、この陰陽観を持つことで、どれ程のレベルの人間になるかと言えば…代表的なのはアインシュタインですよね。逆に言えば、それほど人間の物を認識する力は低いものと話しました。

分かってくれたかな?(?_?)
難しいかったかなぁ???

なんか? 学校の先生みたいかなぁ?(笑)
でも内科は、人間そのものを診ることが出来る醍醐味があるのかも?
こんな感じで診察をしていますので、お待たせしてしまうこともあるかも知れません。
どうか、ご理解頂ければと思います。

PS:保健所の所長医師の先生もいらしていて…月の残業が200時間を越えるとのことです。
  コロナは今の2類感染症扱いでは、冬を乗り切れないかも知れない。
  インフルエンザの検査が昨年の様に出来ないから、困ったよね。
  早く冬の対応を決めないと間に合わないよね。

  フリーペーパーに漢方医学のコラムを書かせて頂くことになりました。
  もし宜しかったら、最初のコラムをご覧下さい。
 「新型コロナに漢方薬が効く!?

bestkid02.jpg
このベストキッドは良かったなぁ。うん(^_^)
カンフーの型はとても綺麗で、(T.T)ばかりの映画でした。
「カンフーは日常の生活の動作や礼儀作法が基盤」と話すジャッキー・チェン。
ジャッキー・チェンも上手だし、主役の子供も上手で感動しました。
(クリニックで直ぐに必要な物がある時にAmazonを利用するので
 prime会員になっていて…映画も見ることが出来るので
 AmazonPrimeは気に入っています。)

posted by 杉幹雄 at 13:13 | Comment(0) | 医療

2020年08月06日

「先生…触ってじゃない!」とか? 診察にて

image0.jpeg
タオルを身体として…

ん〜〜〜
自分の診療の基本は身体全体を診ることにあります。
そこでベットに患者さんを仰向け寝かせて、悪い場所を探ります。
その後でうつ伏せにさせて、悪い場所に間違いがないか?確認します。

そして…高校の女学生とお母さんが付き添いで受診したときの話。
「じゃ〜仰向けで寝てご覧!」とか言って、ベットに仰向けにさせます。

次は…気の流れの停滞部位を探します。
気の流れの停滞が強いときには、触るまでもなく…気の停滞部位が分かります。
そんな時に、診察を見ていたお母さんの言葉…「先生、触ってないじゃん!」とか?(笑)

身体の状態が悪いときには…触るまでもなく手が勝手に、その場所に行く訳なんだよな。
身体を触る必要もないんだけど、ねぇ。(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン
診察している自分は…「あぁ〜ここね」と思いながら触るまでもないんだよなぁ。
一応、腹力などもあるので触ることは触るんだけど、ね。

治療が進んで、気の流れが良くなり、その身体の気の停滞部位を探すのは簡単ではなくなる。
気持ちを集中させてないと…場所が分からない様な感じとなってきます。
ただし…背中からは良く分かるんだよね。殆ど触らなくても分かるんだよね。(笑)
これを特殊能力とは思わないんだよな…目に見える物だけを信じた結果、心の目が盲目になった。
基本的には誰にでも出来ること…だと思うんだよな。

この感じって…磁石の様な感じなんだよね。
だって勝手に自分の手がその部分に行くわけだから…磁石と同じ原理なのでは?
だから体表面磁場というのがあるのは、ほぼ確実だと思うんだよなぁ。

身体の気の流れを敏感に感じる人は…自分が手を向けると
「身体の中まで強い気が入って横断していく様な気がする」とか???
人それぞれですよね。(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

ちなみに…開業した頃の10年前は柴胡剤の適応が多かった。
今は黄連剤の適応が多い。ストレスフルの世の中になっているんだろうね。
漢方薬を使う医療関係者の多くは今でも柴胡剤が大好きの様で違和感しか感じないな。
結論としては…柴胡剤と黄連剤の区別が付かない状態で漢方処方をしているのが実際だね。
これじゃ…漢方医療は生き延びないよなぁ。

そんなこんなで…今の東京はコロナ真っ最中ですが…
今月から漢方の原稿の依頼があり、月1で1年程度入って来るような感じになってきています。
コロナの思いは…「人間に勉強せい!」と言っている様な感じもするので…原稿を書いていくことにします。「コロナは嘘を暴くのが上手」だから…凄いウイルスだよね。「真実を書き残さなければ!」とか思いながら…歩んで行こうと思います。
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

ユーミンのひこうき雲だよね。
自分の医療の原点だもん…子供達沢山助けたかった。
内科だから直接は出来ないけど…強い医学理論を作って子供達を沢山助けたい。
そんな気持ちは今も変わりません。



学生の頃、レベッカのコンサートに何度も行っていました。
とてもフィーリングがあう感じで、今でも素晴らしさを感じます。
横須賀での野外コンサートは…とても素敵でした。
彼女も大きな勇気をくれたミュージシャンでした。

posted by 杉幹雄 at 21:18 | Comment(0) | 医療

2020年07月12日

夜の銀座の街を眺めて…(?_?)

IMG_2151.jpg
7月11日(土)夜10時10分頃の銀座の街

「世の中…どうなっているんだろう???」
てな訳で、仕事帰りに夜の街をドライブして来ました。

いつもは混雑している銀座を避けようと昭和通りを通りますが
「今日は中央通りを通ってみよう!」とか、ね。
「綺麗だよね〜銀座」 道ばたに車停めて夜の銀座を一枚。

この街で働いている患者さんも沢山います。
あ〜ぁ、銀座も…夜は瀕死の状態ですよねぇ。

「今年一杯は無理!」と話す患者さんもいれば
「2時間待ってワンメーターしか乗ってくれない」と話す患者さんも
「先生、解雇されちゃった」と話す患者さんもいます。(´ヘ`;)ハァ

これが今の東京の姿です。
東京の人達も…頑張って自粛をしているんですよね。
ただ、人口密度が高いから感染者数が多いのは仕方ないよね。

と、一方・・・w(゚o゚)w オオ-

shibuya200712.jpg
7月12日(日)14時頃の渋谷スクランブル交差点
YouTube ANN LiveVideoより…

こんな感じなんだね…渋谷は。(?_?)
「若いから大丈夫だよぉ〜」とか? なのか…なぁ。

一方で阪大の核物理研究センター長の中野貴志教授の作られたK値
 なんと、東京のK値は7月9日でピークアウトして来ている…とのこと。

中野貴志教授曰く…
「K値とは、感染の収束スピードを計り、今後の収束時期の予測に役立つ指標です。
直近1週間の新規感染者数を、累計感染者数で割って求めます。
 6月22日から7月4日までの全国各地の感染者数データからK値を求めると、
7月9日頃から感染収束期(ピークアウト)に向かっていることが分かりました。
K値によれば、これから自粛や緊急事態宣言を行なっても遅いということです」
緊急事態宣言は効果なかった? 感染収束ペースは変化なし」より

意外に渋谷の状況の方が正しかったりして???
K値が示すデータには…自粛をしようと関係ないとのこと。
ウイルス感染症には、細菌予防の鉄則は通じないのかも知れないよね。
加えて…このK値を作ったのが核物理を研究している先生なのが面白いよね。
ウイルスは生物的というよりは…原子とかと似ていて物理的なんだろうね。

こんなことから…
ウイルスの本当の姿が少しずつ見えてきているように感じるんだよなぁ。
うん(^_^)

PS:人間の社会はオーケストラと同じだよね。
  色々な楽器を演奏する人、それをまとめる人。
  それぞれが持ち味を出して成り立っている。
  それぞれが本来の自分自身に返らないといけないのかも知れないよね。

posted by 杉幹雄 at 19:27 | Comment(0) | 医療

2019年08月11日

人間ドックへの違和感

ningendock.jpg

検診で「BNPが高い」と指摘された、と。
胸部レントゲンやECG(心電図)では大きな問題はない、と。
そんな人間ドックの結果でした。

BNPは血液検査だから…
基本的に心不全を決めるのはECGや胸部レントゲンだよな。
その検査が問題になっていないので…BNPの再検で良いだろう、と。

結果…やはりBNPは高い。患者さん本人には症状がない。
それならば…心機能の精査だけ病院に依頼すれば良いのかな?
とか、思っていました。。。

でも…診察をしていると不思議なことに。
SpO2測定では、酸素飽和度はまぁまぁだけど、脈拍がヤケに速い。
SpO2:97% HR:110〜120。
ECGでは、Sinus Tachycardia(洞性頻脈)とSTT変化(虚血性変化)を示す。

おかしいよなぁ〜これ。ソレハ(^.^)b

胸部レントゲンを追加しての結果に驚き! (゚o゚)/
CTR(心胸郭比)が60%を軽く越えている心肥大に愕然。
肺血管は拡張してないから呼吸困難はないんだよね。

CHF(Congestive Heart Failure):うっ血性心不全。

これは病院での治療が必要な状況だよな。
早く治療をしないと、今の内だったら後遺症は最低限。

医院のスタッフさん達の活躍もあり
近隣病院では受け入れを許可してくれました。
自分の生まれた病院に入院です。感謝です。

こんなことを顧みて考えるんだけど…
人間ドックって流れ作業なのかなぁ?

一つの検査異常では病気として判定されないので…
色々な角度からみて判断するのが医療だよなぁ。

こんな症例を経験すると…人間ドックって何なのかな?と思ったりするよな。
自由診療で保険請求がないから、収益は良いんだろうけど。

医療は人を救うためにあるのでは?
それは保険診療でも、自由診療でも変わらないのでは?とか思うな。

PS:
漢方専門になりたいとは思いますが…普通の医療も出来なくては融合が出来ません。
国立病院のCCU(心臓集中管理室)にいたこともあるんだよなぁ。
最初には嫌いだったCCUの仕事をしてみると楽しかったなぁ〜。
でも…漢方医学が好きなんだろうなぁ〜CCUも良いんだけどなぁ。

自分のことですが…医院を開業する前に経営を教えて下さった経営の先生が
亡くなってしまいました。自分を雑餉隈(ざっしょのくま)にも連れて行ってくれました。
「ここいら辺が…武田鉄矢のお母さんのタバコ屋さんがある場所なんだよ」と。
哀悼の意を捧げます。ありがとうございました。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

posted by 杉幹雄 at 18:22 | Comment(0) | 医療