すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2020年02月02日

東京ラブストーリーと医療

tokyolove.jpg

昔懐かしき「東京ラブストーリー」ですね。
織田裕二と鈴木保奈美のラブストーリーの傑作です。
こんなことと医療を考えて見たいと思います。

リカ役の鈴木保奈美は強い女性を演じます。
でも…リカの心は今の恋愛している女性と同じ様にズタズタです。
その頃は、その様な恋愛のスタイルだったのかも知れません。

不思議なことに、この頃には…
「この程度の恋愛で安定剤を服用している人はいませんでした」
人を好きになればなるほど、苦しいのが事実なので…
「それを薬でどうにか?」ということは、ありませんでした。
笑っていても、心はズタズタなのでしょう。
笑っているのは相手を傷つけないために他なりません。

こんなことからすれば…今の時代は苦しみへの受容性が落ちている様に思います。
加えて、口だけで行動しない人も多くなっている様に思います。

昔だけが良いとは思いませんが…
自己主張だけでは…この世を渡っていくのは今も未来も無理だと思います。
他人と暮らして行くのが今の世なので仕方ないことです。

ただし…人間に与えられた苦しみを薬に頼る姿を
今現代では…許容されていますが、それは違うと思います。

どんな風に生きていても…
生きる以上、辛いのが人間です。その辛さを安定剤で取り除こうとすれば
次の病気が出来る糸口になる様に思います、が。

人のこの世に生を受けて…苦しまないことはありません。
精神の成長を促すのが、この世の役目なんですから…
楽ばかりではなく、辛いのも普通です。

ただ、その中に「苦しみを乗り越えられる光」があることも事実です。
その生き方は…それぞれの人の考え方にかかっています。

rika-thumbnail2.jpg

そんなことを「東京ラブストーリー」を見て感じました。
鈴木保奈美さんの素敵な笑顔ですよね。
今は「とんねるず」の石橋貴明さんの奥様ですね。

  PS: 結婚前のこと…オルガンを6年程度やっていましたので
  ピアノも弾けるかな?と言う気持ちと、楽器の音を聞きたいと言う思いから
  勤め先の病院近くのピアノ教室を探しました:

  ピアノ教室はありませんでしたが、自宅でピアノを教えている先生がいました。
  ヤマハから紹介され電話したときに…
  自分は30才を過ぎており半分断られた様な感じでしたが
  「音楽が好きならば教えても良い」と許可を頂き、その先生に通いました。
  
  その先生は、ピアノ以外の小さいことを気にかけて下さる先生でした。  
    少し遅れていくと…「何かあったの?」と心配して下さいました。

  本当のことを言うと、そんなことをして下さる先生のことが好きでした。
  ご主人の転勤でカナダに行く前に、先生ご自身が好きだった人のこと、
  そして今のご主人と結婚されたことを話して下さいました。
  「なんで、こんなこと話しちゃったんだろう?」と話されていました。

  一度だけ、ご主人がいらして自分が弾くピアノを聞いて頂ける機会があり
  「あの曲(東京ラブストーリー)だけ…別の人が弾いているみたいだった」と
  加えて「杉君に女の子を紹介してやれ!」と(笑)

  カナダからハガキが届き……グランドピアノを購入できたこと。
  良かったね、と思う反面、
  ご主人もいらっしゃるので返信しない方が良いかな?と。

  そして先生に教えて頂いている時には…生徒さんの発表会にもでて欲しい!
  とのことで、好きだった「東京ラブストーリーのリカのテーマ」を弾きました。
  ペダルを踏む足は震えていました。その曲を聞いて頂けたらと思います。
  自分の弾いているピアノではありませんが…。

  何年間かの時間でしたが、
  そんな先生と、そんな時間を共有できて良かったな、と。
  思います。。。うん(^_^)

posted by 杉幹雄 at 07:03 | Comment(0) | 音楽

2016年01月12日

いまはピアノを弾ける環境があるんだよな。。。

とりあえず…
どういう訳か。

自分は幼稚園時代から小学校高学年まで
オルガンを習っていました。。。

大学でも音楽系の部活していた。

そして医者になって…
民間病院で勤務するようになってから
少し時間が出来た。。。

そんな時に思ったこと、は、さ。

「また…ピアノ弾きたいな」
そんな感覚でした。


勤めていた民間病院の近くの
ヤマハ教室に電話したら

「この先生が良いかもしれないから…
電話してみたら?」とか言われたんだよな。

自宅での個人レッスンですよね。


そして実際…電話したら、さ。
「驚かれたのか? そんなの自分勝手です!!」
とか滅茶苦茶言われた。(T.T)

ただ、さ。
その先生の気持ちは分かっていたので

「営業マンに、この先生が良いかも知れない
とか言われて電話をしただけです。
もし…ご気分を悪くされたら申し訳ありません。」
とか話したんだよね。

結果的には…
「主人に相談しなくちゃいけいないし…」とかだったけど。

そのピアノの先生もご主人も許してくれて
その先生のピアノのレッスンが始まりました。。。


その頃は、「東京ラブストーリー」が流行っていて
このドラマで流れる曲が好きでした。

そして銀座のヤマハで楽譜を買ってきて…
懸命に鍵盤を叩いたら…弾けるようになったんだよな。

それが…この曲になります。
☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆



その先生はピアノが好きで
ピアノの対して純粋で一生懸命の先生でした。

自分の結婚前の出来事だから…
何でも書いちゃいます。

自分は、そのピアノの先生が
「好きだったんじゃないかな?」とか思います。
た・ぶ・ん。d(^-^)ネ!

ご主人が自分のピアノを聞く時もあったりして…
「別人が弾いている様な感じがした」とのことでした。

「杉君に女の子を紹介してやれよ!」とかも
ご主人から言われた、とか。。。


そして…
ご主人のカナダ転勤が決まりました。

次のピアノの先生を見つけようとして下さって
色々な先生に合わせて頂きました。

そんな先生に会いに行く途中、車の中で…
「ご主人との出会いと、
その前に好きだった人のこと」を話されました。


たぶん…
ご主人もまずいと思ったのかな???(笑

海外転勤。。。


きっと自分の名前は覚えていると思うので
またピアノの先生をして頂けれるならば、さ。

次の曲は
電車男の「エルメスのテーマ」だよねぇ。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



医院は一棟貸しの状況。
あらためて考えると、医院にピアノもおけるんだよな。

医院に…
軽い電子ピアノを置きたい、な。

とか思います。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

いまの人達は…現実的だけど。
色んな夢を描いて生まれて来たんだと思う。

それなら…
こんなブログの記事も
医院のブログに相応しいと思って書きました。

「おまいらにも…光、あれ!」
posted by 杉幹雄 at 23:24 | Comment(0) | 音楽

2013年10月29日

背骨と音楽の関係

sebone001aaaa.jpg

ん…だなぁ。。。
まいど、おなじみの始まりです。(^_^)

人間が音楽に感動できる!
というのは不思議じゃないかな?

だって、さ。
音階って不思議だと思いません???
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

ミとファと間は半音。
シとドの間も半音。

その他は1音です。
ドとレ、レとミ、ファとソ、ソとラ…ですよね。

onnkaidae.jpg

ほれ…。。。
おかしいでしょ?

「何故に半音が間に入る方が自然に聞こえるのか?」
不思議じゃない?

ドレミは3つの白鍵と2つの黒鍵から出来ている。
フォソラシは4つの白鍵と3つの黒鍵から出来ている。

つまりぃ…
ドレミは5つの半音からなりたち
ファフォラシは7つの半音から成りたっている。


ねぇ…どっかにないかね?
こんな配列のものって???
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


「背骨だよね」

なぜに…
だなぁ。

頸椎が7つで、胸椎が12で、腰椎が5つなんだぁ?

おかしくない?


この構成が物語っているのは
音という波の様な運動によって身体も支配されている!

そんなことを推測できる事実なんだよ、ね。
d(^-^)ネ!


こんなことからすれば…

物理的に人間の身体も自然の運動法則によって
統一され物理運動によって説明される日が来るんだ!
とか思うよ。

「人間の身体は自然の運動とは別個!」

とか思って権力を得ている人達の先行きは…
見えているんだよねぇ。。。(^^ゞ




飛行機が飛ぶのも
人間が生きるもの同じ運動に支配されている。

自然の中にありながら
自然法則に支配されないものは…ない!
といえるよ、ね。
posted by 杉幹雄 at 00:16 | Comment(0) | 音楽

2012年11月03日

ロックと医学なんてね。。。



Bon Joviだよなぁ。。。

やっとリズムが戻ってきたんだろうか?
なぁ〜(^_^)

東京公演に行ったのは…
遠い昔だよね。。。

「これって良いから、席とっておいたから!」とか
友達に言われて、行ったんですけど。。。

「す・ば・ら・ひ・ぃ〜〜〜(^^)ピース!」
なんて感じました。

このリズム…
この感覚…
こんな感性が好きなんですよねぇ。

こんな風にロックが好きで
古風な漢方が好きな医者って…
可笑しいかな???

とか、実際に思ったりします。

でも、ね。

自分には西洋医学も東洋医学も…
2つの医学に境目はありません。

病気で苦しんでいる人を助けるのが医学。

同じように…

音階で人を感動させるのが音楽。

そこには西洋も東洋もありませんよ、ね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

音階を感じて感動できる身体の構造。
そんな風に身体ができてるんだから。

仕方ないでしょ〜〜〜(^_^)v




高校生の時に好きだったCaroleKingです。

だいぶ年取っちゃったけど
とても…素敵な声を持った歌手ですよね。

いま…聞いても
とても、素敵です。。。

今頃、オランダに向かって
飛行機に乗っている患者さんがいます。

無事にオランダに着いて下さいね。

その患者さん…
「先生のブログって面白い!」
なぁ〜んて、話して下さいました。

m(__)m アリガトォ

「これが医院のブログか?」とか思うのですが…
「これが自分!」ですから…仕方ないのかな(^^ゞ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しております。
この絵のクリックを!、ば。。

ランキングがあがると
なんか嬉しい〜〜〜よなぁ(^_^)
posted by 杉幹雄 at 00:54 | Comment(0) | 音楽

2012年10月11日

これだよなぁ…リズム(^^ゞ



ニューヨークを歩くんなら
革ジャンとデニムだよなぁ。。。(^^ゞ

この映画って、さ。

確かぁ…

現役の時に全ての大学に落ちて、
予備校に通っていた浪人の時に見たんだよなぁ!!!
(^_^)v

「すてきぃ!」
とか、思うのは自分の年代だけ?
(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

懐メロ、かなぁ?(^_^)

こんなリズム…
こんなセンス…

あぁ〜〜〜
いぃなぁ…(^_^)v

リズムって大切なんだよな。
医学でも、さ。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

音階は黒鍵5つと白鍵7つの12個
背骨は腰椎5つ頸椎7つ、胸椎は12個

世界の全てはひとつに
交わっていくよね。

またニューヨーク歩きたいな!
Y(^^)ピース!




医院を開業して…

なぁ〜んと
「ピアノの先生」の主治医になっていることが判明!
Y(^^)ピース!

この曲…
「東京ラブストーリー」なんですけど
(^_^)v

ピアノの発表会で弾いたのは
他ならぬ独身の頃の「わ・た・く・し」でした。(^^ゞ

緊張しまくってしまって
ピアノのペダルを踏む足がぁ…
震えたんだよなぁ。(×_×)

発表会は、ほぼ子供さん達だけの中で
わたくしひとり、30台の生徒さんでした。
(^_^)

子供の生徒さんのお母さんに
笑われたんだよなぁ…(T.T)

ピアノの先生は自分をかばってくれて…
「男の人って緊張しちゃうのよねぇ」とか
話して下さいました。(>_<)

それは…遠い昔の思い出?
また、誰かが…教えてくれるのかな?

今度は
患者さんに教えてもらえるのかな?
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

その前にがんばって、
医院を軌道に乗せなくてはぁ〜(^^ゞ
ですよ、ね。(×_×)

そんな日を夢見て…
(^_-)-☆

オルガン歴:6年
ピアノ歴:2年の医者の妄想でした。。。
(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ
posted by 杉幹雄 at 22:33 | Comment(0) | 音楽