すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年06月30日

常識って、なんだぁ〜???

cc.jpg

常識への理解が必要なのかな?と
思う瞬間が多いよね。。。

常識というのは「今の正しさ」であって
「本当の正しさではない!」と思うよね。。。
次の時代には常識は変わって行きます。

でも…実際に生きている今は
表面上は従う振りでもしておなかなくては、
仕方ないのが常識だよねぇ。

今の人の感覚って…
「国家の正しさが本来の正しさだと思っている」のかねぇ?
(◎-◎)(◎-◎)(◎-◎)

国家の正しさは…その時の情勢により正しさは変わるんだよね。
今では戦争反対とか言っているけど…戦時中は戦争が正しかった。
今は間違いなんでしょ?(・_・)......ン?

それと同じ事が今でも繰り返されている事実。
(´ヘ`;)ハァ

マスコミが「これが正しいと言っているから」ではなくて、さ。
自分の感覚として…「正しいのか?間違っているのか?」を…
自分自身で判断する感性が抜けている様な現代の世の中の動向かな?
とか、思っています。

次に医学にいきますね。
江戸時代の医学が全て正しいと思う人は既にいないよね。
現代医学も点滴も手術もできるんだから…いまの医学も成長したよね。

でも、ね。今の医学も発展途上なんだよね。
本来の人間は…身体全身で生を全うしているのが事実だよね。
でも…遺伝子まで解明した現代医学が身体を一つにまとめ上げられない事実。

病院に行けば色々な科に分かれているでしょ?
「頭の問題でも、首から下に問題があることが多い!」んだけど、さ。
別々の科に分かれていることが身体が自体が統一されていない証拠なんだよね。
こんなことから本来の病気の原因を逃してる訳。。。

過去の日本医学が示唆しているんだけど、そんな考えも無視。
「この様な世の中の動向がいつまで続くんだろう?」とか思わざるを得ないよね。

そんな世の中ですが…自分の医師としての仕事は
本来の正しさを残していく以外ないなぁ〜とか思っているこの頃です。

PS:Zardの坂井泉水さんは…真っ直ぐ生きた女性かな?と思います。
 そんな女性が病院の階段から転落して亡くなってしまいました。
 ただ…今でも彼女の歌声に励まされている人は多いはずです。
 こんな風に生きることが正しさなんだろうな!とは思います。

posted by 杉幹雄 at 08:51 | Comment(0) | 現代医学の限界

2012年01月24日

新しい医療への糸口…

needle.png

新しい医療への糸口を感じるとき。

こんな患者さんがいました。。。

いままで20年の間
高脂血症、高尿酸血症、高血圧の薬を飲んできた患者さん。

その患者さんが転勤で自分の医院に来ました。
他に痔をもっています。

血液検査をすると正常なために
今まで飲んでいた薬を切りました。

と、その次の検査では
高脂血症と高尿酸血症が出てきました。

これを どのように思いますか?

だって、
高脂血症の数値や
高尿酸血症の数値を下げようと
作ってきた一般薬だから

そりゃ…一般薬を飲んでいれば
検査の結果は良いに決まっているよな。

でも、ね。
根本の身体を変えてないから
薬をやめたときに検査結果は元に戻るんです。

と、彼は痔をもっています。
座薬を使っているときは良いとのことで
座薬を処方していましたが

この前に来たときから
痔の漢方薬も処方することにしました。

と、彼の言葉です。

「最初は漢方薬を飲んでも何にも感じなかった。
でも…今は座薬を使っていません。」

ついでに血圧も落ちてきます。

これが現代医療と漢方医療の違いです。

加えて…ある程度の期間
漢方薬を飲んだ後にやめても再発しないのが
漢方薬や新しい医療の特徴ですよね。。。

たぶん…
数ヶ月後に漢方薬をやめても
痔は再発しませんよ。きっと。。。

未来への医療の
ほのかな糸口を見る瞬間です。



あ・・・歌が好きなんです。
posted by 杉幹雄 at 23:40 | Comment(0) | 現代医学の限界