すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年05月09日

医師として感激な瞬間

患者さんからの言葉

申し訳ないことですが…
中を見たのは、頂いてから大分時間が経ってからでした。
((^^)) ユルシテチョンマゲ。

えぇ???
こんなこと書いて下さったんだぁ…(・0・)

-----
「いつも 想いを 書こうとしていますが
 沢山 ありすぎて 止まります。
 先生に お会いできたこと
 全てに
 「感謝」してます。
-----

あっ\(◎o◎)/!
自分も、この患者さんとの出会いがあったことに感謝します。
と、共に驚きました。うん(^_^)

ん〜〜〜
こんなに感謝されて…良いのかなぁ〜?
そんな思いもあります。。。

この患者さんは帯状疱疹での治療の副作用で雑多な症状が出現。
大学病院でもお手上げ状態だったそうです。
色々な漢方医院を渡り歩いて自分の医院に来た、とか。

この患者さんが自分の医院を選んだのは…
クリスチャン系の学校の卒業だったからと聞いています。
このブログで自分が神のことを書くからなのでしょう。

銀座教会の亡き鵜飼牧師先生や他の牧師先生。
そして、銀座教会に通われていたクリスチャンの方。
毎日、寝る前に自分が神を信じられるように祈って下さった、と。

その様な方の力があり…自分は30の時に神を信じることが出来ました。
でも、自分はクリスチャンにはなれませんでした。

患者さんの涙や苦しみ、また死んでいく人を診て…
「神の御心です…」とは言いたくなかったからです。
神から自分を見れば低俗な人間なんだろうなぁ〜とか思います。
(・・;)(・・;)(・・;)

でも家内はクリスチャンです。
目に見えない神を実感して確信することって大変なことです。
そんなことから付き合いを始めました。

色々な人がいる以上、
神がいると、どんなに話しても実感できない人がいてもおかしくはないですよね。
自分が…まさに、その通りだったので良く分かります。

でも…取りあえず
今の自分の心には…自分が神を意識すれば心に入ってくる様な気がします。

一度…鍼の恩師に教えて頂きました。
「今、お前の身体に神が入って来ているのが分かるか?」と。
とても…暖かいものが身体の中心を流れるような感覚です。

まぁ〜
今は自分は医師なので如何に患者さんを治療するか?ですよね。
神と共に…ですよね。うんうん(^-^)

「お前の書いた処方箋に手を通して神が入ったら…大したもんだ!」
とか鍼の恩師に言われたことも思い出します。

ただ最後に…
今回の患者さんの文章には…心が揺さぶられました。
ありがとうございます。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


posted by 杉幹雄 at 16:27 | Comment(0) | 精神世界

2013年06月27日

日本って神の国だよ…ね(^_-)-☆

kamiamano.jpg

死ぬまでに
一度訪れても良い場所…とか感じる場所。

日本が神の国だな!と感じられる場所。

それは、ね。

熊本県は高千穂にある「天の岩戸神社」
の、近くの「天安河原(あまのやすかわら)」だったりします。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

ここに…
沢山の神様が集まって

「洞窟にこもってしまった天照大神をどうして出すか?」
なんかを協議した場所なんだそうです。。。

きっと天照大神は
太陽の様に明るいオーラを持った人だったんでしょう、ね。
(^_-)-☆

実際には…
変な場所なんです。

ここって。

川の流れはこっちから向こうへ
でも…それとは反対に
川が流れている様な感覚があるんだよね。

感覚的には
向こうからこっちへ川が流れている様に感じるんだけど
実際は反対なんだよね。。。

とても…不思議な場所です。
(^_^)

どうしてぇ???

たぶん、ねぇ。
神と人間って反対の運動を持っているんだよなぁ。
(^_-)-☆


医学との関係…
だから、身体と精神の運動は反対!

てなことなんだしょ〜〜〜???
(^_^)v


そんなことを感じられる場所です。
福岡から4時間でした。。。

疲れるんだよなぁ。(^_^)

ただ、高千穂のセンスの良さは
公衆トイレで感じられました。

takachihotoire.jpg

男子トイレの張り紙に笑えたぁ!
(^_^)





さくら独唱の森山直太朗のお母さんの独唱です、ね。

平和なリズム…
戦後のリズムかも?知れませんよね。
(^_^)

懐メロになっているんだろうかぁ???
(^^ゞ
posted by 杉幹雄 at 23:04 | Comment(0) | 精神世界

2012年09月14日

有と無の大きさの違い…とな

kantoru.jpg

この人…カントルと言います。
集合論の基礎を作った数学者です。

この人の凄さは

「0から1までの集合」と
「1から∞までの集合」とを

比べたことにあります。

これを「超限集合論」といいます。。。

結論…
「0から1までの集合」の方が
「1から∞までの集合」より大きい!

と証明したのです。

これが…何を意味するか?
ということが大切です。

このカントルは、生前…
「自分は神学者になった方が良かった」
と話して

精神的におかしくなって
亡くなったそうです。(×_×)

このカントルの感じたこと
数学的に証明したこと

それは
有よりも無の方が大きいと言うことです。

つまり…
この私たちの生活している有の世界が
目に見えない無の世界に
支えられているという姿なのです。

無があって
有が生まれているという姿です。


とぉ、言うことはぁ?

もともと精神があって
身体が生まれている、かもぉ???
(^o^)/ハーイ

死んだ人からも…
見つめられている、かもぉ???
(=^_^;=)

てな、ことです。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン



未来へ!だよなぁ。。。
posted by 杉幹雄 at 22:55 | Comment(0) | 精神世界

2012年03月13日

神と病気の意味合い。。。

seishin01.jpg

神ねぇ。。。

「神がいる!」と確信できたとき
\(◎o◎)/!(驚き)だったなぁ。。。

神がいるのならば
病気で苦しむ人間なんて
いない訳なんじゃない???

違うかな?(^^ゞ

だって…
神って人を救う存在でしょ?

違うかなぁ???

でもさぁ。
そんな神の世界ってあるんだよね。

自分が神を最初に感じたとき…
(?_?)

まさかぁ…そんな世界があるとは!
思いもよらんかった! 

なんて感覚でした。。。

でも…そんな世界があることの有り難さに
涙!(×_×)
涙!(; ;)ホロホロ
涙!(×_×)だよなぁ。。。

(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

あるんだよ、ね。

神の世界
仏の世界
そして…私たちの物の世界

じゃ〜
「なんで神がいるのに
人を苦しませる病気があるのか?という疑問」

ですよね。。。

病気をすることが人間にとって
利益になることがあるからでしょ〜〜〜
Y(^^)ピース!

「魂の成長…」だよね。

身体のない神に取って
肉の死などは問題にならない訳だよね。

魂が成長できれば…
肉体の死は2番目。。。

と、いうことはぁ

「肉体が出来て精神ができあがる!」
という概念が根本から崩れることになるよね。

肉体があろうとなかろうと
それ以前に精神があるんだよね。

分かるかな???
(^_^)

精神の成長のためには
病気はなくならないよね!

必要だもの…
精神の成長が出来る訳だから。

(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

でも…
そのうち、病気が必要なくなる日が来るんでしょうね。

そのときは…

「話さなくても
相手の気持ちを感じる人間達の世界が来るとき…」

だと感じるのは自分だけなのかな?(^_^)v

それは…

嘘が通じない世界になる時

そして…
神の世界が地上に展開される時ですよね。

怖い未来がまっているんですよぉ〜〜〜ん!
(^_^)

ま・自分勝手な人は抹殺状態なんでしょうねぇ。。。
その時が来る、と。

人の身勝手さが他人に分かっちゃうんだから
大変な世界だよね。

た・ぶ・ん、ね。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン。。。




こんな音楽を作り
とても綺麗な声で歌える人間

とても素敵な存在ですよね。

天空から指をくわえて見てるんでしょう、ね(^_-)-☆
神様達が、ね(^_^)v
posted by 杉幹雄 at 23:24 | Comment(0) | 精神世界