すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2013年02月22日

病気は自分で治すもの…だよなぁ。

giftdoc.jpg

ある患者さんの痛みとしびれの経過表です。。。
患者さんご本人の作です…(×_×)

昨年の初めに
来院されて…漢方薬が効かず

「これは…
漢方薬を飲んでいるからこそ、治らないのか?」
とか思われたそう、で。
(T.T)(T.T)(T.T)

(たぁ〜んに、自分の未熟さ故です、よぉ〜)
(^^ゞ(×_×)(^^ゞ

一度、私の治療を離れて…
ご自分が信じられる医療機関で検査をされました。

そして、その後…夏頃でしたか
再び、来院されました。。。

「その医療機関と先生の所での治療にかける!」
とか再診時に言われた様な記憶があります。
ヾ(^v^)k


「他にも、しびれの患者さんを治しているんですけど
こちらの患者さんは治らない!」とか…ね。

このブログで書いたような記憶があります。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


でも…戻ってきて下さって
その患者さんは、ご自分のしびれの様子のグラフを
患者さん自ら…書いて下さいました。

良くなっていくのが目に見えるようで
とぉ〜ても、嬉しかった!(T.T)


治療の方針が明確になり…
「どっちの漢方薬がよいのだろうか?」と悩んだとき
と・て・も、参考になりました。

感謝です! m(__)m
自分への通信簿かも、ね(^_-)-☆


こんな感じで病気の感覚が分かる人は
医者ではなく…患者さん自身しかありません。

なぜならば…
病気は患者さん本人のものだからです。

「医者は病気を治す人」だと考えて
自分の前で品定めの腕組みをする患者さんって
結構いるんですけど。。。

た・ぶ・ん…
未熟な自分では治せない様な気がします。

「医者とは言え、
他人に全てを委ねていて病気が治るわけはない!」 よなぁ。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

だって…
「病気って、その人の持ち物の一部だしょ?」

とか、思うのは自分だけ、かいなぁ???
(^_^)



舞台を見に行ったんだよなぁ…
ブロードウエイに。

ニューヨークまで12時間。。。

でも、さ。

その歌を歌う
ダンサーの声量に驚きました。

「こんなに素晴らしい声をして
ダンスを踊れるのが世界のレベルなんだ!」
なんて思ったりしました。

今度は、さ。
医院のスタッフと一緒にニューヨークに行きたい、よな。

「医学を新しくする旅に…出ようなぁ!」
d(^-^)ネ!
posted by 杉幹雄 at 22:54 | Comment(0) | しびれ

2012年04月04日

足のしびれ…かぁ。。。

shibire01.jpg

しびれ…だよな。。。

足先が、なぁ。。。

ん〜〜〜
そんな患者さんを診察して悩んでいる自分がいます。

はて???

「先生はさぁ…俺の足のしびれを診てくれるか?」
とかの質問に…

「得意だよぉ!」
とか…話したとスタッフに言われました(^^ゞ

と…

とても困りながら治療をしている自分の姿です。

実感するんですよね…
冷えでも しびれる
熱でも しびれる

冷えとして治療して駄目だったので
熱として治療を変更しました。

そして…
その患者さんに言われました。。。

「先生…いままで2年間、自分の足のしびれはなんも変わらなかった。
でも、足の指伸びるんだよ! しびれはそのままだけど、さ!」

こんなので良いんだろうか?

でも…患者さんが変わったと喜んでいる姿をみている自分は
とても、嬉しいです。。。

大学病院に行っても
どんな治療をしても
変わらなかった…と話された患者さんの悲しみを
少しでも救えれば。

ホントはすべて治してあげたいんだけど

でも…実際には
じぶんには出来ないことが多いです。

他のしびれの患者さんは
まだまだフォーカスがあいません。

ただ…
まっすぐ患者さんの悲しみを受け止めたいな!と
いつも思って診察をします。

治しきれていない患者さんには
がんばって通ってくださればと思います。

申し訳なく思いますが…。
どうにか出口を見つけられれば…と思います。
(×_×)


治し切れない患者さんも沢山いて
でも…力を出し切って診察と治療を進めていきます。。。
posted by 杉幹雄 at 23:59 | Comment(2) | しびれ