すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2014年10月27日

治療方法…かぁ。

ope261026.png

現在…
「ドクターX」の虜の自分としては、さ。

良いよなぁ〜手術って!
(^_^)v

実際に手術を受けた身になると
術後って痛いんだよ、なぁ…(×_×)

でも、基本的には…
自分は、さ。

手術が出来る外科って良いな!
とか思ったりしてます。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


と、一方。
本日の自分は…というと。


検診結果の確認作業を、ば。
ついでに自分の薬の作成を、ば。
(´ヘ`;)ハァ

その1:処方を決めて薬草を混ぜる
nonope01.jpg

その2:分包器に混ぜた薬草を入れる
nonope02.jpg

その3:できあがりぃ〜
nonope03.jpg


あとは煎じて飲む…と、な。
d(^-^)ネ!

縫合とかは内科医でもするんだけど…
大きな手術をしたかった!とか思う自分の今の使命は?

今まで考えてきた病気の姿を残すことなんだよなぁ。
(´ヘ`;)ハァ 



やっぱ…
ミーハーに生きるのが治療の最先端!

だったりするんだよなぁ。
(^_^)
posted by 杉幹雄 at 00:35 | Comment(0) | 医者として…

2013年11月18日

自分の息子の治療…

kaze001a.jpg

はてぇ???
自分の息子が風邪で発熱…てなことです。

抗生剤と一般の市販の風邪薬を飲ませています…
がぁ。。。

熱が下がらない!とかの状況です。
(^^ゞ


こんな時は…さ。
父ちゃんの力を見せつける必要…あり!

d(^-^)ネ!


診察なんかしちゃったりして…
「おぉ〜少陽病に入っても熱が下がらないんだよなぁ」

んだ、んだ。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン

急遽…煎じ薬をこしらえて飲ませる訳。。。
息子は3歳から漢方薬を飲んでいるから…飲まないことはないけど。

あとは、さ。
父ちゃんの力だけ…だなぁ。。。


息子に関しては…
自分の生き様を見せたいだけ、かなぁ。

悪い所は…完璧に似るから。
話すんだけど…自分と同じ過ちをしている。
(^^ゞ

いつか、分かってくれればよいかな?
とか、思うんだよね。

親ばか、かな???
(^_^)(^_^)(^_^)




なんか、さぁ。
自分が感じる自分の医院の姿って、さ。

自分の意志とは違う…
医院自身の意志を持ち始めている!

てな感じに、感じるんだよね。。。

それでも…世の中のためになるのならば残るだろう。
一方では…世の中のためにならないのならば廃院となるのだろう。

それを決めるのは…
もはや、自分ではないように感じたりするんだよ、d(^-^)ネ!。
posted by 杉幹雄 at 23:34 | Comment(0) | 医者として…

2013年08月05日

医者は天使かぃ、悪魔かぃ?(^_^)

medmed01.jpg

自分の大好きな
「医学のシンボル」です。。。

上に2匹のヘビが登っていって
杖に羽が生える姿…

聖書ではヘビは人を欺く生き物。

でも、そのヘビが杖を登ると…
杖には羽が生えてくるという姿。

好きだなぁ。。。
世の中を象徴するようで、d(^-^)ネ!。


医者である前に
人間である自分が言うのもなんですが…

医者として働いていても
とーぜんに
自分は神の様に万能ではありません。

自分では「診断が無理だな!」と思う時には
患者さんが希望する病院を紹介します。

一方では…
大学病院で治せなかった患者さんを
治している医者をしている姿もあります。

どちらも自分です。。。

治療の結論が良くなるように願いながら
診察をしています、が。

結果的に良くならないケースもあります。
それは…仕方がない事実です。

自分は患者さんの病気が良くなれば
自分が治さなくても良い!と思っています。

そんな姿を分かって頂ければと
思ってやみません、が。。。
(×_×)

良くなって笑顔の患者さんの顔を
拝見することも多い反面

紹介先の病院で結果的に大きな病気が見つかり
落胆する患者さんがいらっしゃるのも事実。

でも一人でも多くの患者さんの苦痛を取っていく考えには
変わりがありません、よね。。。




自分は学生時代に
十二指腸潰瘍で胃を切られています。

その時にかかっていた医師に
「これは潰瘍では?」と話しても
聞き入れてもらえずに十二指腸に穴が開いてしまい
手術を受けました。(T.T)

胃酸止め…いまのガスターなどの薬さえも
飲む機会を与えられませんでした。

でも…いま自分が
その医師を憎んでいるか?と言えば
憎んではいません。

なぜならば?

その医師は
その結果に苦しんでいたと思うからです。

どんな医者でも万能の神ではありません。
加えて完成されていない医学の上で治療をしています。

それが仕方のない事実なのでしょう。

でも…どんな患者さんにも
少しでも良くなって欲しい!と診療している姿は
十二指腸潰瘍の時に診察して下さった医師と
同じなのが自分です、よねぇ。。。

た・ぶ・ん、d(^-^)ネ!
posted by 杉幹雄 at 23:48 | Comment(0) | 医者として…

2013年03月12日

エアーライナーパイロットへの道!

airlinerpilot.png

んだ・んだ、なぁ。。。
(^_^)v

エラーライナーパイロットへの道!

私の様なお父さんの年頃になると…
こんなフライトシュミレータで
パイロットの模擬操縦をする他ないんだけど。
(^^ゞ

そんなのも、仕方ないよね!
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


でも、ね。
そんな自分に…

とぉ〜〜〜ても
嬉しい報告が…ありました。
Y(^^)ピース!


なぁ・ぁ・んとぉ!

自分の患者さんの一人の男の子が…
「エラーライナーパイロットへの大学に受かったぁ!」
との診察+報告に来てくれました。
ヾ(^v^)k


やったぁ! やったぁ! やったぁ!
\(^^@)/ 


去年の彼は、さ。

航空整備士の学校に受かったんだけど
パイロットへの夢を諦めないで…
今年の入試にかけたんだよな。。。
(×_×)(T.T)(×_×)


そして、今年…
「受かったぁ!」という話を聞いて
自分のことの様に嬉しかった。

加えて、さ。

「ねぇ…君の操縦する飛行機に乗っけてよ!」
とか話したら…

「乗っけてくれる」んだって。。。
(; ;)ホロホロ

う・れ・ぴ・ぃ〜〜〜!
(^_^)

なんか、とても幸せな一日でした。




大空に羽ばたいて欲しい!

天気の日ばかりではないけど
嵐の日でも、どんな日でも

安全に飛行機を飛ばして欲しい!と思うな。

おめでとう!
posted by 杉幹雄 at 23:09 | Comment(0) | 医者として…

2012年09月13日

医者として嬉しい瞬間…

igakuiryou.gif

この医学のシンボルって…
好きなんですよね。

ヘビが2匹、杖を登っていく
そうすると、杖に羽が生える

そんな姿が医学だからです。

ヘビは人間を欺いた動物。
そんな動物が2匹いて杖に登ると
杖が羽をつける…という姿。

なんとなく…納得できませんか?

欺いたものが
逆の姿になる!なんていう姿。

東洋医学の理念に同じような観念があります。

陽、極まれば陰となり
陰、極まれば陽となる。

全く反対な姿です。

「表裏、紙一重」
という日本のことわざもあります。

たぶん…
病気が治るか治らないかも
紙一重なのでは?とか思います。


医者として嬉しい瞬間!

それは…患者さんが
「先生! 良くなってきたよ!」

なんて…言われた時に他なりません。

足のしびれが良くなって
酔っぱらいながらも
「先生のことが大好きだ!」と

ある患者さんから電話がかかってきた、と
スタッフさんから言われた。

あ・り・が・と・ぅ (×_×)
なんか嬉しかった。。。

「おぉ〜ぃ! 
自転車の前に一升瓶、積んで帰っちゃ駄目だよぉ!」
(^_^)

そんな患者さんが
お母さんを診察に連れてきました。

どうしようかな?と
やはり、もう少し病院で検査が必要なのかな?と

色々と悩みながら治療しました。

そのお母さんが
ひとりで…受診されました。

「先生! 下痢が止まってきて
 足のむくみも無くなってきたんですよぉ…」

あぁ…
自分は、あの息子さんの期待に沿えたんだろうか?


医者は
どんな瞬間にでも嫌われる存在になります。

あれだけ
慕ってくれていた患者さんが離れていきます。

治せないことは
自分の本意ではありません。

ただ、それだけの力のなさを実感したりします。

でも…
もし自分の患者さんでいて下さるならば

いつまでも
全身全霊を持って治療していきます。

それだけ…なんだけどなぁ。。。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン




LET IT BE!だよなぁ。。。

あのね。

顔が火照って
手が熱い患者さん

「先生のブログって更新されていないよね。
 今の先生って忙しいんだと思っています。」

と話して下さいました。

ふと見ると
あら…十字架のネックレスが

「クリスチャンなんですか?」

「それは先生の奥さんでしょ…」

あらぁ…、そんなに…
自分を知ろうとして下さっている患者さん。

こんな自分のブログを読んで下さっているんだなぁ、と。
ただ、嬉しくて。(T.T)

でも、さぁ。
まだ…治せないでいるのも事実なんですよね。

ごめん、ね。
\(__ ) ハンセィ

これが自分の実力なのかも?
とか思います。

その一方では

患者さんが諦めなければ
自分も、いつまでも諦めないで出来るだけ考えて…
試行錯誤をしながらでも治療をして行きます。

そんな気持ちに変わりはありません。
posted by 杉幹雄 at 23:16 | Comment(2) | 医者として…