すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年04月21日

樹木希林さんの言葉「あっちに行ったらと思えば…」

okamisan.jpg

樹木希林さんの言葉通り、
「人間は死ぬことを意識していない…」
「あっちの世界に行ったら…名声も資産もなくなる」
「生きるということに際してそんなことを感じた方が良い」

死ということは人間が思うほど怖いことではない。
全てがなくなるわけではないから。。。

死という現象の根源的な姿は…
「肉体から精神が遊離する」だけの話で、自分本来がなくなるわけではない。

一方で精神だけの状態なると…心の中が明け透けになるので。
同じ様な精神だけの人から見れば、今まで行ってきた全てがあからさまになる。
そんな感じになると思います。嘘は通じない世界になって来ることかな。

この世の3つの世界は:神・仏・現世に分けられる。
神のレベルまで行けば…輪廻転生はないんだろうね。
仏のレベルは…精神的に未熟だから人間に生まれ変わって修行が待っているよね。

自分が人間であるということは、現在修行中なんだろうね。
その中で大切なことは心を磨くことなんだろうね。

これは宗教的な概念なんだけど…
人間の身体は3つの要素から出来ていると考えられます。
身体+表在意識+潜在意識 この3つです。
表在意識と潜在意識のアンバランスにより身体に症状が出ることもある。
一方で潜在意識と身体とのアンバランスで精神的な病状がでることもある。

潜在意識は将来への導きを主導する。
表在意識は現在を感じる。
身体は潜在意識と表在意識の間にある。

これからすれば…病気を起こさない身体がどんな状態か?を把握出来ますよね。
潜在意識と表在意識のバランスが取れていることなんだろうね。

自分の心と見つめ合いながらも…それを無視して
自分を裏切った行動をすれば…精神か身体に負担が来るのかも知れません。

PS:あずみ:剣士として生死が紙一重と感じている生き方だと思うな
生死は…人間には紙一重です。それを感じている人生と感じていない人生では
全く生き方が変わってきます。人間は誰でも死ぬということを感じることが必要かも?

posted by 杉幹雄 at 13:04 | Comment(0) | 生と死

2016年02月27日

有と無 妊娠

ninshin.jpg

今日は…妊娠に関してのお話です。

不妊治療全盛で子供を得るためには
大金を出しても仕方ない!とか。。。

妊娠には二つの側面があります。

一つには「身体のコンディション」が大切です。
ある程度…健康に近い身体でなくては妊娠が出来ません。
これは医療でどうにかなるのでは?と思います。

二つ目は「子供の新しい精神が受精卵に宿ること」が必要です。
子供の精神は「この両親の子供になりたい!」という希望の元
天から降りてくるものです。

もし…あなたが両親を選べる立場ならば
自分に合った理想的な環境を選んで
子供になったに違いありません。。。

どんな人でも生まれて来るということは
あなた自身が…親を選んで生まれてきている!

と、言うことに他なりません。

こんなことが一般的におかしいと感じるのは
単にその時の心境を忘れているだけなんですよぉ。

だって…さ。
お母さんのお腹にいる時間が長いからに他なりません。

体感時間は変化します。
子供の頃の時間はやけに長かったでしょ?

それは、成長しているから。

お母さんのお腹にいる間は…凄い成長を遂げます。
1つの細胞が2つになる時間は数分です。

でも、さ。
生まれた身体を新しく入れ替える時間は
数十年かかるのでは?と思います。。。

こんなトリックから…
自分が生を受ける前の自分を忘れてしまうだけです。
(--)(__)


人間は有と無に別れます。
有という肉体と無という精神です。

精神という無は…
肉体という有に宿ってるだけです。

別の言葉で言えば
「子供は親を選んで人生を始めている」
という結論になります、よね d(^-^)ネ!


  

 最近…こればっかり、かな???
「電車男」の主題歌でぇ〜す。(^O^)v

 月面兎兵器ミーナ!

「無は有に宿る!」の実践だったりします。(^_^;

ドラマかも知れないけど、さ。

「俺…変わりたい」と話した
 電車男の気持ちがミーナに宿っている気がして。
 (・・)(。。)

クリニックの自分の部屋にも飾ってあります…よん!(^_^)v

mina.jpg

自分の医院に…
天から降りてくれば良いな。
ミーナの心が、ね。
d(^-^)ネ!

posted by 杉幹雄 at 23:35 | Comment(0) | 生と死

2016年01月10日

平穏死と人間が生まれた目的

shitosei.jpg

自分にも子供がいて…
こんな状態で子供を抱きました。。。

現世に生きる人間に取って
「平穏死」???

そんな死は有り得ないと感じます。


それは…
人間がどうして生を受けるか?
その生にどの様な意味合いがあるのか?

その答えを求めようとすると
「平穏死」などは有り得ないと感じるからです。


加えて自分は、さ。
「無の世界が有の世界を支配している…」
そんな状況にあることを確信しています。

だから…
戦争で人間が死のうと生きようと
病気で死のうと生きようと
精神が死なないことが根底にある以上

無の世界に取っては
人間の生死には何の意味もない出来事です。


民間病院時代の自分は
数百例の人の死を見て来ました。

そんな時…
生まれるときと死んでいく時と比べて

「どっちが幸せなのかな?」
そんなことを考えることも多くありました。


「死ぬ」ということは…
今の世の中では不幸とされています。

確かに…
親よりも先に死んでいくことは不幸だと思います。

でも、さ。

「自分のすべきことをやり終えた死ならば…
生よりも幸せなのかなあ〜?」
とか考えることが多くありました。


自分の死の考え方でしかありませんが…
「前向きに死にたい」と思います。

「仰向けには死にたくない…」
「この地の砂を握りしめながらうつ伏せになって死にたい…」

そんなことを感じます。


自分が感じることだけなのかも知れませんが…
人生の目的は「精神を高めること」だと考えています。

生死は二の次です。

その様に考えれば…
平穏死などはありえないこと。

本来…人間が望むべきことではない!
と感じるのです。。。
(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン



武道館で彼女の歌声を聞きました。
すばらしい!の一言でした。

今は故人となってしまいましたが…
武道館で聴いた歌声ではトップクラスの歌唱力でした。

素晴らしかった。。。
そんな風に感じています。
posted by 杉幹雄 at 15:34 | Comment(0) | 生と死

2015年08月10日

生と死…

shitosei.jpg

生は明るく
死は暗い。

それも一つの生死のとらえ方。

生を失うのは
事故もあるけど主に病気により失っていくよね。

じゃ〜
病気って悪なのかね?

ずっと…病気を見つめていて
病気が悪だと…感じたことって。

一度…あるかな。
自分が病気になった時かな。

実際に…
医者として病気を見つめていると。

治療に取っての一番は…
病気を敵視して攻撃しようとは思わないこと!

これが大切の様な気がします。

憲法9条の「戦争放棄」
良い法律だと思うけど…

これはアメリカの庇護の下に築いた約束。

一方の医療では…
病気は今でも敵視の対象です。。。
(T.T)

戦争反対と言いながら
病気を敵視し身体を戦場としている今の医学を
受容している人間の感覚の矛盾。

人間って、どうなのかな?
とか思う瞬間だったりします、よね。



中島みゆきじゃないけど…
人間って不思議で…弱くて。

自分の死を認めることが出来ていない。
神との歩調をあわせるには…
自分の死をいつでも受け入れる覚悟が必要なことなのかな。。。



上手いよね…
この子のダンス!
(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン
posted by 杉幹雄 at 22:44 | Comment(0) | 生と死

2012年10月04日

同級生が亡くなるのは寂しぃ…(×_×)

shi001.jpg

死…
それは…医者に取っては身近なものです。

医者も30年やっていれば
数百の死を見ます。。。

でも、さぁ。

同窓会新聞をふと見たら
同級生が亡くなっていたのを知ったりして…

そんなときって
なんかなぁ…寂しいよな。(T.T)

「どうして自分よりも前に死んだんだよ?」
とか考えるよなぁ。。。

大好きだった弟さんの所へ行ったんだよな。

弟さんも医者を目指していたけど
交通事故で医者になる前に亡くなった。

そんな弟さんのお参りに行ったのは
学生の時だったよな。

福島まで車を飛ばして。

そして…
その同級生の女医さんが小児科医へなった、と
風の頼りで知った。

お父さんが…産婦人科だから、な。
(゚_゚;)(。_。;)(゚_゚;)(。_。;)ウンウン


医学部の実習を一緒にやって
自分が身体が弱いものだから…

色々と助けてくれたんだよな。
その女医さん…。

自分よりも前に死ぬなんて…
割り切れない…よ!(T.T)


自分は医学部に入る前から
大塚敬節先生の漢方医学に触れていた。

そんな医学が
自分を長生きさせているだけ、だよな。

た・ぶ・ん

自分は、どうすれば良いんだろう?
この医学を世の中に残すことが必要なんだろうか?

寂しいよなぁ…(T.T)



羽ばたいて!

もう、この世に未練を残さずに。

羽ばたいて欲しい!
(×_×)
posted by 杉幹雄 at 23:52 | Comment(0) | 生と死