すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年01月28日

医学統一の必要:一神教を主張したネフェルティティ

ネフェルティティ

このネフェルティティは…ツタンカーメンのお母さんとされています。
紀元前1500年の話ですから…言い伝えに頼るしかありません。

このネフェルティティが生きた時代には色々な宗教があり
それぞれ宗教の権力者がいて、その権力に利用して利益を得ている人が多かったため
その国の王は統治をすることが大変だった時代です。

動物信仰もあり…
動物の象が神と信じた宗教の権力者は象を盾に政治を動かしました。
動物は多種だから…宗教家の数も多かったとは想像できますよね。

それがあまりにも酷かったのでしょう。

ネフェルティティは一神教を主張しました。
太陽を神としたのです。

それは世の中の混乱を避ける意味が多かったのかも知れません。
うん!(^-^)うん!(^-^)うん!(^-^)

でも…権力闘争に負けたんですよね。
色々な宗教家が団結したのでしょう。。。

権力を要求する宗教家は…
ネフェルティティの息子のツタンカーメンを後継者として…
その若いツタンカーメンを新しい王として利用し
自分たちの権力を維持するようしたのです。

今の時代と似ていますよね。。。
自分にはネフェルティティがしたことは正しいと思います。

(当時の人たちはネフェルティティの存在を消そうとしていたため
ネフェルティティの詳しい資料は残っていません。。。)

今の医学も同じ状況です。
人間を分割させ、その部分的な臓器のスペシャリティを基盤に
医学権力を欲求する人がいて、医学が一つになりません。

これは、さ。
どうにか、医学を一つにするのが正しいですよ、ね。
(^_-)ネッ

ーーーーー
英語で書いた自分の記事ですね。
実際の記事は→ ここをクリックして下さい。

ネフェッティティの記事

ちなみに、その発癌理論での英語説明は昔に書いた自分で書いた英語記事です。
科学領域での共通語は英語なので英語説明です。(・・.)グスン

このブログでは皆さんに分かるように
自分なりに、その英語の文章を日本語訳にして説明します。

Nefertiti is a queen who lived in ancient Egypt (BC1500), and helped Egyptian people in this era to obtain the peace of the rural life. Importantly, her thought not only helped the Egyptian people but also is important for medical science to make a great progress.

ネフェルティティは紀元前1500年に生まれたエジプトの王妃で、人民に幸せを与えるように努力をしました。この行動は、その統治のエジプトの人々だけでなく、医学を進歩させる重要な意味合いを持っていると思います。

Before Nefertiti became a queen, Egyptian people were distressed by the government. Egyptian sociality was formed on polytheism, and the government employed many priests who had the faith in various deities. The priests sized power, and distressed the Egyptian people. Queen Nefertiti,however, denied polytheism, and supported monotheism by regarding the sun as only a god. Then she eliminated the priests, and succeeded in bringing the peace of rural life to the Egyptian people.

ネフェルティティが王妃になる前にはエジプトの人々は政府に大きな憤慨を抱いていました。エジプトの人々や組織は多神教の上に成り立っていました。政府は多神教のそれぞれの長を雇い現状の政治を守っていました。それぞれの多神教の長は権力を望み、エジプトの人々を苦しめました。一方、ネフェルティティは多神教を否定しました。神は一つであると明言しました。当然、多神教時代の宗教の権力者を排除し、エジプトの人々に平和をもたらします。残念ながら、ネフェルティティは権力を失った人たちによって排除されてきます。正しいことが通らないのです…今も同じですが。

Her thought is also important for medical science to make a great progress. Modern medical science has divided itself into many fields in order to accurately analyze obscure phenomena in a human body. However, this division prevents medical researchers from finding out the fundamental cause of disease. Notice that modern medical science resembles Egyptian sociality before Nefertiti became a queen. Although a human body is a system consisting of organs and works as an independent system, modern medical science does not have a concept of regarding a human body as a system. Thus, unless modern medical science obtains such a concept as if Nefertiti regarded the sun as only a god, it will be unable to make a great progress.

ネフェルティティの考えは現代医学を発展させるのに重要です。現代医学は身体を分け精密な現象を追いかけています。一方で、この様に身体を分割して、その部分の権力を持ちたがるという医学研究関係者の行動は「病気がなんであるか?」という根本的な疑問から遠ざけています。これは今の患者さんと当時のエジプトの人々の疑問や不信感が出来ることと似ています。医学は現代医学を含め、色々な医療関係者と協力、また正確な研究成果を示して、一つの医学にすることが必要です。また、それが医学の大きな発展に結びつくことは間違いありません。

I think that if Nefertiti lives now, she must also wish medical researchers to notice the importance of unifying fields in modern medical science. As if Nefertiti regarded the sun as only a god, we medical researchers should also regard a human body as a system and unify fields in medical science to make new medical science. Undoubtedly, such new medical science will bring us new solutions to any diseases.

自分が感じる限りですが…ネフェルティティが医学研究者ならば医学を一つにしようと思ったはずです。ネフェルティティが太陽神を一神教としたように、医学も一つにして行こうとしたに違いないと思うのです。それは疑いもなく病気で苦しんでいる人々に取って、大きな利益となることに繋がると思います。

統一性の必要

(After medical science divides itself into many fields, it needs to unify the fields to make a great progress. Medical science will be unable to make a great progress without unifying the fields again.)
医学研究は分割し精密に研究することの後に、それを一つにまとめ上げること。これこそが医学を発展させる重要な課程に他ならないと感じます。

この様な記事を書いていきながら…
発癌理論を日本語化していきます。(^_-)ネッ


アユ…良いよね。
小室哲哉さんのしたこと…そんなに非難されることかな?
とか、ふと思ったり、ね。(^_-)ネッ

posted by 杉幹雄 at 05:25 | Comment(0) | 医学理論総括