すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2018年02月23日

病気を知らない…医療人とは?

病気の姿

病気を知らない医療関係者…
多いよね。。。


開業した先輩と話す機会があったのですが…
彼は大腸癌で手術をして、「初めて患者さんの気持ちが分かった!」
と話していました。。。
うん!(^-^)うん!(^-^)

まず…検査の怖さ
病気の疑いがあれば、検査結果は当たり前のごとく怖い。
最悪…死に至る病気に診断されるかも知れません。

次に…娑婆(日常生活)からの隔絶される入院というの怖さ
入院生活は、病院という建物の中にいることになり自由は奪われます。
裏道を一人歩くことが、どんなに幸せなことか分かります。
若い人ならば…娑婆(日常生活)にいなければ失恋さえも出来ない悲しさを実感するでしょう。

最後に…手術後の痛みと後遺症
手術後の痛みは半端ありませんが…時間と共に改善は早いものです。
但し…必要な臓器を取ったときには、生活に制限が出てきて
術後の生活に慣れるまでは結構しんどいものです。

と、すれば…
「幸せって、どんなものか?」を感じませんか?
(・_・)......ン?

当たり前のことが幸せなことです。
一人、裏道を歩けること。
一人、トイレで用を足すことができること。
一人、好きな食べ物をたべられること。

殆どの人たちは、
今、この瞬間に大きな幸せに包まれて生活しています。

ところが…当たり前と思っている部分に
大きな幸せがあることに気づいていません。

この幸せに気づくことが…
病気を治すことの根幹なのかも?
(^_-)ネッ

自分を主張するのではなく…
如何に相手の立場を思いやれることができるのか?

そんなことが今後のテーマになっていくと思います。
学校では病気がどうなものであるのか?を教えてくれます。
ただ…その病気に苦しんでいる患者さんの気持ちは教えてくれません。

単なる自分の印象なのですが…
そんな風に他人の気持ちを思いやることができること。
自分を生かしてくれている身体の気持ちを思いやることができること。

そんな感覚が本当に大切なことだと
感じてなりません。。。

音楽が好きで…
今日は「それが大事」を聞きながら…

posted by 杉幹雄 at 23:34 | Comment(2) | 現代の時代