2022年01月30日

東京:来週後半から再来週前半にピークアウト?

tokyo200126.jpg

クリックすると拡大します。

ん〜〜〜東京は…
来週後半から再来週前半にかけてピークアウト?かも?

先週の土曜日と今週の土曜日を比較すると
先週:11,227人 今週:17,433人 1.55倍で増加率は先週の0.6倍
来週の予想される増加率:1.55×0.6=0.93倍 かぁ。

ということは…
来週の土曜日は17,433×0.93=16,212人
そんな感じですね。。。

今回のオミクロン株に関してはインフルに近い症状で
普通の風邪の様な感じですので…臨床的に診断するのは不可能。
もういい加減に2類から5類にするのが妥当では?

ps:「よみぃ君」を追いかけています…(^^ )
   彼の連弾を見ていると相手の指先をみている。
   相手に合わせようとしているんだよね。
   普通の様に思われるかも知れませんが…
   相手の行動を見る人は減って
     相手を見ない…自分勝手な人が多い様に思いますよね。

posted by 杉幹雄 at 19:30 | Comment(0) | ウイルス

2022年01月16日

東京のオミクロン流行は収束傾向?

corona2022.jpg
クリックで拡大できます。

ん〜〜〜東京の感染状態がどんなもんなのか?
そんな訳で同じ曜日の感染者数を前の週の同じ曜日と割ってみた訳。
その結果が上の図になります。

赤い字が倍率になります。
最初の1.3という数字は12月19日と26日の感染者を割っています。
感染は指数対数的に動くので「割る」ことが意外に大切。

この数値からすれば…
感染の増加率のピークは1月8日(土)から1月9日(日)になるよな。
嫌いな言葉だけど…「実効再生産数」とか?いうのかねぇ。

なぜ嫌いか?といえば…このウイルスの「実効再生産数」とか使うからだけど
実際に上の図のように変化している訳で「固定された実効再生産数」はない!
そんなことを思うんだよなぁ。。。

明らかに感染者増加率は落ちているのだから収束傾向なんだけど…
来週でも2倍程度は行く感じだから感染者数は10,000弱は行くのかもなぁ。。。

まぁ〜こんなもんかもね。

ー ここから2022/01/17更新 ー
おぉ! 阪大の中野先生も同じことをお考えになっている様な。

osaka20220118.jpg

「実効再生産数について言及して見せないのは良くないので、
実測と予想線の比較をアップしました。
右肩上がりの数字の報道が氾濫しているので、K値以外にも 
右肩下がりのプロットがあった方が精神衛生上良いと思いました。」とな。

やっぱり中野先生は凄いなぁ。。。
ー ここまで2022/01/17更新分 ー

一方のマスメディアの報道は?
東京4561人「危機的な状況だと認識を」TBSニュースより抜粋

「東京都内で新たに確認された感染者は4561人で、前の週の土曜日(8日)のおよそ3.7倍となり、2日続けて4000人を超えました。直近7日間の感染者数の平均は2427.1人で、前の週の483.4パーセントと急激な感染拡大が続いています。」
「都の担当者は、「危機的な状況だと自分ごととして認識して、3密回避やマスクの着用など基本的な感染対策を徹底してほしい」と改めて訴えました。」

個人的な意見だけど…これを見ると報道って意図があるよね。
正確な情報かも知れないけど…情報を選んで意図を作り報道しているように感じるんだよな。
隣の国の「何とか日報」的な感じに思えるんだよなぁ。

日本は農耕民族で未だに村社会意識が続いているんだよねぇ。
「庄屋さまやお代官さま(今は政治家?)…の言うことを優先しなくては…」
とか思って動いているんだろうなぁ、d(^-^)ネ!

でも、ね。次々と光が輝き始めているんだよな。
若い人の姿を見ると…自分で立って自分で判断しようとしている。
それが最初に現れるのは音楽や絵画などの芸術の世界なんだよなぁ。

PS:YouTubeを見ていると驚きの連続です。
  音楽はコンサートでの会場だけで聞くものでもないんだよね。
  日々に根ざしているものだよね。
  それを多くのピアニストがストリートライブしている姿。
  凄く素敵だと思うなぁ。。。

二人のピアニストがルパン三世をストリートライブしています。
素敵だよなぁ。「よみぃ」君って才能あるよなぁ。

こちらはピアノとドラムのセッションですが…
プロ同士がすると…こんな音になるんだ!とか感じるよね。
それが舞台でないのが…大きな光に思えます。
posted by 杉幹雄 at 07:39 | Comment(0) | ウイルス

2022年01月09日

東京のオミクロン株流行について

cokona2022.jpg

阪大の中野先生が書かれたコロナの推移を示すグラフです。

多分、南アでの感染の経過からみて…
2ヶ月程度でオミクロン株は一時収束するものと思われます。
東京での最大の感染者数は5,000前後に達するでのは?
不顕性感染者数は、その10倍以上になると推測しています。

別に驚くことはなく…
今までのインフルエンザは、もっと感染者数は多かったのが当然のこと。

同時に今までのコロナ感染では腸管が培養母地の様な感じでしたが
今回のオミクロン株は咽頭部や気管支などが培養母地に変化している様です。

これは今までのコロナ感染の様に容易に肺炎になることが少なく…
同時に後遺症の嗅覚障害なども少なくなる様に推測できます。
医学的には感染母地により症状に変化があることは当然のことです。

ウイルス自体もウイルスが何を優先するかで感染時の症状が異なります。
今回のオミクロン株はコロナウィルスの感染力重視の変化であるため…
病原性は落ちていると考えるのが自然の様に思われます。
オミクロン株では死亡率が急減、4分の1以下に 南アフリカで報告

政治は「感染者数が多くなる=支持者の減少」を基盤に動いているようで
医学的な目的とは離れている様に考えざるを得ません。

一般の皆さん方には…
コロナはインフルエンザの様になって行く過程であることを感じて下さい。
感染者数などは問題ではなく、全体を見渡す視点をもって頂きたいです。

え? 自分は、こんな研究者的な部分もありますし…
基本的に脱線するのが好きなのですが…今回は少し本気で書いてみました。
PSでは十分に脱線しますけど…d(^-^)ネ!

PS1: この記事は医院を開院してから500回目の記事になります。
    良く書いたなぁ〜とか思います。

PS2: QueenのBohemianRhapsodyです。
     病気を敵視していても何も生まれないように
     ウイルスを敵視しても何も生まれない上に混乱が広がるだけかもね。


PS3: QueenのBohemianRhapsodyをピアノで弾くと
          聞いていたい!という人が集まります。
     音楽って…とても人間に大切だと感じます。


PS4: YouTubeを見ていると個人の才能の開花の時が来ている様な。
     曲は変わってしまうけど…このストリートライブも素敵だよね。
     音楽ってやっぱり良いと思うんだよなぁ。

posted by 杉幹雄 at 12:32 | Comment(0) | ウイルス

2022年01月06日

雪かき…終わりました!

yukikaki.jpg

雪かきが終わりましたぁ。。。
久しぶりの雪かきでしたが、スタッフも協力してくれて
クリニックの前の雪が片づきました。

今日中にしないと明日には凍っているから…
今日、やった方が楽だもんね。d(^-^)ネ!

クリニックを持っていると「雪かき」が必要なんだよね。
勤務医の頃には考えもしませんでした。
男性の事務員さんのお仕事だったからなぁ。

さて…オミクロン株の話題へ

そうだなぁ…今までやって来たことが正しかったのかねぇ?
検証する必要があるのでは???

飛行機に一人でもオミクロン株感染者がいたら搭乗者全員を濃厚感染者に。
12月の飛行機まで全て止めようとした、どこかの国の首相の行動ってなぁ?

南アでデルタ株を凌ぐ感染力を示していたオミクロン株だから…
どうひっくり返っても市中感染を防ぐことは無理だと思わないのかな?
その様なウイルスならば「どう受け入れるか?」だよな。。。

個人的な感想になりますが…
インフルエンザの先駆けの「スペイン風邪」の状況と変わりないのでは?
ワクチンを打っても感染はするし、重症化への防御もなぁ???
ウイルス本体の存在性とその意味合いについて考える時では?

ウイルスはコロナ以外もある訳で…
ほかのウイルスが出てきても同じなんじゃないかねぇ。。。
ウイルスに対する視点を変えないと限界が見えている様な感じがするんだよな。
(ノ_-;)ハア…

PS: BonJoviのBadMedicineとか、ね。
うん!(^^)

posted by 杉幹雄 at 21:26 | Comment(0) | 日記

2021年12月31日

日常の中の幸せ

The-Family-Man.png

英語では「The Family Man」
日本語では「天使がくれた時間」という名の映画です。

AmazonPrimeで観ることが出来ますので…
ご興味がある方はご覧になってください。

「出世街道の中での幸せ」と「家族の幸せ」を
考えさせてくれる映画で、自分はとても好きな映画です。

と、いうのは…
本当に大切な幸せは…毎日の中にあると思うからです。

経管栄養ならご飯を食べられません。
寝たきりならばトイレはベットでします。
入院しているならば…裏道を一人で歩けません。
当然、道端の花も綺麗さも見ることが出来ません。
家庭がなければ…一人の部屋にいつも戻って来るだけです。

「ご飯を食べることの幸せ」
「トイレに行けることの幸せ」
「裏道を散歩できることの幸せ」
「道に咲いている花をみて綺麗と思えることの幸せ」
「小さいながらも家庭があるという幸せ」

この様な幸せは…殆どの人が持っているものです。
大きな幸せは…特異なものではなく、日常にあります。

それを再認識させてくれる映画です。
この年始最初にご覧になっていただければ分かると思います。

では…良い年をお迎えください。

posted by 杉幹雄 at 20:58 | Comment(0) | 人間…

2021年12月26日

空へ

ss005.png

フライトシュミレーター2020の画面です。
このフライトシュミレーターは結婚前からのファンですが…
最終的には…地形などが緻密になっていますよね。
バーチャルであっても…空を飛ぶことは素敵ですね。

● コロナと空
えっと、コロナのオミクロン株については…
残念ながら流行する様な感じになると考えています。
今のデルタ株を上回る感染力ですので…
何をどうしても広まりそうな予感がします。
ただし感染力が強いということは毒性が落ちている可能性があり
次第にインフルエンザの様なウイルスになって行くものと思われます。
WHO オミクロン株「流行地で1日半から3日で倍増」

実際にコロナ・オミクロン株感染を受け入れている都立病院からの
風の便りでは臨床的側面からの毒性は低い様です。

このコロナは「空へ」ということに繋がっていると感じます。
人間は物質文明によって地上での物を中心に考えてきましたが、
これからは精神の時代ですので…精神の自由性として
「空を翔ぶ=空間」ということが必要になっていると考えています。

コロナ後遺症の味覚障害や嗅覚障害での治療過程で…
土の匂いや味覚を感じるとのこと。ロハスへの復帰なのかねぇ。

こんなことからも時代の変化の役割を担っているのが
コロナだと推測しています。
コロナ感染の綿密性は…人間を上回っている様に思います。
人間の能力の低さを改めて実感しています。

● AttentionPleaseと空

ss010.png

ss008.png
attention please 9話より

翔太:なぁ…
   なんで飛行機が空飛ぶか?知ってる?

洋子:推力と抗力があって…あと揚力が。。。

翔太:「無理って思わない人間」がいたからだよ。
   こんなデッカイ鉄の塊に人乗っけて空に浮かべようなんて。
   馬鹿げたこと。
   本当に出来るって信じていた連中が…こういう物、作ったんだよ。
   無理なんて言葉…言うなよ。

洋子:飛びたいなぁ…。
   私も飛びたい。

ss016.png
attention please 11話より

洋子:空には仲間がいる。地上にも、な…。
   でもさ…5年後とか10年後とか
   何しているんだろうね…私たち。

翔太:俺は取り敢えず一等航空整備士になってバリバリやってんね。

洋子:バリバリか、バリバリやれていると良いな…私も。

翔太:10年後も失敗して怒られているんじゃないの?

洋子:嫌なこと言うな!
   もし、そうなって負けそうになったら…そん時は。
   また連れて行ってくれよな、空に。

翔太:良いよ!

● まとめ
沢山の人が「空を飛びたい」と考えていらっしゃると思います。
それが現実になって来る過程が…今の状況だと推測しています。
コロナを怖がらずに生活をして頂ければと思わざるを得ません。
アテンションプリーズの「翔太の言葉」が真実を表している気がします。

これが…今年最後のブログになるのかな?
今後の見通しは決して暗いものではありませんので…
新しい気持ちで、良い年をお迎えになってください。

PS: こんな話題の最後は「ひこうき雲」かな。
  この歌は…自分が医師として働く方向性を示してくれました。
  今年最後の歌は「ひこうき雲」だなぁ。。。

posted by 杉幹雄 at 10:40 | Comment(0) | 人間

2021年12月12日

キースへリング・プロジェクト…とか?

heringgeneral.png

この絵…なんとなく好きなんだよなぁ。。。

そんな訳で…この絵を買っちゃいました!
!(^^)!

でも…さ。

posterkeith.jpg

と、来たらビックリ!
3つに分かれているし、額がないんだよなぁ。
30x70cmx3枚…なんだよなぁ。
(;^_^A

そんな訳で…
次は額を買わねば!という訳で…買いましたぁ。 
(・∀・)ウン!!

gakukeith.jpg

ここまで来たのですが…
さて…どのように額縁に入るのか?

出来た時が楽しみです。
いつ出来るのか、なぁ???
(^0^)

PS1: 新種:オミクロン株…出てきたよなぁ。
  感染が広からなければ良いんだけど。
  もう一発…夏に広がりそうな予感もします。
  ウイルスは人間の上を行くんだよなぁ。

PS2: 自分の年齢と感性が合っているのか?
  昔の歌って素敵な感じがしています。
  自分が小学生だった頃は、一つの歌が流行ると
  子供から大人まですべての人が歌っていた。

  下の動画の歌は小学生の秋の旅行のバスの中で皆で歌っていたんだよな。
  「道徳」の時間はあったけど「性教育」などは何もなかった時代で
  どう考えても…小学生が歌う歌ではないけど…メロディーが良いんだな。
  小学生でも「あの子が好き」という感情はあったよなぁ。
  そんな時代は…もう来ないのかな???

  ホントは「そんな時代が…また来る!」と感じています。
  個性を大切にしながらも…人間の感性は一点に収束せざるを得ないんだよね。
  人間の多様性は「神への方向や距離の多様性に他ならない」と感じるんだよな。

  亡くなった鍼灸師の恩師の先生曰く…
  「人間の個性は個々の惑星の磁場と相対している」、と。
  「自分の生い立ちの星(惑星)がある!」ということだよなぁ。。。

  「星の王子様」の世界だね、著者のサン=テグジュペリは話します。
  「大切なものは、目に見えない (Le plus important est invisible)」を初めとした
  本作の言葉は、生命・愛とは何かといった、
  人生の重要な問題に答える指針として広く知られている。wikipediaより
  サン=テグジュペリは感じていたんだろうね。

  あ! キースへリングも何かを感じていた人だね。
  それでなくては、こんな絵を描けないよねぇ。

posted by 杉幹雄 at 14:06 | Comment(0) | 医療