すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年07月13日

ある大学病院の東洋医学科の処方について

rpbonigiru.jpg
(wikipediaより)

巨大な建物と医療の権威の相関があるのかな?

いままで自分の処方していた漢方薬を飲んでいた患者さん。
大学病院東洋医学科に受診して調子が悪い、と来院。

漢方処方をしている医師は専門医でも「柴胡剤」が好きだよね。
実際に診察すると黄連剤が必要なのに、なぁ〜。(T.T)

その専門医の先生の肩書きは「大学病院助教授?」とか?
(´ヘ`;)ハァ あぁ〜ぁ。。

この様な立場のある医師でも柴胡剤と黄連剤の区別も付かないんだろうね。
権力と実力は相関しないよな…患者さんを診察してため息の連続です。。。

nyoshin-kami.jpg

この患者さんは胃熱が強いので黄連剤の女神散を使っていました。
安定剤を沢山の服用している患者さんなので…直ぐには治らないよね。
(患者さん本人が…ここに気づくことが大切なんだけど、さ。)
そして大学病院東洋医学の助教授の診察を受けたのでしょう。

大学病院助教授の診断では「女神散は女性の薬だから」との理由で
加味逍遥散に変更されたが調子が悪い、と。

「女」という文字は女神散には入っていますが…
この処方で多くの男性の健康が回復されています。

では、「女神散」や「加味逍遥散」は…どの様な処方なのでしょう?
「女神散」は黄連剤で、「加味逍遥散」は柴胡剤です。
両者とも共通するのは「不安神経症的な病状に合う」ことだけです。

漢方専門医、それも大学病院助教授でも
診察にて柴胡剤と黄連剤の区別が付けられない…これが現状なんだよね。
黄連剤を使わなくてはならない患者さんに柴胡剤を使ったら病状は悪化する。
もし「女神散」が女性の薬との認識ならば「黄連解毒湯」を使うべきだよな。

実際に自分の患者さんには漢方専門医の男性の先生もいて…
「自分自身で考えていると分からなくなる!」(この気持ちは分かるんだよなぁ〜)
とのことで自分の診察を受けており診察では胃熱があり虚弱での黄連剤の適応。
このため虚弱の黄連剤投与を考え女神散を投与。

本人が話すには「女神散はとても良い!」と。
いままでの漢方の師匠は柴胡剤しか使わなかった、とな (´ヘ`;)ハァ。
なぜ黄連剤を柴胡剤の様に使えないかなぁ〜???
柴胡剤より黄連剤が合っていれば症状が軽くなるのは当たり前だよな。

こんな日常なのですが…
これを考えると権威って何なんでしょうね?
「常識への信仰なのかな?」とか思わざるを得ませんよねぇ。

今の時代…自分を大切にすると言いながらも
自分で考えない人が…とても多く、他人の考えに従うことばかりです。

自分で考えてみることの大切さ。
前の記事でも書いたように…自己主張は強い反面、自分で考えないよなぁ。

ひとりでも自分で考える方が増えることを願っています。
ひとりひとりが自分を見つめることが大切なのかも知れません。

PS:岡本真夜さんのこの歌は…自分を支えてくれた時があります。
   歌って、精神を支える力があると思うんだよね。
   これから歌手デビューする患者さんは…体調を管理しなくちゃ駄目だよ。
   今、歌わない患者さんには…「また歌って欲しい!」し歌声を聞きたいよなぁ。
   普通に生活していては話せない人と話せることが、開業して幸せかな?って思います。

posted by 杉幹雄 at 22:57 | Comment(0) | 漢方

2019年07月07日

自分の頭で考えることの大切さ。

think02.png

巷は七夕…でも自分というと、どういう訳だか?
アウシュビッツ強制収容所の動画を見ていました。

上の写真の日本人の方は…
アウシュビッツで日本人ガイドをしていらっしゃる中谷剛さんです。

「ヒットラーは…残虐だったのかも知れない。
 でも、自由世界で認められた政治の手法を通して台頭して来た事実。
 そして…アウシュビッツの悲劇を起こした事実に繋がります。

 ドイツ経済が下降していた時代でもある反面… 
 選挙で勝たなくては…ヒットラーも生まれませんでした。
 選挙で勝ち、連合政権を作り総統になりアウシュビッツで100万人以上を惨殺しました。

 アウシュビッツ収容所での出来事は悲惨です。
 収容所に入れば頭の毛を刈り剃られ囚人服を着せられ、抵抗が出来ない様にします。
 あとは収容所管理者の思うがままです。

 アウシュビッツ収容所所長で処刑されたフェルディナント・ヘスは
 アウシュビッツ収容所の壁の外に奥さんと5人の子供と暮らしていました。
 彼の子供が、囚人と監視員の役で遊んでいた姿をみて、ヘスは激怒した、と。
 「人を憎んではいけない」と話す人でした。

 またヘスが自分が処刑になると知ったときに息子さんへの遺言に…
 「自分は他の人の言うことを信じて仕事をして生きてきた。
  ただ…君には自分自身で判断して人生を渡って欲しい。」
 そんな遺言を書いた人で、ごく普通の人が虐殺に関係していました。
  
 そこで中谷剛さんは話します。
 今、ここでアウシュビッツを案内して自分がすべきことは
 この様なことが実際にあり、誰でも加害者になり得ること…
 このアウシュビッツを見て、ご自分で考えて頂きたい。」と。

このことは今の全ての人に当てはまるのではないか?と思います。

回りの人がしているから正しいのではなく…
自分で考えることの大切さをアウシュビッツは教えてくれるのだ、と思います。

何が正しく、また何が間違っているのか?
それを自分自身の感性で把握しなければ、当時のドイツと同じになります。

ausbitz.jpg
(アウシュビッツ収容所:鉄道入り口)

ーーー
そうだなぁ〜これって現代の鶏のブロイラーと似ていません???
鳥かごに鳥を入れて食事を与え、成長したら殺して肉を食べます。
結局、人間って生きるのには他の生物の生を食べなくては生きられないので…
人間が生きること自体が罪深い存在なのかな?と思いますよね。
今の時代の日常でも…同じ様なことはしている訳ですよね。
だから…その罪を実感出来るか?どうか?では??? (^_-)ネッ
ーーー

また、それは…現代医学からも垣間見られます。
大きな建物の巨大病院は医学の権力の象徴です。

でも…果たして、それが今後の医学で正しいのか?は分かりません。
病院は今の常識の治療をしていますが、今後の医学ではどうなるのでしょう?

この点においては…アウシュビッツと今の医学は変わりないのです。
極端な比較ですが、ドイツはユダヤ人を敵視して迫害しました。
同様に、もし病気に必然性があるものならば…必然性を消すことが本当の医学。
でも病気の必然性を無視しを敵視して迫害する医療ならば、
もはや現代医学もアウシュビッツと同じになってしまいます。

syouki.JPG

そんなことを考えながら保険請求の仕事をしていました。
特に漢方薬を使うのには治療の説明が必要ですので…
レセプト上に書き記す「傷病詳記」という作業を繰り返します。

この様な傷病詳記は一般治療よりも詳しく書かなくてはなりません。
作業は大変ですが…漢方医学が正しいのならば、それも大切と考えています。

自分自身で考えること…
そんなことを再認識させてくれる一日でした。

世の中にとって必要なものは残ります。
でも…必要でないものは変わって行きます。

その中での正しさを自分自身で確認し歩んで行くことが
本当の正しさを生きる道しるべになると思われてなりません。

posted by 杉幹雄 at 21:51 | Comment(0) | 人間…

2019年06月30日

常識って、なんだぁ〜???

cc.jpg

常識への理解が必要なのかな?と
思う瞬間が多いよね。。。

常識というのは「今の正しさ」であって
「本当の正しさではない!」と思うよね。。。
次の時代には常識は変わって行きます。

でも…実際に生きている今は
表面上は従う振りでもしておなかなくては、
仕方ないのが常識だよねぇ。

今の人の感覚って…
「国家の正しさが本来の正しさだと思っている」のかねぇ?
(◎-◎)(◎-◎)(◎-◎)

国家の正しさは…その時の情勢により正しさは変わるんだよね。
今では戦争反対とか言っているけど…戦時中は戦争が正しかった。
今は間違いなんでしょ?(・_・)......ン?

それと同じ事が今でも繰り返されている事実。
(´ヘ`;)ハァ

マスコミが「これが正しいと言っているから」ではなくて、さ。
自分の感覚として…「正しいのか?間違っているのか?」を…
自分自身で判断する感性が抜けている様な現代の世の中の動向かな?
とか、思っています。

次に医学にいきますね。
江戸時代の医学が全て正しいと思う人は既にいないよね。
現代医学も点滴も手術もできるんだから…いまの医学も成長したよね。

でも、ね。今の医学も発展途上なんだよね。
本来の人間は…身体全身で生を全うしているのが事実だよね。
でも…遺伝子まで解明した現代医学が身体を一つにまとめ上げられない事実。

病院に行けば色々な科に分かれているでしょ?
「頭の問題でも、首から下に問題があることが多い!」んだけど、さ。
別々の科に分かれていることが身体が自体が統一されていない証拠なんだよね。
こんなことから本来の病気の原因を逃してる訳。。。

過去の日本医学が示唆しているんだけど、そんな考えも無視。
「この様な世の中の動向がいつまで続くんだろう?」とか思わざるを得ないよね。

そんな世の中ですが…自分の医師としての仕事は
本来の正しさを残していく以外ないなぁ〜とか思っているこの頃です。

PS:Zardの坂井泉水さんは…真っ直ぐ生きた女性かな?と思います。
 そんな女性が病院の階段から転落して亡くなってしまいました。
 ただ…今でも彼女の歌声に励まされている人は多いはずです。
 こんな風に生きることが正しさなんだろうな!とは思います。

posted by 杉幹雄 at 08:51 | Comment(0) | 現代医学の限界

2019年06月26日

大人の巨大アデノイド漢方治療

adenoid.jpg

あぁ〜
左右の扁桃腺肥大で、左右の扁桃腺が付いてしまっています。

患者さん:「手術した方が良いのでしょうか?」
自分  :「扁桃腺肥大の漢方治療は他の患者さんでもやっているので…
      まずは漢方治療をしてみれば…どうかな?」
患者さん:「お願いします」

とのことで…漢方治療が始まりました。

大人の扁桃腺肥大の漢方治療は3人目なのかな?
他の2人は…悪いときの1/3程度まで肥大が改善しています。

さて…今回は如何に???
診察をして、アデノイドの基本的な体質が認められたので漢方治療を開始。
そして2週間後の診察。

adenoid03.jpg

きっちりと左右の扁桃腺が付いてしまっていましたが…
1センチ程度の隙間が空いています。(^^)v

年少児からの扁桃腺肥大ですので、最低1年程度はかかると思いますが
漢方治療をしていれば扁桃腺肥大で手術にはならないという推測ができます。

大人の扁桃腺肥大治療は時間がかかることへの覚悟が必要です。
長い病気ほど…身体を元に戻すのは時間がかかります。
こんな感じで良くなって行く場合が多いように思います。

どうしても縮小しない時に手術は残しておいた方が良いのでは。
扁桃腺も必要性があり身体に作られる臓器なので…
確実に言えることは…温存が一番良いに決まっています。

漢方処方を知りたいのかも知れませんが、
人体には個性がありその個性を重要視しているのが漢方医学の長所です。

ちなみに「小柴胡湯加桔梗石膏」はアデノイドの適応に入っていますが…殆ど効きません。
何故…小柴胡湯加桔梗石膏がアデノイド治療の適応になっているのか?
多分…専門医でも柴胡剤系と黄連剤系を見分けることが出来ていないからでは?

病名投与よりは身体を見つめる医療が正しい回答を提示してくれる筈です。
そんな視点を持つ漢方での治療家が増えていくことを願っています。

PS: Zardは好きなんだよね。
  彼女は彼女なりに…一番良い音楽と歌詞を作ってきたに違いありません。
  それでなくては、こんなに心に染み込むはずがないからです。

posted by 杉幹雄 at 04:51 | Comment(0) | 病気

2019年06月03日

今の人の精神状態とは?

imaseishin.jpg

ん〜〜〜今の世の中
物は有り余っている反面、精神は豊かではないのかな?と感じます。

これは漢方医学的に証明できます。

自分が開業したのは8年前に遡ります。
そのころは「柴胡剤」が多かった様な気がします。

今、多いのは「黄連剤」ですよね。
とにかく柴胡剤などは…ほぼ使わない状況です。

これが何を意味するか?ということを考えてみます。

8年程度前までは、気持ち的には安定していて
胃腸が弱い人が多かったので「柴胡剤」の投与をしていました。

ところが…今はほぼ…黄連剤です。
このことが意味することは…今の人は精神的に切れやすい状態になっている。
別の言葉で言うと精神的に追い詰められている時代と言うことになります。

国が規則を作って…
産業医療の中にメンタルヘルスなどを入れても…どうかな?

そのことよりも…別の側面なんだよな。
人間は人間性で生きていくのが本当の姿です。

ところが国を司る方々は、人間性を無視して法律で縛ろうとしています。
「これは違うんじゃないかな?」と感じますよね。

「人間性を身につける教育を最優先に考える時代」に入って行かないと
  何をやっても無理ですよね。

小手先だけの政治。小手先だけの教育。小手先だけの医療。
今は混迷の時代なんでしょうねぇ〜ホント!(^_-)ネッ

人間味のある世の中になって欲しいな、と思います。

posted by 杉幹雄 at 10:26 | Comment(0) | 時代と精神

2019年05月05日

産業医更新研修…終了(^^)v

sangyoui2019b.jpg

どうにか…
3日から始まっていた産業医更新研修も今日(5日)で終わりました。
更新に必要な20単位を取得できました! (^^)// ハクシュ

実際に色々な講義を受けてみると
「面白いなぁ〜!」と実感することも多かったです。

今は時代の流れが速くて…
産業医療に関しても次々に新しい法律が作られて来ており
産業医の役割への考え方も変わってきている様です。。。

最も変わった部分は目に見えない部分を重視するようになってきたこと。
メンタルが中心になって、暴露障害もマスクから手袋へ変わったことかな?

産業医更新研修の多くの時間をメンタルヘルスへの講義に当てています。
3年前から始まったメンタルチェックの意義や方法が具体的になり…
生産性という部分から…職場でもメンタルを重要視する様に指導されます。

一方の職場での暴露障害は…以前は粉塵を中心とする「マスク」の講義でしたが
今は「手袋」の皮膚からの吸収・暴露障害に移っています。w(゚o゚)w オオ-
今までの殆どの手袋は、有害物質への浸透暴露が防げなかった、とのこと。
今後、作られる手袋は有害物質への浸透暴露を防ぐようになって行く様です。

こんな感じから、今の世の中の動向が推測できますよねぇ。
「戦後から立ち上がった日本では…モノは十分に満たされるようになった。 
   一方の精神や目に見えない物は、方向性を失っているのかもね。(^_-)ネッ。」

ちなみに、今回の更新研修を受けたのは…
自分が嘱託医をさせて頂いている会社の最初の産業医だから、かな?
会社に全体的な産業医療のフレームを作ることに時間がかかります。
次に、実際に動かして行くのにも時間がかかりそうだからです。。。

今の会社の状況も良い状態で…経営者の信念が伝わってきます。
ここに「産業医療のフレーム」を違和感なく入れて行くことが必要です。
それには時間が足りないかも? それを考えての産業医更新研修でした。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

上手く行く様に、と願いながら。
「ルパン三世のテーマ」を、ば。(^^)
このルパン三世のオープニング…好きなんだよなぁ!

PS:
現状では新しい会社の委託産業医はお断りしている状態です。
今の会社の産業医と医院運営で精一杯です。申し訳ありません。

posted by 杉幹雄 at 17:43 | Comment(0) | 産業医

2019年05月02日

明日からは産業医更新研修…

sangyoui2019.JPG

巷は…10連休なのでしょうか???

今年は休みが多いので「産業医更新研修」を受けることにしました。
良くして頂いている産業医の会社には迷惑かけれないし、なぁ。

東京では5月の連休に産業医更新研修が医科歯科大で開かれ、
3日間で産業医更新が終えることができます。

産業医取得研修は8月のお盆休みに医科歯科大にて
1週間…7日間で産業医を取ることが出来ます。
他では産業医大で6日間での産業医取得研修があります。

産業医更新研修は20単位:5年ごとの更新
産業医取得研修は50単位が必要です。

産業医研修は各地で開かれていますが…
1日で2〜3単位が良いところですので
診療をしていながら何日も出向く時間が取れません~(T.T)。

この様なことから…
単位を取るときには一気に取ってしますのが楽なんですよね。

今年の産業医更新研修は3日から5日までで翌日が休みで楽。
そんなことから「今年は行って来ようかな?」とか考えていました。

そんな訳で…明日からは医科歯科大に行ってきまぁ〜す。
帰りの御茶ノ水…飲食店がやっていれば良いんだけどなぁ。

元気になる歌を聴きながら…
仕事が出来るって…良いんじゃない〜(^_-)ネッ。

posted by 杉幹雄 at 12:43 | Comment(0) | 産業医