すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年02月11日

人の死とは? 内科医としての視点

death.jpg

人間は生があり、また死がある。

内科医に取っては…人間が生を受ける出産の場面は…
ポリクリ(学生時代の研修)以外では見ないのが実情。

加えて…内科医に取っては、さ。
人の死を「看取ること」が仕事なんですよね。
民間病院にいれば…沢山の人の死を見つめなくてはなりません。

なぜか?といえば…
死亡診断書には死亡病名記入欄がありますが…
内科医の領域では、肺炎やうっ血性心不全、老衰との病名でも記入が出来ます。
他の科の医師には出来ないことが内科医に出来る訳です。。。

そんなことから死を見つめることも多いのが内科医です。
民間病院に行けば…沢山の人の死を見つめなくてはなりませんよねぇ。
大病院では…最後まで看取ってくれるだけの余裕がありません。

そうだなぁ…民間病院にもいたことがある内科医として働いて20年余り、
死亡診断書を書いたのは500人を超えていると思います。。。
今のクリニックで死亡診断書を書いたのは1人だけかな。

そんなことを経験していると…
この世に生まれたことが果たして喜ぶべきものなのか?
亡くなって行く人を診ると…「お疲れ様でした」などと感じます。
加えて「次の新しい人生では…素敵な人生にして欲しいよなぁ」と望みます。
(自分は輪廻転生を確信しています)

実感していない人が多いと思いますが「人間の生と死は紙一重」です。
次の日まで生きているという確証もありません。

だからこそ…さ。
毎日を…懸命に生きることが大切だと思われてなりません。

死の根本原因は色々な臓器のアンバランス性が強くなり…
その機能を果たせなくなる状況に他なりません。

ご自分の死生観を確立することが生きることへの道しるべになります。
それは健康で死生観を持っていない人は…高齢でも精神的に弱い様に思うからです。

人間が生きていくということに対しては…死ということも感じなくては
本来の人間の生き様が出来ない様に思われてなりません。

今の世の中では大家族制が崩れて…核家族制になっています。
ですから、人の死に接したこともなく…死生観に関しては幼稚な人が多いような?

死…ということを考えたくないかも知れませんが…誰にでも訪れる時が死です。
死を意識することは人生を歩む道を決めるのに大切なことに他なりません。

posted by 杉幹雄 at 18:31 | Comment(0) | 死…

2019年02月03日

自然治癒力への視点を変えることが大切かもねぇ。

shizenchiyu.png

ん〜〜〜
「自然治癒力」って…病気を治すことができるもの!
とか感じている人が多いけど。

この「自然治癒力」が病気を起こしているとすれば?
どう思いますか?

基本的に身体のプログラムには死というものはなく
出来るだけ長く生き続けることのみを目標にしていると感じます。

身体を構成する臓器のバランスが悪ければ…
そのバランスを是正するために病気を起こすことも多い様です。

ちなみに今の季節は…
汗をかかなくする冬の身体から、
汗を出そうとする夏の身体への変化の季節です。

このときに…身体が反応せずに汗を出すことが少なかったら?
別の所から、汗をだすのでは?

汗=水 ということは汗の代わりに鼻水でも良いわけです。
花粉症が現代社会で多いのは季節感を嫌っているからです。

人間は自然から生まれたもので…
自然の季節と共に変化をして生きています。

そんな季節について行けない身体を治すために起こす症状と考えれば…
別に病気が怖いこともないと思われてなりません。

自然治癒力のお話でした。

posted by 杉幹雄 at 08:50 | Comment(0) | 病気

2019年01月20日

診療室のドアを開けると…笑顔で手を振る患者さんの姿が!?

patient_laugh.jpg

スタッフが診療室のドアを開けたら…
そこには…笑顔で手を振る患者さんがぁ。。。
(・o・)(・o・)(・o・)

な・ん・で???

スタッフ曰く、「先生の顔だけでも見たい」と言われた、と。
(・_・)......ン?

あ! そう言えば…奥さんにムンテラしたんだっけ、なぁ。
(※ムンテラ:ムンドセラピー 話での治療のこと)

 ーーーーー
「親が私ぐらいの年で亡くなったので
 脳ドックを受けようと思うんです」と。 
  (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

「脳ドックを受けるかどうかは本人の自由なので…
 保険適用は出来ないけど…受けることはできること」を
 最初に伝えた様な感じ。

 最後に自分の意見を話させて頂きました。
 「結論としては無駄ではないか?」と…話しました。

 別に親が亡くなった年齢で子供が亡くなるわけで無いこと。
 ちなみに自分の親は自分が中学生の時の40台で亡くなっています。
 確かに…「自分もそこいらで死ぬかも?」とは思いましたが…
 その年齢を更新しているという事実。。。

 加えて…自分が医師として患者さんを見つめて来た過去の経験。
 「脳ドックをして動脈瘤が見つかり手術をしたために寝た切りになった患者さんのこと」
 その患者さんの主治医になり「脳ドックなんてやらなければ良かったのに!」と思ったこと。

 動脈瘤があっても破裂しないで他の病気で亡くなっていたのかも知れない。
 Yahooの記事にもされていましたが…「脳ドック」って???

 そんなことを話しましたっけ…。

 「スッキリしました」とのことで、その患者さんはお帰りになりました。
 ーーーーー

長年使ってきた身体に全く異常がないということは無い。
精査すれば多少なりとも異常は見つかるはず…。
症状がなければ…一般検診以上のことをしても、なぁ。。。

そんなことをその患者さんが旦那さんに伝えたんだろうね。
そんな旦那さんの笑顔だったんだろうなぁ。。。

うん!(^-^) 良かったんじゃない!


追伸:診察される患者さん方に

こんな感じで診療をしていますので…
診察待ちの時間が長くなったりします。

今の時期、インフルエンザも流行していますので
患者さんの人数も多く待ち時間が長いことを申し訳なく思いますが
どんな患者さんも区別はしていません。

どんな患者さんにも医療的に必要があれば医療的な話をします。
ご理解を頂けたら、と思います。m(__)m

この「ひこうき雲」は自分の医師として仕事をしている心の原点です。
この歌詞にある様な子供を助ける医学が必要と思っています。
やっぱりユーミンが歌う「ひこうき雲」は素敵だと感じます。

ユーミン素敵なんだけど…全部、著作権で削除されてしまいます。
この動画もどこまで…見られるのやら。。。

posted by 杉幹雄 at 20:15 | Comment(0) | 人間…

2019年01月14日

インフルで混雑する休日診療所

sumidakyujitushin3101.png

今日は墨田区の休日診療所の日勤帯の仕事でした。

やはり…なぁ。。。
インフルだらけの状況でした。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

日勤帯は9時から17時までで
夜勤帯は17時から22時まで。

今日の日勤帯は患者さんが途切れることなく
ほぼ全員にインフル検査でした。(´ヘ`;)ハァ

飲まず食わずトイレも行かずの8時間で…
70人弱の患者さんを診たんだろうかぁ???
野戦病院みたいな感じですよね。

ある患者さんに
「どれくらい待ちました?」と聞いたら
4時間とのことでした。

患者さんも大変ですよね。
うん!(^-^)

10人程度の患者さんを残して
夜勤帯の先生にバトンタッチ。。。

今日は祭日だから…
休日診療所か病院の救急外来しか
やっている医療機関がないんだろうねぇ。

混むのも当たり前かな。

今頃は夜勤帯の先生が診療しているんだよね。
診療所の待合室は座る場所もなく…
立って待っている患者さんが多かったから
夜勤帯の仕事が落ち着くのは受付が終わってからだろうなぁ。

まぁ〜何も考える暇なく忙しかったけど
「こんな1日があっても良いのかな!」とか感じますよね。

明日からは自分の医院の仕事です。

インフルエンザかぁ。。。
明日もインフルエンザと感染性腸炎が多いんだろうねぇ。

臨床あっての研究だから…
そんな日を経験するのも悪くないよね。
(^_-)ネッ

posted by 杉幹雄 at 18:10 | Comment(0) | ウイルス

2018年12月19日

病気って何だろう?と思う。。。

disease.jpg


果たして…病気というものの捉え方がどうなっているのか?
患者さん本人と接している医者としても悩むことが多いです。

病気と思われる症状が長いのに関わらず…
一つの処方が効かなかったからと…受診を受けない患者さんも少なくはありません。

さて…漢方薬を扱ってる人間としては…
「なんで…そんなに急いで症状を取らなくてはいけないのか?」
「長年の病気が…直ぐに治るとは思えないよなぁ…」

実は…自分も知りたかったんですよね。
病気って何なんだろう?と、さぁ。

大学医学部では…今の医学を教えてくれました。
でも自分が十二指腸穿孔をした後に効く医療は…ほぼありませんでした。
そんな環境で漢方薬を飲んでみると意外に効くことが多かった。
効かないこともありました、が。

基本、病気=身体がバランスを崩している状況。
それでしかない。

それを部分的に治そうとする現代医学だから、さ。
漢方医学との視点と違うんだろうな、とは思います。
ただし…現代医学を全て否定するつもりもありません。

現代医学と漢方医学のギャップを埋められれば…
日本が医療面において…病気へのアプローチへの視点を
世界を先導することができるのに。。。

今は残念な状況ですが…
2つの医学の融合については道筋を付けて行きたいとは思います。

ps:これが今年最後の記事になるのかな?
  皆さん…このブログを読んで頂きありがとうございました。

  実は今…漢方専門のサイトを立ち上げています。
  患者さんには分からないかも知れません。
  自分には…残したい病気視点があります。
  時間はかかりますが…いつも諦めていません。

  では…なんで進まないといえば…開業医の仕事は雑多です。
  昨日の20時までは診察、23時まではスタッフさんの給与計算。
  
  もし出来ることならば…こんな状況であるものの
  決して諦めてはいない自分の気持ちを皆さんに伝えたいと思います。
      youtubeの動画は自分で作りました(^_^; アハハ…
  神がいるのならば…神に力をお借りしたい、とは思います。

posted by 杉幹雄 at 12:15 | Comment(0) | 病気

2018年12月02日

風邪とは何か? 漢方薬から推測される風邪の姿

風邪
ん〜〜〜
風邪の季節ですねぇ。

ふとブログを見れば…このブログの更新も1ヶ月していませんでした。
ブログの更新を待っている患者さんもいる…とは聞いていますので…。
m(。−_−。)mス・スイマセーン

今回の記事は「風邪とは何か?」について話します。

自分の鍼の師匠が生きていたころに…
「こいつに宿題だそうかなぁ〜風邪が何種類に分けられるか?」

医者として働いていても鍼の師匠から見れば「こいつ…」です(笑)
鍼の師匠は、くせ者だったのかも知れませんが…反面、優しい女性でした。

一方の自分自身としては…
病気が分かるならばプライドもクソもないという思いだったなぁ。

--------

では…天にいる鍼の師匠に自分の答案を出します。
「基本的には風邪は3種類に分けられる」と。

風邪とは…
「身体の表裏バランスが崩れた状態であり、それを是正しようとする身体の変化」
 これが風邪の基本概念に他なりません。

1.葛根湯証
葛根湯

葛根湯が教えてくれたことは…
表裏:皮膚と腸のバランスが崩れれば風邪が起きるということです。

皮膚と腸は身体に取っての完全な表裏です。
皮膚は口や肛門で反転している腸の延長です。
この辺は西洋思考でもトポロジーという数学の分野で説明が可能です。

2.麻黄湯証
麻黄湯

麻黄湯が教えてくれたことは…
表裏:皮膚と気管支のバランスが崩れた状態でも風邪が起きるということです。
この場合には皮膚が表で、気管支が裏になっている風邪の姿です。

「実証の風邪で無汗で関節痛などの症状」などと傷寒論に書かれています。
表の皮膚に対しての…裏が腸に来ないことは体格が立派なことの裏返しです。

3.香蘇散証
香蘇散

香蘇散が教えてくれたことは…
表裏:胸部と腹部のバランスが崩れた状態でも風邪が起きるということです。
この場合には胸部が表で、腹部が裏になっている姿です。

時間が経てば…下腹部の力も落ちてきて「真武湯」の適応になると考えます。

4.まとめ
表裏は状況で変化し、その変化に対応し判断することが欲求されます。
身体は無限大の変化をします。その状況に応じての…この判別が非常に難しいよな。
一方の…自然現象では表裏でも状況によって変化させることが当然の様です。
(´ヘ`;)ハァ(´ヘ`;)ハァ(´ヘ`;)ハァ

--------

鍼の師匠は合格点をくれるかなぁ〜?(笑)

彼女は3つに分ける能力が神的だったからなぁ〜。
2つの分別よりも…3つの分別の方が難しい。
それほど人間の判断力は低いんだよねぇ。。。

PS:
今の自分のネットに関しては…医院のサイトをスマホに対応させることなどを始めています。
他にもいくつかの自分のサイトはあります。こっちの更新したり、あっちの更新したりです。
フライトシュミレータが好きで作ったサイトやYouTubeなどもあるのですが…

今回はフライトシュミレータの自分のサイトにリンクを張りますね。。。
ん〜〜〜ホントは内科医よりは外科医、医師よりはパイロットになりたかったのかな?

今回の自分の人生は…こんな感じです。自分が世の中に必要と思うことは残します。
ちなみに江戸時代の医療であった漢方の古方は理論的にして残したいと思っています。

Flght Simulator 2004 Bigginers
posted by 杉幹雄 at 19:28 | Comment(0) | 漢方

2018年11月11日

加味帰脾湯かぁ…

kamikihitou-nyoshinsan.png

加味帰脾湯と女神散だよね。。。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

加味帰脾湯は柴胡剤で、一方の女神散は黄連剤になります。
これを診断し適切に選ばないと身体の症状は悪化します。

加味帰脾湯の組成:
黄耆・蒼朮・酸棗仁・人参・茯苓・竜眼肉・柴胡各3
当帰・大棗・遠志・牡丹皮・梔子各2;乾生姜1.5;木香・甘草各2

加味帰脾湯の処方は全身に着目していて…
柴胡剤適応の虚している身体ならばとても良い処方です。
これだけ全身に眼を向けている処方ということは…「後世方」だよね。
(古方は身体の部分を考えられている処方が多く、強い漢方薬かな)

また加味逍遥散と比較すれば柴胡と牡丹皮は同じ様に含まれ…
柴胡により肝臓のうっ血を取ると右下腹部のうっ血が強まることを意味しています。
それを防止するために牡丹皮が入っている様です。

と、いうことは…
肝臓と右下腹部の回盲部や右卵巣は、同じエネルギーの状態を取ることが多い。
そんなことも処方を比較すれば推測できます。

また…もっと虚していれば補中益気湯になるのでしょう。

補中益気湯の組成:
人参・白朮各4.0;黄耆・当帰各3.0;
柴胡・陳皮・大棗・乾生姜各2.0;甘草1.5;升麻1.0
この処方には柴胡により肝臓のうっ血を取る以外には熱を取るという部分はありません。
身体を温める治療により…肝臓がうっ血しやすい傾向を示しているだけです。

次は黄連剤の女神散を見てみましょう。
女神散は幅広く使える保険適用が許される処方です。

女神散の組成:
当帰・川芎・桂枝・白朮・黄芩・香附子・梹榔各3
木香・黄連各2;人参・甘草各1.5;大黄1(適量);丁子0.5

そうだな。
5年以上前は柴胡剤が多かった様に思います。
加味帰脾湯などは多量に使いました。一ヶ月数キロという単位です(笑)。
一包が2.5グラムですので…かなり多量になりますよね。

不思議なことに今は黄連剤が多いですよね。
加味帰脾湯と言えば不眠症や精神不安の適応病名がついていますので…
一般薬の安定剤とを併用することも多いのですが。。。

黄連剤が必要とする身体に柴胡剤の加味帰脾湯はダメダメですよね。
これからすれば…柴胡剤と黄連剤の区別すら難しい、と言うことです。

saiko-oren.jpg

自分の診察方法は患者さんの身体の気の停滞部位を探します。
右脇腹の肝臓当たりに気の停滞があれば柴胡剤で…
左脇腹の脾臓当たりに気の停滞があれば黄連剤を選びます。

この左右差を見分けられないことは
漢方を使う者にとってはダメの部類なのでは?とか感じています。

今現在では難しいかも知れませんが…
体表面地場が計測出来る様になると誰でも間違いなく選べるかも?

今の時点で柴胡剤と黄連剤の違いを見分けるには「陰陽」を知ることです。
ただし「陰陽」は魔物です。これには注意です。うん!(^-^)

「陰陽」が分かるようになると、今まで生きてきた自分の考え方が
 根底から木っ端微塵に破壊され…そこからが新たなスタートになるよね。
 これが結構…しんどい精神的な試練かなぁ。

漢方は古い医学ですが…現代医学が持っていない思考をもちます。
多分、近い将来…統一されて来るに違いないと思っています。

influvaccine.jpg

そんなことを考えながらもインフルエンザ予防接種の季節ですよねぇ。
一年間は早いですねぇ〜ホント!

PS:今回は「宇宙戦艦ヤマト」なんだなぁ。
自分の中学生の頃のテレビ番組でしたが…多くの人の心を虜にしました。
今…あらためてHuluで見ると…良いドラマだなって思います。

posted by 杉幹雄 at 19:50 | Comment(0) | 漢方