すぎ内科クリニックの院長のブログです.

2019年10月27日

じんま疹やアトピーから診た身体全体の運動性とは?

atopy.jpg

久しぶりのブログの更新となります。m(__)mスマン!!

今回は患者さんのことを見つめながら「アトピー」を考えます。
アトピーを皮膚科領域のみの病気と診ることは無理があると思います。

それは…アトピーの根源的な原因は…
内臓のうっ血にあり、そのうっ血を逃がすために皮膚に症状を起こしています。

抗アレルギー剤やステロイド軟膏では無理があります。

皮膚は皮膚だけで自立性を持っている臓器ではありません。
身体は全身の安定性を維持しようとします。
これからすれば…皮膚と内臓との関係を考える必要があります。

昨日受診したお子さんの身体は酷いものです。
身体の全面から診ると…季肋部から右と左に色素沈着があります。
背面から診ると…臍部の部分と関連する背部に色素沈着があります。

これは内臓の色々な部分に、うっ血が強いことを意味しています。

皮膚病でも皮膚だけで症状を起こすわけではありません。
内臓との相対的な運動により…その様な症状を示していることになります。

抗アレルギー剤とステロイド軟膏で、病気の噴火口を塞ごうとしても
内臓からのうっ血を発散させる意味において皮膚に症状がでます。

現代医学は部分的には…とても良い医学です。
一方…遺伝子を解明しても、遺伝子から身体を一つの運動体として
成り立つことを実証していませんし…今後も不可能だと思います。

それはマクロの運動とミクロの運動が異なるからです。
遺伝子であるミクロの運動がマクロを全てコントロールできるか?と言えば出来ません。
マクロの運動(臓器のバランス)を維持することからミクロの運動(遺伝子や代謝)も
コントロールすることができます。。。

つまりマクロによりミクロが変化させることも出来ることになります。
具体的には、マクロである臓器のアンバランス性により、
ミクロである遺伝子の変化をさせることが出来ます。

このことから言えば…今の現代医学でも、まだ未熟です。
これから、新しい視点を持った医学が作られていくのでは?と思います。

そんな部分に光を当て、病気の本質を示唆しなくては!と
いつも考えています。。。

病気解明の新しいサイトを作り発信して行く予定です。
考えは出来上がっていますので…後は皆さんに分かる説明をして行きたい!と
思っています。

PS: やっぱりZardの「揺れる想い」だよねぇ。

posted by 杉幹雄 at 05:27 | Comment(0) | アトピー

2019年09月29日

Plymouth(プリマス)と現代医学の視点

bostonnorth.jpg

ヨーロッパの白人がアメリカに最初に到達した場所が
ボストン中央部から少し南の「プリマス(Plymouth)」という土地です。
実は…アメリカにいた時にボストンにも長くいました。

meifurawa.jpg

上の写真のメイフラワー号と言う船に乗って…
プリマスから南に延びる岬のケープコードにたどり着きます。
その後に湾内の「プリマス」に入植することになります。

purimasuuchi.jpg

「この家は300百年の歴史があります!」とか?
日本人からすると「えぇ???」てな感じです。
日本には1000年前以上の建物が沢山残っています。

だから…アメリカは新しい国ですよね。

このプリマスから西部へと領地を拡大したのが今のアメリカです。
インディアンが住んでいた土地を奪って行くのが西部劇です。

基本的には…アメリカの人の愛想はとても良いですが
その人を信じるかどうか?は、その次に置いています。
日本人からすると、クエスチョンの部分も多いかな?…そん風に感じました。

西洋文明は力で勝ったものが勝ちです。
その考えは医学にも置かれていて、病気に力ずくで対応していきます。

その医療の殆どが対症療法になっていることを考えると…
基本、病気の本質理解よりも勝てることを基盤としている医学の様ですよね。

この様な考え方から出来ている医学が現代医学です。

力だけで押し切れれば良いかも知れませんが…
この考えを基盤とする医療の限界が見えていますよねぇ。。。

einsteindiseaase.jpg

アインシュタイン曰く…
「I comfirm that God does not play dice(神はサイコロを振らない)」
病気に必然性があれば…現代医学の凋落は見えています。

現代医学も良い部分は沢山あるんですけどねぇ。。。

PS:今日はホイットニー・ヒューストンにしました。
  武道館でホイットニー・ヒューストンコンサートでの彼女の声を聞いたときには感動でした。

  マイケル・ジャクソンが好きな医師ということで来院された患者さんは
  少し落ち着いてきました。良かったな、と思います。

posted by 杉幹雄 at 16:58 | Comment(0) | 医学

2019年09月22日

願いは叶う!…NewYork

sekaibouekibiru.jpg

何度も行きたい!と願った場所…それはニューヨークでした。
「どうしても行きたかった場所」でした。

もう30年以上も前の話になってしまいました。
いま行きたいと思う外国はありません、が。(^_^; アハハ…

あの頃は何度も「ニューヨークに行きたい!」と願いました。
「願っている」と叶えてくれるんですよね。不思議ですよねぇ。

ある切っ掛けが出来て2ヶ月程度、アメリカに行く機会を得ました。
最初にニューヨークに着いた時、JFK(ジョンエフケネディ空港)から見たニューヨークには…
貿易センタービルが聳え立っていました。。。

「あぁ〜あのビルにキングコングが登ったんだなぁ〜」
 とか思ったような。うん(^_^)

何故、ニューヨークに行きたかったか?と言えば…
ブロードウェイに一度でも良いから行ってみたかった…。

ミュージカルが好きでブロードウェイで見てみたかったから。
それは…自分も同じ様なことをした経験があったからです…(^_^; アハハ…
客席は満員…でも、動き始めれば、そんなことは全て忘れていました(^_-)ネッ。
拍手と歓声…「終わったんだな!」って。うん(^_^)

でも、本当のミュージカルって…どんなものなんだろう?
「見てみたい!」と思っていました。

そして…ブロードウェイでのキャッツやコーラスラインを観て
キャッツの役者さん達のダンスの上手さと声量の強さに驚きながら…
ただ、感動して声も出ないまま震えていたような感じだった様な。。。

だから、今でもライブも音楽もミュージカルも好きです。
今も本当の舞台を見たいんですけど…少しの間は仕事で行かれませんが
一段落ついたら、またライブでも見てみたい!とか思っていますよね。

医療との関係?
不思議なことは「心からの願いは叶うこと」です。
それは医学でも変わらないと思ったりします。。。

身体と精神は表裏一体だから、(^_-)ネッ

posted by 杉幹雄 at 01:07 | Comment(0) | 時代と精神

2019年09月15日

初診の理由が「マイケル・ジャクソン」かぁ〜

maikel1909.jpg

確かに…マイケル・ジャクソンは、ある意味「天才」なんだけど。
そのマイケル・ジャクソンの魅力に取り憑かれ、東京公演にも行きましたが。
丁度、大学生の頃かな。マドンナが後楽園球場で、マイケルは東京ドームかな。

彼のダンスは…極限まで全身の神経を集中しています。
彼のダンスって、回りにいるダンサーより上手じゃない?
これって、マイケルがダンスをするときに意識する極限の集中力にあると思います。

ここまで精神を集中する人なので…
麻酔薬を使わないと寝られなかったのかな?

ただ、さぁ〜。
「マイケル・ジャクソンが好きな人に悪い人はいない!」とかの理由でも
患者さんって診療に来るんですね。(゚o゚)/(゚o゚)/(゚o゚)/

「そんなこともありなのかな?」と思ったりしています。

ただ…その患者さんの悩みは深かった。
忘れる時間が過ぎるのを待つことと共に漢方薬を使って治療を始めました。

マイケル・ジャクソンにも色々な葛藤や悩みがあったのかも知れません。
ただ、エンターテイナーとしてはKINGだよね。マドンナの歌も載せておきます。

PS:ん〜〜〜ミーハーなのかな? 音楽は基本的に好きです。
  でも、さ。人間って色々な顔が合った方が良いと思うんだよね。



posted by 杉幹雄 at 07:22 | Comment(0) | 人間…

2019年08月28日

漢方の誤薬投与について…

kanpo190826.jpg

何故に…漢方薬の誤薬投与が多いのか?ということを
実際に臨床をしていて、ため息の連続です。

ーーー

ある患者さんのケース
近医で処方されていた漢方薬が合わない、と来院される患者さんも多くなってきました。

処方内容は、六君子湯と補中益気湯でした。

診察をしてみると胃腸虚弱もなく柴胡剤の適応でもない状態です。
これでは六君子湯でも補中益気湯でも…毒薬になります。

その医院のホームページを見ると漢方外来のことが書かれています。
ホントなのかな?

ーーー

多分、六君子湯と補中益気湯が対応する身体が分かっていないんでしょうね。
残念ですが…柴胡剤の補中益気湯の適応でもなく、六君子湯の胃腸虚弱の状態でもありません。
と、すれば、六君子湯と補中益気湯は漢方で言われる所の「誤治」になり毒薬です。

この漢方治療での把握の状態で漢方処方をすることに関しては…
まず漢方の古典とされている「傷寒論」の意味合いへの理解が必要なのですが。。。
傷寒論自体が分かっていないんでしょうねぇ。漢方薬を使うのならば勉強しなくてはなぁ!

自分が診察をすると胃弱に胃熱があり…
柴胡剤である補中益気湯の適応はありません。
加えて六君子湯では胃腸を温める一方で熱を取る力がないため、
この六君子湯だけ使えば胃熱が強くなります。

すなわち…漢方治療的には漢方薬を扱っている医師がしてはいけない大きな誤治です。
こんな現状に憂いているのが今の診療をしていて感じる現実です。

ん〜〜〜
確かに、柴胡剤と黄連剤の適応の区別は一般の感覚では難しいのかも知れません。
一方の自分の診察では柴胡剤と黄連剤の違いを判別することは身体に触らなくても分かります。
右に熱が強ければ柴胡剤であり、左に熱が強ければ黄連剤なのですから難しいことはありません。

漢方医学がどの様なものであるのかが分からないのならば…
全国的にも同じなのでしょうから…それなりの情報発信をする必要があるのかも知れません。
自分が、その様なことへの存在理由になるのかも知れませんよね。

他院に受診している9割方の患者さんの漢方処方を見ると…ため息の連続です。
自分が傷寒論を手にしたのは18才の時でした。概略が理解出来たのは30才以降です。
簡便なことは…時間に耐える力がありません。
一方では年月をかけて努力したことは…時間に耐える力があります。

余りにも簡便さを求める医療関係者を見ると…
ため息の連続です。ホント、ため息しかありません。(´ヘ`;)ハァ

PS:未来を見ているのは音楽を聞くと分かります。
  この様に人を大切にする心が新しい医学を作る原動力になると考えています。

posted by 杉幹雄 at 04:38 | Comment(0) | 講演用意

2019年08月25日

短期的な視点と長期的な視点

shiten.jpg

視点について…を考えたいと思います。
上の画像は視点により、物の見方が異なることを表しています。

医療的には…現代医学と漢方医学の視点は全く異なっています。
この視点の違いを統一することにより新しい医学ができると考えます。

一方の日常生活です。
確かに「損」はしたくありませんが…
損をしたくないために得もしない感覚が今の人の感覚なのでは?と思います。

学生の頃に、
人生を色々と経験している人に言われて頭に残っていることがあります。

ーーー

洗面器にある水を思い出してご覧、と。
自分の方に水を引き寄せれば、水は両脇から自分の手元から離れ元の部分に流れていくだろ?
ただ、逆に反対側に水を出していけば、水は手元に戻ってくるじゃない?
これが人生の哲学なんだよ!って言われたことを思い出します。

ーーー

今の大多数の人は損をしないように自分の方にいつも水が貯まってくる行動をしています。
結果として、それが外に流れてしまい、ストレスを感じています。
人に与えることは…自分が損をすることではありません。それが戻ってきます。
その上に…その人との信頼が生まれます。
これがどれだけ大きいことなのか?分からない人が多すぎます。

人に与えれば、戻ってくるという姿が今の世の中でも当然にありますが時間がかかります…
そのような真実よりも、直ぐに戻ってくる利益だけを追っています。
それを自分の方向にだけの利益では大きな利益は得られない…それって、どうなんでしょうね?

利益は他人からもたらせれます。
その利益を自分の方に向けているだけでは大きな利益や信頼を失うばかりです。
その中で嘆いているのが今の人の姿なのでは?と思います。

医学でも同じ様なことが起きています。
身体は必要に応じて病気を起こします。
その病気の利益も考えもせずに敵視することと同じです。

利益を欲求することにより大きな利益を逃している人の姿。
本当に利益が欲しいのならば…与えることから始める方が早いと思います。
ある人は裏切るかも知れませんが、気持ちが通じれば、より多くの利益を返してくれます。

目先の利益だけ考えずに、この様なことを真実に起きていると考えることが大切です。
本来は、この様なことは学校の道徳の時間に教えることなのですが…
親に当たる年代の方でも…この様な真実を分からない人が多く、子供にも教えられない状況。
このため、損であるのにも関わらず、今の利益だけを追おうとしていているのが現代です。

このような現実を感じる力を持って頂きたいと思いますよね。

PS:人を思いやる心があって…大きな利益生むんだろうね。
今回は高校生の時に好きな音楽だったCarole kingの歌をと同じ様に思います。

posted by 杉幹雄 at 08:49 | Comment(0) | 人間

2019年08月21日

何故に太陽病に「麦門冬湯」なのかぃ?

bakumonndou.jpg

咳が強いと「麦門冬湯」を病名投与をしているケースがやたら多い。
この麦門冬湯の薬理機序を把握することが先決なのでは?と思いますよね。

「気道感染症による咳嗽」とのことですが…果たして???
麦門冬湯を処方され逆に咳嗽が酷くなり当院に来院する患者さんも多いのが事実。

麦門冬湯の処方構成は以下の通りになります。
麦門冬10.0;半夏・粳米各5.0;大棗3.0;人参・甘草各2.0

この処方を構成を見ると麦門冬湯の効能が見えてきます。
麦門冬(水):胸を潤す薬草で、実際に麦門冬だけ飲めば痰が多くなることが分かると思います。
半夏(気):半夏は胃の気剤として使われます。咳はお腹と胸の気の流れが途絶することにより起きるからです。
硬米(血):硬米は玄米です。如何に体力が落ちているかが分かると思います。
大棗(気):大棗は腸の気剤です。その気剤に人参が入っていることは腸が冷えていることを物語ります。
人参(血):腸で血を作ろうとするのが人参の役割で腸を温める作用があります。
甘草(太極):上記の薬草をまとめようとする力があります。

この様なことから「麦門冬湯」の姿が見えると思います。
麦門冬湯の適応は太陰病に入ると考えるのが妥当です。
少陰病は表虚であり、太陰病は裏虚になります。ちなみに厥陰病は表裏共に虚です。

一般の言葉で話すと…麦門冬湯はお腹が冷えて腹力がない状態になっている筈です。
胸郭に囲まれた肺は、お腹の力が衰えてベッタンコになろうとも健常時の大きさを維持します。

胸腹バランスを考えてみれば、お腹が冷えて胸が熱い状態ですので…
当然に胸の熱をお腹に合わせようとして痰が多くなり、胸を冷やそうとします。
この場合に使う処方が「麦門冬湯」です。

ところが…咳が強いだけで「麦門冬湯」という処方が多いのが現状の様です。
この麦門冬湯を少陽病や太陽病に使ったら、病状は悪化します。

なんで…この様な大切なことが分からないのか?
それは薬草の性格と、その薬草の性格から見える処方の性格を知らないからに他なりません。
漢方薬を使うのならば漢方処方の特性をしっかり理解して使うべきです。
それが出来ないのならば…一般薬を使うべきです。。。

この様に今の漢方治療は危機的な状態です。
これより先、自分なりに理論的に傷寒論を解説していこうと思います。
今はクリニックのホームページをモバイルサイトでも見られるサイトに変更中です。

ss001---DeskTop.jpg

それが終わったら、研究サイトを立ち上げ西洋的な理論物理や理論数学を駆使して
漢方だけでなく…病気の本当の姿をお見せしたいと考えています。

PS:マイケルはKiNGだよなぁ。凄いと思うな。

posted by 杉幹雄 at 23:04 | Comment(0) | 講演用意